最新作公開前にチェックしておきたい、シャアが登場する映画3本

この秋に最新作が公開予定の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』。

これまでの作品では明らかにされてこなかった、主人公シャア・アズナブルの過去を軸とした本シリーズの続編を今から楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

さて今回は『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』をもっと楽しむための予備知識として、主人公のシャアが今までに登場した映画を3本紹介します。どれも名作揃いなのでまだ観たことのない方はぜひ一度チェックしてみてくださいね。

『劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス』

5155Ep9XQpLBlu-ray 販売元:バンダイビジュアル

言わずと知れたロボットアニメの金字塔的作品。すべての始まりがここにあります。

スペースノイド(宇宙居住者)の完全独立のため、地球連邦政府に宣戦布告したジオン公国。そのジオン公国でエースパイロットとして活躍していたのがシャア・アズナブルでした。

シャアは赤くカラーリングされた専用のモビルスーツを駆り、高速移動をして地球連邦軍の戦艦を次々と撃沈する姿から畏敬の念を込め、”赤い彗星”と呼ばれるようになります。

本作の主人公は地球連邦軍のモビルスーツ・ガンダムに搭乗するアムロ・レイですが、シャアはそのライバル役として何度も登場し、敵同士でありながらもお互いの能力を認め合う間柄になっていきます。

また、他にも生き別れとなった妹・アルテイシア(セイラ)との再会や、ザビ家への復讐など『THE ORIGIN』のストーリーと直接的に関係する部分が多いため、予備知識として観るにはこの作品がオススメです。

『機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-』

61Y+jTO66WLBlu-ray 販売元:バンダイビジュアル

「機動戦士ZガンダムⅡ-恋人たち-」「機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-」Blu-ray発売中

『機動戦士ガンダム』から7年後の世界が舞台となる『機動戦士Zガンダム』
『機動戦士ガンダム』のラストでアムロと死闘を演じた後、行方不明となっていたシャアはクワトロ・バジーナと名を変えて登場します。ちなみにシャアは何度も変名をしていますが、クワトロと言う名は4番目に使った名前であり、イタリア語の”4”を意味しています。

ジオン公国に勝利した後、スペースノイドに対して暴虐な扱いを続ける地球連邦軍に反発して組織された反地球連邦政府組織”エゥーゴ”に所属するようになったクワトロ。新型ガンダムの奪取時に本作の主人公であるカミーユ・ビダンに出会い、仲間として共に闘うことになります。

かつてのエースパイロットとしてアドバイスをし、ときに言い争い、ときに他人の恋を応援する。敵として闘っていたときとは一味違う、どこか人間的な魅力のあるシャアが描かれている作品となっています。

劇場版3部作となっていますので「機動戦士ZガンダムⅡ-恋人たち-」「機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-」もあわせてお楽しみください。

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

51mKXwBcckLBlu-ray 販売元:バンダイビジュアル
『機動戦士Zガンダム』のラストで搭乗モビルスーツが大破し、生死不明となっていたシャア。それから5年後の世界が舞台となる『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では”新生ネオ・ジオン”の総帥として登場します。

宇宙居住者であるスペースノイドに弾圧を加える地球人類に対し、小惑星を地球に衝突させて粛清をすること決意したシャアと、それを阻止するために立ち上がったアムロ。因縁のライバルたちの最後の戦いとなる作品です。

他の2作品がTV版からの編集・修正をした作品であるのに対し、本作は劇場用完全新作として、また長年にわたるシャアとアムロの決着を付ける完結作品として公開時には注目されました。

衰えることのないシャアの人気

シャアが登場する映画作品を3本紹介しました。気になる作品はありましたか?シャアについて詳しく知るのであれば、紹介した作品を順番に観ることをおススメします。

『機動戦士ガンダム』から35年以上経った今でもなお衰えることのないシャアの人気。その人気の秘密は、パイロットとしての圧倒的な強さもさることながら、その人間性やカリスマ性にあるのではないかと思います。

『機動戦士ガンダム THE ORIGINⅡ 哀しみのアルテイシア』は2015年10月31日(土)上映予定です。それまでにシャアの登場する過去作品を観ておけば、より一層映画を楽しめることと思います。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事