「胸出せばいいでしょ」って女優、全部潰すつもりか?2017年1番の大女優の濡れ場

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

■映画の濡れ場大好き芸人の濡れ話

おそらく今年最後になるであろうこのコラム。来年もどうぞよろしくお願いします。

これが理想的な濡れ場なんではないだろうか?

追い求めていた濡れ場。

濡れ場界から今季のオスカー像を与えるとしたら、この作品の、この女優しかいない。

「彼女がその名を知らない鳥たち」

沼田まほかるの人気ミステリー小説を蒼井優、阿部サダヲ主演、「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督で映画化。

ストーリー

彼女がその名を知らない鳥たち サブ3

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子(とわこ)は、8年前に別れた黒崎のことを忘れられずにいた。

陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。

ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。

「十和子が幸せならそれでいい」と、日に何度も十和子に電話をかけ、さらには彼女を尾行するなど、異様なまでの執着を見せる陣治。

黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまでおよぶのではとないかと戦慄する。

プライベートが見えないTHE女優の砦の一角といってもいい。蒼井優の濡れ場。

やはり濡れ場で大事なのは、「エロさ」「時間と数」「女優のステップアップ」。

この3つを再三言ってますが、今回はっきり言って完璧です。パーフェクト。

蒼井優さんすんごい。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com