「胸出せばいいでしょ」って女優、全部潰すつもりか?2017年1番の大女優の濡れ場

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

■映画の濡れ場大好き芸人の濡れ話

おそらく今年最後になるであろうこのコラム。来年もどうぞよろしくお願いします。

これが理想的な濡れ場なんではないだろうか?

追い求めていた濡れ場。

濡れ場界から今季のオスカー像を与えるとしたら、この作品の、この女優しかいない。

「彼女がその名を知らない鳥たち」

沼田まほかるの人気ミステリー小説を蒼井優、阿部サダヲ主演、「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督で映画化。

ストーリー

彼女がその名を知らない鳥たち サブ3

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子(とわこ)は、8年前に別れた黒崎のことを忘れられずにいた。

陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。

ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。

「十和子が幸せならそれでいい」と、日に何度も十和子に電話をかけ、さらには彼女を尾行するなど、異様なまでの執着を見せる陣治。

黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまでおよぶのではとないかと戦慄する。

プライベートが見えないTHE女優の砦の一角といってもいい。蒼井優の濡れ場。

やはり濡れ場で大事なのは、「エロさ」「時間と数」「女優のステップアップ」。

この3つを再三言ってますが、今回はっきり言って完璧です。パーフェクト。

蒼井優さんすんごい。

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

実力派として名高い女優蒼井優。

その蒼井優がどうしようもなくだらしない、クレーマーのメンヘラ女役。大阪弁を巧みに操り、危険信号を放ちまくってる女をこれでもかと演じる。

どこかクリエイターチックで、濡れ場と結びつきにくい女優だなと思っていたのですが、ところがどっこい。

この映画で何度も何人とも結構長い時間の濡れ場を演じる。

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

それがすごいのだ。

ある時は10代の女の子のようなセックス。ある時は40代のおばさんのようなセックス。

その相手によって態度も感じ方も違う。

その濡れ場の多彩さが本当にすごい。濡れ場をエロいものというより、臨場感リアリティーで観せてくれる。

「監督のグッジョブ」

もちろん映画の内容としてかなり面白いんですが、散々ほかの人が言ってるので、ここでは割愛します。

僕が言いたいのは「監督グッジョブ!」。これのみ。

どういう事かと言いますと、

「トップレスが出ない」

これなんです。

いや乳首見たいやろ?

皆様そう思ってるんじゃないですか?

この映画は濡れ場はふんだんにある。色とりどりの濡れ場。

しかしいちばん重要な「トップレス」。これが出ない。

ここに僕は、最大の賛辞を送りたいんです。

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

僕は蒼井優さんの…こんなこと言ってしまって申し訳ないんですが、そこまで大きくない胸、そして蒼井優さんの女優としての女優の中でのイメージ。さらには年齢などなど総合的に見て、「そこまでトップレスを見たいというものではない」という事。

これは語弊がある言い方ですが、出されたらなんか冷める。逆に。それが女優・蒼井優。

松坂桃李さんとの絡みで、本当際どいシーンあるんです。もうほとんどマジックの域。カメラワーク天才かよ、って動きです。

トップレスを見せずにあれだけの時間、あれだけエロい絡みをしておいて、全く飽きさせない。

それがいかにすごい事か。超越した演技力のなせる技なんです。

はっきり言って、この濡れ場ができるならもうなんでもありです。

スーパー女優です。

「胸出せばいいでしょ」って思ってる、ほかの女優、全部潰すつもりなのか?

そう思わせる気迫の濡れ場。

映画のキャラクターには誰1人として全く共感しないクズばっかりなのに、濡れ場を軸に全く予期しないストーリーに驚きのラスト。

思わず泣いてしまいました。

彼女がその名を知らない鳥たち メイン

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

蒼井優さん、阿部サダヲさん、本当にすごい方々です。

2017年、濡れ場アカデミー賞受賞もんです。

皆様是非。

(文:南川聡史)

このライターの記事をもっと読む

関連記事

これ入ってんの?どうなの?濡れ場の濃さ、断トツNO.1『私の奴隷になりなさい』
『彼女がその名を知らない鳥たち』松坂桃李の愛撫は最高、それ以外は最低最悪(※褒め言葉)の傑作を見逃すな!
ピークが連チャンしてる女優・安達祐実の綺麗すぎる濡れ場『花宵道中』
『犯る男』は、ピンク映画という枠を超えた作品
『あゝ、荒野』 菅田将暉の濡れ場に興奮し、魂を削り取るような拳闘に圧倒されろ!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com