桐谷美玲が『ヒロイン失格』初日舞台挨拶で涙した幸田もも子からの手紙全文

ヒロイン失格 初日舞台挨拶

シネマズ公式ライターのアスカでございます。

2015年9月19日、新宿ピカデリーで映画『ヒロイン失格』の公開初日舞台挨拶が行われました。初回上映を観終えた観客の前に現れたのは桐谷美玲さん、山崎賢人さん、坂口健太郎さん、福田彩乃さん、我妻三輪子さん、高橋メアリージュンさん、濱田マリさん、竹内力さん、英勉監督の9名です。

ヒロイン失格 初日舞台挨拶

ヒロインの松崎はとりを演じた桐谷美玲さんはまず「みなさん、楽しんでいただけましたか〜?」と会場に向かって声を掛けると、観客からは大きな拍手が。「いつかはとりを演じたいなと思っていて、初日を迎えることができて、ようやく夢を叶えることができたと胸がいっぱいです」と、大好きな作品のヒロインを演じられたことを心から喜んでいる様子が伺えました。

撮影中に大変だったエピソードを聞かれると、「大変だったことがあまりないくらい本当に楽しい現場でしたね。あ、寒さが大変でした。池ポチャのシーンが一番大変で。3月の頭だったので極寒だったんですね。どうしてこんな寒い(ときに)池に落ちなきゃいけないんだろうと思いましたね」と答え、それに対して英監督は「落ちたあと、本気で睨まれましたけどね(笑)」笑いながらコメントしていました。

ヒロイン失格 初日舞台挨拶

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com