『永遠の門 ゴッホの見た未来』ショート予告映像が解禁

【ショート予告映像解禁】
『永遠の門 ゴッホの見た未来』
2019年11月8日(金)全国公開

『潜水服は蝶の夢を見る』(07)のジュリアン・シュナーベル監督最新作『永遠の門 ゴッホの見た未来』(原題:At Eternity’s Gate)が11月8日(金)より全国公開される。そのショート予告映像が解禁された。

シュナーベル監督に「この役は、彼しか考えられなかった」と言わしめた主人公フィンセント・ファン・ゴッホを演じたウィレム・デフォーは、本作で第75回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞に輝き、さらにアカデミー賞主演男優賞に初ノミネートを果たして大変な注目を集めた。

本作が描くゴッホは、精神に病を抱え、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きる。そんな彼が唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャンとの出会いと、共同生活の破綻。そして、いまだ多くの謎が残る死――。

生きているうちに誰にも理解されなくとも、自分が見た<世界の美しさ>を信じ、 筆を握り続けたゴッホ。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを、『潜水服は蝶の夢を見る』で話題を呼んだ鬼才監督ジュリアン・シュナーベルが渾身の力で描いた圧倒的映像美で贈る、珠玉の感動作となっている。

この度解禁となったショート予告は、ゴッホの「僕には見える。他の人には見えない世界が。」という言葉から始まり、冒頭より“ゴッホが見た”世界の美しさを捉えて、観る者を一瞬にして惹きつける。そして、大自然に身を置き、木々を描く姿、日本でも有名な「医師ガシェの肖像」を描く姿からは「生まれながらの画家」ゴッホを主演のウィレム・デフォーが実際に筆を入れながら熱演している様子がうかがえる。また、ゴーギャンを演じたオスカー・アイザックや牧師を演じたマッツ・ミケルセンなど豪華キャストも映像に彩りを加えている。生きている間に理解されず苦悩しながらも、130年後の今を生きる私たちに感動を与えてくれる「この世界に生きた証」を遺したゴッホ。彼の「美しい世界を永遠に残したい」という信念を強く感じることのできる映像となっています。

ゴッホを熱演したウィレム・デフォーは、アカデミー賞、ヴェネチア国際映画祭以外にも、サテライト賞最優秀主演男優賞(ドラマ部門)に輝き、第76回ゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)、放送批評家協会賞主演男優賞、フロリダ映画批評家協会賞主演男優賞ほか数々の賞にノミネートされるなど、世界で高い評価を獲得しており、11月の日本公開もますます期待されている。

『永遠の門 ゴッホの見た未来』のあらすじ

幼いころから精神に病を抱え、まともな人間関係が築けず、常に孤独だったフィンセント・ファン・ゴッホ。才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの衝撃的な事件で幕を閉じることに。あまりに偉大な名画を残した天才は、その人生に何をみていたのか――。

関連記事

『世界で一番ゴッホを描いた男』無学な男が芸術家として目覚める瞬間が泣ける!

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com