佐藤浩市さん・樋口可南子さん主演『愛を積むひと』チャリティ試写会

6月20日に公開された映画『愛を積むひと』のチャリティ試写会が行われ、朝原雄三監督と社会福祉法人恩賜財団母子愛育会理事長の羽毛田(はけた)信吾さんのトークセッションがありました。

母子愛育会は子育てを親子や家族・地域の絆を大切にしつつ推進・サポートしていきながら母子の保険や福祉の課題に取り組んでおり、このたび同作のポリシーと合致することが多かったことからコラボレーションが行われました。

ご挨拶

試写会前に朝原監督と羽毛田理事長の挨拶があり、この試写会の意義などが語られました。

朝原監督の挨拶

1

監督の朝原です。本日はたくさんの方にご来場いただきましてありがとうございます。愛育会チャリティ試写ということでとっても立派な映画なようで恐縮しておりますが、どうぞ楽しんでいらしてください。

アメリカの小説『石を積む男』が原作で、それをなんとか日本で映画化できないか、ということで、それを大胆に脚色して昨年・1年間、北海道の美瑛町に家を建て、石塀を積んで撮影してきました。ぜひ楽しんでご覧ください。

羽毛田理事長の挨拶

2

母子愛育会は妊娠から出産・子育てまで母と子の健康と福祉をいかに守るかということを目指して様々な活動を行っています。母子愛育病院はこの2月に、東京都港区田町にオープンしました。ほかにも研究所や幼稚園・保育施設も運営しています。

母子愛育会というのは現在の天皇陛下がご誕生になりましたのを機に、母と子の幸せにお心を寄せていらっしゃいました昭和天皇のご意向で昭和九年にスタートしました。当時は農山村の乳幼児死亡率が高く、その住民の方が自主的に取り組む愛育村というものがありました。こういったものを普及させ、中心となって取り組んでいく愛育班活動を提唱し、推進していくということをしたわけです。それ以来80年、全国津々浦々で一生懸命取り組みを行っています。

本日は『愛を積むひと』という映画。私が伺ったところでは、夫婦の愛でありますとか母と子の愛でありますとか、あるいは家族愛でありますとか、あるいは地域の人々の共生・ともに助け合っていくことがテーマだと伺っています。これはまさに母子愛育会の活動の精神でございます。そういったこともあり今回のチャリティ試写会ということに通じました。

チャリティ試写会にこぎつけてくださったみなさまに心から感謝申し上げますとともに、こういった趣旨であることをご来場の皆様にご理解いただきご協力を賜れればと思う次第でございます。

私ごとですがかつて、4年間北海道で生活いたしました。その時にかの地の雄大な自然、人情に厚い所だと魅了されたことを覚えております。今日は北海道を舞台とする映画を鑑賞できるということを個人的にも喜んでおりますし、この映画の成功を願う次第です。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事