ウディ・アレン監督「映画を毎年作るのが好きなんだ」

明日、2017年5月5日より公開となる映画『カフェ・ソサエティ』から、ウディ・アレン監督の日本のファンへ向けたメッセージ映像が到着した。

映画『カフェ・ソサエティ』ウディ・アレン監督メッセージ映像、到着!

カフェ・ソサエティ メイン

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)がハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィル(スティーヴ・カレル)のもとで働きはじめたボビーは、彼の秘書ヴォニー(クリステン・スチュワート)の美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに――

カフェ・ソサエティ サブ

映画『カフェ・ソサエティ』は、ウディ・アレンが監督・脚本を担当する最新作で、3人の男女が織りなすもつれた恋を通して、“人生の選択”を描く大人のロマンティック・コメディ。

世間知らずの主人公・ボビーを『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグが演じる。ボビーからの求愛に迷うヴェロニカ、愛称・ヴォニーをクリステン・スチュワート、そしてボビーの前に現れるもうひとりの美女ヴェロニカをブレイク・ライブリーが演じるほか、スティーヴ・カレル、パーカー・ポージーらが脇を固める。

このたび本作から、ウディ・アレン監督の日本のファンへ向けたメッセージ映像が到着した。

ウディ・アレン監督 インタビュー1

ウディ・アレン監督は、本作の舞台となった1930年代について「僕が生まれた時代だからすごく意味のある時代なんだ。だからこれまでにも『ラジオ・デイズ』でも描いてきた。すごく楽しい思い出がたくさんあるんだ。30年代のニューヨークというのは大恐慌の直後だったから、困難な時代だというのは分かっているんだけど、そこにはグラマーなナイトライフがあったんだよね。それをこの映画で描きたいと思ったんだ」と思い入れを語る。

さらに、なぜ今、この時代を舞台にしたラブ・ストーリーを撮ろうと思ったかについては「それは、この物語を思いついたからだよ。物語を書く時は、その時に自分に浮かんだものが良い物語だと思えたり、全体として成立すると思えたりしたら、それを脚本にするんだよね」とし、続けて「『ブルー・ジャスミン』にしても、あの時偶然思いついたものだった。それが何であれ、その時思いついたものが良い物語になりそうだと思えたら、そして書くのがそれほど難しくもなくて、始まりがあり、中盤があり、それが面白いと思えるようなもので、良いエンディングが書けそうだ、と思ったら脚本を書くんだよ」と明かした。

カフェ・ソサエティ サブ8

本作のメインキャストであるクリステン・スチュワート、ブレイク・ライブリー、ジェシー・アイゼンバーグについては「この3人についてまず共通していることは、3人とももの凄く才能があり、しかもカリスマ性がある俳優であるということ」と語る。

「ジェシーはすごく才能があるし、カリスマ性がある。クリステンはすごく美しくて、素晴らしい女優だ。彼女もカリスマ性がある。ブレイクもカリスマ性がある。美しいし、エレガントだし、気品がある。彼女はまるでグレイス・ケリーのようだよね。若い俳優で、彼らのようなルックスで、カリスマ性があって、しかも演技力もあって、しかも幅広い演技ができる、シリアスな演技もできるし、悲しみや怒りが表現できて、それでいて、笑える演技もできるというのは、実はものすごく難しいことだ。だけど、僕は幸いそれができる素晴らしい俳優を3人見付けることができたんだ」とそれぞれを絶賛。

カフェ・ソサエティ ウディ・アレン監督 インタビュー2

デビューから長年、映画を作っている、“モチベーション”について聞かれると「僕は映画を毎年作るのが好きなんだよね。それに人は誰だって何かしらの仕事しなくちゃいけないわけだし、僕だって仕事をしなくてはいけない。だから映画を作るというのは、生活していくためのすごく良い仕事だと思うんだよね」と答え、「朝起きて、家にいて、家族がいて、脚本を書いて、すごく心地良いんだ。それでいざ映画を作るとなったら、クリエイティブな人達と一緒に過ごせる。カメラマン、アートディレクターに、衣装に、美しい女性達に、クリステン・スチュワートみたいな女性から、ブレイク・ライブリー、そして、素晴らしい才能のある俳優、ジェシー・アイゼンバーグとかね。そういう人達に囲まれて、いつだって過ごしているんだ。それってすごく楽しいことだよ。しかも、それで僕はお金をもらっているわけだからね」と語った。

さらに「日本の映画にはいつも大きな影響を受けてきた」と語るウディ・アレン監督は「何しろ、黒澤は、神みたいなものだからね。それから、日本にいつか行ってジャズの演奏をするのが夢なんだ。日本の人達は僕のジャズ・バンドが演奏するような音楽を本当に理解して楽しんでくれるような人達だと思うからね」と来日を期待させるコメントを寄せた。

映画『カフェ・ソサエティ』は2017年5月5日(金)、TOHOシネマズみゆき座ほか全国公開。

(C) 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

関連記事

『カフェ・ソサエティ』でウディ・アレンがした「原点回帰」と「新たなる挑戦」
デヴィ夫人がナレーション「あなた、映画はロマコメよ」
ウディ・アレン最新作『カフェ・ソサエティ』予告解禁
どっちが本命?クリステン・スチュワートVSブレイク・ライブリー
マット・ロス監督、人生について考えるきっかけに…

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com