『マイ・インターン』のプロデューサー最新作『マイ・プレシャス・リスト』公開決定!特報&ポスター解禁

©2016 CARRIE PILBY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

世界中の女性を幸せに導いた映画『マイ・インターン』のプロデューサー最新作『CARRIE PILBY(原題)』が、邦題を『マイ・プレシャス・リスト』として公開されることが決定した。

今度のヒロインはハーバード卒の超天才。でも、コミュニケーション能力はゼロで社会に馴染めずにいる屈折女子キャリー。セラピストから「幸せになるためのリスト」を渡され、それを実行していくことで心の成長を遂げていく、心あたたまる感動作となっている。

主演はイギリスの新星ベル・パウリ―。主演作『ミニー・ゲッツの秘密』がサンダンス映画祭やベルリン国際映画祭などで栄誉ある賞を受賞、自身もゴッサム賞に輝き、その後の出演作『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』でも類まれな演技力を発揮している。今、最も有望な若手として注目されている女優が、本作でも愛らしい魅力をふりまいている。人生迷いっぱなしのキャリーがリストにチャレンジしていく姿は、観る人に“一歩踏み出す勇気”をくれるだろう。

この度解禁となった特報では、NY・マンハッタンに住む主人公のキャリーが、“ペットを飼う“、“子供の頃好きだったことをする“など、幸せになるためのリストに挑戦するシーンから始まる。セラピストから「6つの課題をクリアすれば、幸せになれる」と言われた引きこもりのキャリー。そんなことで本当に幸せになれるの?と部屋で悩むキャリーの姿には、誰もが共感する。

またポスターには、キャリーのビジュアルの下にNYの街並みと、キャリーがリストに挑戦している様子がカラフルなイラストで描かれている。実はハーバード卒の天才、だけど【コミュ力(りょく)】はゼロのダメ女(ジョ)キャリーを心から応援したくなる特報&ポスターとなっている。

本作は、10月20日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。

ストーリー概要

ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリー(ベル・パウリ―)はIQ185、ハーバード大学を飛び級で卒業した天才だが、友達も仕事も持たず、読書ばかりしている【コミュ力(りょく)】ゼロの屈折女子。話し相手はセラピストのペトロフ(ネイサン・レイン)だけ。ある日彼はキャリーにリストを渡し、そこに書かれた6つの課題を1か月間でクリアするように告げる。「何のために?」「それで問題はすべて解決するの?」半信半疑ながらも、まずは金魚を2匹飼い始め、昔好きだったチェリーソーダを飲み、新聞の出会い広告でデート相手を探し…と1つずつ項目を実行していくキャリー。そして、人と関わり打ち解けたり傷ついたりする中で、徐々に自分の変化に気づいていく。キャリーは果たしてリストを全てクリアして、幸せを手にすることができるのか――?

関連記事

『ローマの休日』には元ネタが?と思わせるような快作、『ロイヤル・ナイト~英国王女の秘密の外出~』
公開日決定!19歳のエリザベス王女が、宮殿を抜け出した実話を描く

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com