国内ドラマ

REGULAR

2022年09月05日

「ちむどんどん」第106回:暢子の暴言、ベタな悪者登場で朝からとほほな気持ちになる

「ちむどんどん」第106回:暢子の暴言、ベタな悪者登場で朝からとほほな気持ちになる


▶︎「ちむどんどん」の画像を全て見る

2022年4月11日より放映スタートしたNHK朝ドラ「ちむどんどん」。

沖縄の本土復帰50年に合わせて放映される本作は、復帰前の沖縄を舞台に、沖縄料理に夢をかける主人公と支え合う兄妹たちの絆を描くストーリー。「やんばる地域」で生まれ育ち、ふるさとの「食」に自分らしい生き方を見出していくヒロイン・比嘉暢子を黒島結菜が演じる。

本記事では、その第106回をライター・木俣冬が紐解いていく。

「ちむどんどん」をU-NEXTで視聴する


「ちむどんどん」第106回レビュー

第22週「豚とニガナは海を超えて」(演出:木村隆文、内田貴史)はいや〜な感じではじまりました。

ちむどんどんの経営が思わしくなく、暢子(黒島結菜)の食欲も落ちてお腹の子のことも心配。

どうしてお客さんが入らないのか悩む一同。そりゃあ、開店2ヶ月経っているのに、店の前でチラシ配ってるだけではだめでしょう。駅前で配りなさいよと素人の筆者でも思います。もちろん撮影の都合なのはわかりますが。

とくに何も工夫しているように見えないにもかかわらず、ただただ落ち込んだ末、

智「矢作さんにも問題あるんじゃないですか」

暢子「うちは矢作さんとは違います」

などと協力的でない矢作(井之脇海)に当たるなんて、ひどすぎる。

「オーナーは料理もしないのに偉そうです」と言い放った若き日の暢子、健在でしたが、あとから反省して謝ります。矢作は謝ることができることを「たいしたもんだ」と褒めます。自分の店がだめになったとき、他人に当たり散らしたという矢作も変わりつつあるようです。

暢子も矢作もすこしずつ成長しているのを見せたいのでしょうけれど、「うちは矢作さんとは違います」はなあ……。あとから反省して謝ってもこんなこと口にしてしまう人、いやだなあ。
智(前田公輝)もなぜ矢作を敵対視するのか。

家族や仲間が大事なのはいいのですが、暢子たちは身内とそれ以外の差があからさまに違うんですよね。そうしないと生きていけない事情があるのもわかるのですが……。

ここで気になるのは、矢作はすでに身内のようなものになっているはずで、本来の暢子や智のような感覚の持ち主ならここで矢作に意地悪を言わないと思うんですよ。沖縄では一度会ったら誰でも身内のようなものみたいなこともドラマのなかで言ってましたよね。なのに、何かあったときは、まっさきに他人に冷たいなんて最もいやな感じですよ。

矢作が暢子をねぎらい、暢子が平謝りしたあと、なんの余韻もなくものすごい勢いで豚のアップに切り替わって、暢子が謝る場面がちっともいい場面じゃないと感じさせました。

豚は悪くないですけどね。そして、猪野養豚所では、豚の営業がうまくいきかかりますが、例の涌井(田邊和也)が現れて……。

絵に書いたようないやな展開です。緩急をつけたいのはわかるのですが、こんなベタベタな……。涌井がゆっくりたっぷり語ってる間に、ちょっと向こうで……と追い出せばいいのにとイライラしてしまうんですよね。そうしたら逆上して余計にひどいことになるのかもしれないけれど、まだそのほうが感情と状況がついていく。涌井が語っているのをぼんやり見ている時間がもどかしい。


二ツ橋(高嶋政伸 たかははしごだか)が、店を潰した先輩として助言したところは、高嶋さんの演技力で伝わるものがありました。

矢作や二ツ橋、失敗した人たちが暢子を応援してくれています。だから暢子は彼らの分まで輝かないといけないのです。それには決して得意にならず、謙虚で、純粋で、哀しみを背負って懸命に明るく強くなくてはならない。みんなの願いを抱えて高く飛ばないといけない。理想のヒロインってとても大変なんです。

「あさイチ」は朝ドラ受けしない代わりにカナダの事件をニュース速報で流したのではないかと勘ぐってしまいました。大事件ではありますが、番組の頭に速報で流す必要のあるニュースとは思えなかったので……。

筆者は以前著書「みんなの朝ドラ」で一時期、朝ドラが低迷した頃は、民放のドラマが面白かったので
朝ドラは退屈だったと書きました。とんでも展開の昼ドラがおもしろかったとも書きました。でもそれは
20年くらい前の話ですからねえ。時代はアップデートされているんですよね。というわけで、新しい朝ドラに関する本「ネットと朝ドラ」(9月12日発売)を書きました。この5年間の朝ドラを総ざらいしております。よろしければどうぞ。


(文:木俣冬)

「ちむどんどん」をU-NEXTで視聴する



無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

(C)NHK

RANKING

SPONSORD

PICK UP!