あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』100億円へ視界良好!降谷零が新次元のヒットへ導く


(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

>>>『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』画像を全て見る(12点)


毎年、4月中旬となると映画ファンにお馴染みのシリーズが劇場公開されます。

それが“劇場版名探偵コナン”シリーズ。

しかし、新型コロナウィルスの感染拡大の影響は“劇場版のコナン”にも大きく影を落とし、2020年は公開延期、2021年は公開こそあったものの公開2週間後に緊急事態宣言が発令され首都圏の映画館の営業が休止されるということに…。

そして2022年の4月15日、3年ぶりのフルスペックの“劇場版のコナン”が映画館に、映画ファンのもとに、名探偵コナンファンのもとに、そして安室透ファン(=安室の女)のもとに帰ってきました。

>>>【関連記事】『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』を“4DX”で観てほしい「3つ」の理由!

>>>【関連記事】『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』最高に痺れるポイントを語りたい!

>>>【関連記事】映画『名探偵コナン』全作品一覧&魅力解説!

フルスペックの“劇場名探偵コナン”復活への道


(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

“劇場版名探偵コナン”はすっかり東宝のドル箱シリーズとなりましたが、そこにはいくつかの大きな転換点がありました。

1997年の『時計じかけの摩天楼』でスタートした“劇場版コナン”は、春映画の定番タイトルとなり、興行収入11億円から始まって、平均20~30億円台を確実に稼ぎだすように。

この流れが大きく変わった最初の一歩が2016年の20作目『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』

『純黒の悪夢』で興行収入が前作比で20億円以上ジャンプアップして、50億円台を突破。最終興行収入63.3億円を稼ぎ出しました。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の日本の興行収入が61.3億円だったので、この数字がどれだけの大きさか伝わるかと思います。


(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

そして、さらに“劇場版”のコナンを1つ上の次元のヒットに導いたのが2018年の22作目の劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』

本作は、興行収入は91.8億円を記録しました。もはや、ピクサー映画やのスタジオジブリ作品級のヒットと言え、その年を代表する数字と言えます。

興行収入が前作比で1.5倍ということはない話ではないのですが、60億円台の映画を90億円台に引き上げるというのは、かなりレアなパターンかと思います。

シリーズ系作品は回を重ねるごとに数字は右肩下がりになりやすい中で、シリーズ20作目でジャンプアップして、さらに22作目で大きな数字を叩き出すことは日本映画史を遡ってもないのではないでしょうか?


(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

しかも、その後の23作目『紺青の拳』93.7億円を記録、あとはもう100億円の大台を超えるだけという状態にまでになりました。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ >  新型コロナによる雌伏の2年間

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録