あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「金田一少年の事件簿」第6話レビュー:ツッコミどころ満載だけど見惚れてしまう、道枝金田一の逃走劇


>>>「金田一少年の事件簿」の画像を全て見る

1995年の初放送以来、幅広い世代の支持を得続けている謎解きミステリードラマの金字塔「金田一少年の事件簿」。週刊少年マガジン(講談社)で連載された原作は、世界(12か国)累計で1億を超える発行部数を誇るメガヒット作。2022年に30周年を迎えた。

新シリーズは、選りすぐりのエピソードを現代の視点で再構築。主役は道枝駿佑(なにわ男子)。堂本剛(1995年/1996年)、松本潤(2001年)、亀梨和也(2005年)、山田涼介(2013年/2014年)と繋がれてきたバトンを受け取り5代目金田一一(はじめ)を襲名する。

本記事では、第6話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「金田一少年の事件簿」をHuluで無料視聴する

【関連記事】「大豆田とわ子と三人の元夫」全10話の「名言&愛おしトピック」総ざらい

【関連記事】「真夜中にハロー!」第1話:モーニング娘。「みかん」のパフォーマンスに泣けてしまう理由

【関連記事】“明日カノ”主演・吉川愛インタビュー

「金田一少年の事件簿」第6話レビュー

有名ノンフィクション作家の橘(勝矢)のパーティーに、謎解き要因として呼ばれた一(以下はじめ・道枝駿佑)。橘の新作原稿をめぐる暗号ゲームのため、参加者の一人・いつき(渡辺大)に協力したい剣持警部(沢村一樹)が呼んだのだ。佐木(岩﨑大昇)も一緒だ。

暗号は解けたと言って食事を楽しむはじめだが、とあるハプニングが起こる。橘が自分の好みで呼んだアイドル・桂木(ゆきぽよ)が言い寄られているところに割って入り(というより巻き込まれ)、はずみで橘とはじめがプールに落ちてしまったのだ。激高した橘は、いつきとはもう仕事をしないと言い、はじめは剣持に謝りに行くよう言われてしぶしぶ部屋を出る。自分で連れてきておいて、実際悪いわけじゃない高校生のはじめを一人で行かせる剣持警部もちょっとどうかと思う。

だが、なかなか帰ってこないはじめを心配していつきたちが橘の部屋に行くと、橘は頭から血を流して倒れており、血の付いたトロフィーをはじめが握っていた……。でもはじめは目が覚めたところのように見えたのだが……。剣持が自分が警察であることを明かし通報は免れた……と思ったが、はじめの証言と他の人の証言が食い違い、はじめがつけた以外の足跡も消されていた。フリー編集者の野中(宮澤エマ)が通報してしまい、はじめの逃走劇が始まった。

やっていないのだから、逃げずに事情を説明したほうが疑われずに済んだのでは……? と思ってしまう。はじめは自分の手で謎を解き、真犯人を見つけ出して自分の疑いを晴らしたいのだとは思うが、行動がいちいち裏目に出るので見ていられない。

暗号を解くと「大村(山西惇)に聞け」となることから大村に、大村が橘に「時任(今井隆文)に聞け」と言われたということから大村には電話、時任には会いに行ったはじめだが、電話中に大村はゴルフクラブで殴られ、時任は工事現場の上からパイプを落とされ下敷きになって死んでしまった。

大村と電話中に異変があったことからオフィスに行ったはじめは時任の名刺を探すために指紋を残し、工事現場から立ち去る様子が監視カメラに映っていたため連続殺人犯にされてしまう。素手でベタベタその辺を触るのはやめろ……! 手袋するとか拭き取るとかできないんか……。はじめにすべてをなすりつけて卑劣な犯行を続ける犯人にも腹が立つが、あまりに軽率な行動を繰り返すはじめにもツッコみたい気持ちでいっぱいだ。

もどかしい一方で、はじめの逃げ足の速さと身のこなしのあざやかさに感心してしまう場面も多かった。隠れたりジャンプしたり走ったり、シュッとした道枝駿佑が追っ手を撒く動作がどれも美しかった。

途中剣持に頼まれてはじめをかくまい、食事を出してくれたいつきと都築(戸塚祥太 A.B.C-Z)の表情は優しく、緊迫した中で数少ないあたたかいシーンだった。筆者はどうかこの2人のどちらかが真犯人ということがありませんようにと祈った。このドラマの戸塚くん、ゆるいウェーブのかかったロン毛に眼鏡というビジュアルとおだやかな物腰がとてもいい。

時任の「桂木に聞け」という言葉を思い出し、寝ている2人にそっとお礼を言い彼女のイベントが行われるショッピングモールに向かうはじめ。この期に及んで単独行動するんかーい。桂木に「野中に聞け」と言われたということを聞いたものの、桂木が叫んだことで逃げたはじめ。警察がはじめを追っている間に、桂木は刺し殺されてしまった。こんなにいっぱい警察がいるのにそんなことあるのかよ……一人くらい彼女のところに待機しろよ……。

しかし、橘の原稿を欲しがっている関係者たちだけならまだわかるが、無関係なアイドルである桂木まで殺されたとなると、犯人の動機が何なのか気になってしまう。こんなに何人もを殺した理由は何なのだろうか。

トラックに乗り込んで逃げたはじめは、検問を何とかごまかすが、音楽にノリノリな運転手は警官を乗せたまま発車。気づいたはじめは何とか助けようと手を貸すが、勢いよく角を曲がった際に警官は転落、つかまっていたはじめの手元には彼の拳銃が……。それを手に持ち、カバンに入れてしまったはじめ。

さわるな! そして持っていくな……! そんなことをしたら、事件に関して無実でも何らかの罪に問われてしまいそうだ。

フラフラになって倒れたはじめの背後に立った人物は……!?

はじめをかくまった2人をシロだと仮定すると、犯人は野中……? むしろそうであってほしい……と思ったが、次回予告を見る限りだと彼女も殺された……? ということは、やはりかくまってくれた2人のどちらかが犯人なのだろうか。信じたくないが、次回が気になる……! はじめが銃を撃ってしまうような場面もあった。どうなる、はじめ……!


(文:ぐみ)

「金田一少年の事件簿」をHuluで無料視聴する

【関連記事】「大豆田とわ子と三人の元夫」全10話の「名言&愛おしトピック」総ざらい

【関連記事】「真夜中にハロー!」第1話:モーニング娘。「みかん」のパフォーマンスに泣けてしまう理由
【関連記事】“明日カノ”主演・吉川愛インタビュー

NEXT|次ページ > 「金田一少年の事件簿」第6話ストーリー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録