橋口亮輔監督7年ぶりの最新作。映画『恋人たち』特報解禁

2008年公開の映画『ぐるりのこと。』で数々の賞を受賞した橋口亮輔監督の7年ぶりの最新作となる『恋人たち』の特報映像ならびにティザービジュアルが解禁、さらに公式サイトがオープンとなった。

橋口亮輔監督の7年ぶりの最新作『恋人たち』

『恋人たち』は、通り魔事件で妻を亡くした男、そりが合わない姑と無関心な夫と暮らす平凡な主婦、同性愛者で完璧主義のエリート弁護士を中心にそれぞれの愛が描かれる。

本作は松竹ブロードキャスティングによる作家主義、俳優発掘を理念としたオリジナル映画製作プロジェクトの1本で、通り魔事件で妻を亡くした男・アツシ役を篠原篤が、平凡な主婦・瞳子役を成嶋瞳子が、エリート弁護士役を池田良と、いずれもオーディションによって選ばれた新人俳優が演じる。

また『ぐるりのこと。』で主演デビューした、リリー・フランキーがアツシの先輩役として出演、その他にも安藤玉恵、黒田大輔、山中崇、内田慈、山中聡、木野花、光石研と、個性豊かな俳優陣が出演する。

恋人たち
(C)松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

今回解禁されたポスタービジュアルは「愛を見つけた者がいる。愛を亡くした者もいる。」というキャッチコピーと、川の中にたたずむ後ろ姿の男性が目を引くもの。男性が失ったものの大きさを物語っているビジュアルに仕上がっている。また、解禁された特報映像は20秒と短いながらも、生きている人の葛藤がありありと映し出される。

なお、テアトル新宿とテアトル梅田の2館では、公開された特報とは異なる40秒バージョンの特報映像が上映される。この40秒バージョンのネット解禁は7月末を予定している。

また、公式サイトもオープン。世界観をそのままにスチール写真のみで構成されたシンプルなものとなっている。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事