『ハルチカ』が100点満点で8000億点の理由!橋本環奈が佐藤勝利をイジって全ての人が幸せになる大傑作!

ハルチカ ティザー

(C)2017「ハルチカ」製作委員会

3月4日より公開の『ハルチカ』がとんでもなく最高の映画でした!はっきり言って、日本の実写映画の中で、青春音楽映画という枠組みの中で、史上もっとも大好きな作品ですよ!

本作は老若男女分け隔てなくオススメしたい!とにかく劇場に足を運んで欲しい!という気持ちがあまりにも強いので、テンション高めに大絶賛します!大きなネタバレはありません!

1:橋本環奈が佐藤勝利をイジッたり蹴ったり殴ったり命令したりする!みんなが幸せ!

本作の主演は“奇跡の1枚”の写真で話題となり『セーラー服と機関銃ー卒業ー』でスクリーンデビューを果たした橋本環奈、そして映画初出演にして初主演となるSexyZoneの佐藤勝利の2人が務めています。もうこの2人がかわいい!演技力も素晴らしい!この時点で1000億点です!

しかも、橋本環奈が演じるのは“自由奔放で勝気なヒロイン”で、佐藤勝利は“そのヒロインに振り回されるけど実は聡明でやさしい男子”になっているんですよ!具体的には、劇中で橋本環奈は「はやくやれよ?ごらぁ!」などと言いながら佐藤勝利にキックをかましたりするんですよ!

そんな感じで佐藤勝利は橋本環奈にだいたいタジタジなわけですが、ある1点においてはその関係性が……おっとこれは言えない、とにかく、主演2人のファンにとって、これはもう眼福ものだってことです!

本作を観れば、女の子は「イジめられてる佐藤くんかわいい!」と母性本能がくすぐられ、男の子は「橋本環奈ちゃんにイジめられてえ!」とドMになり、みんなが笑顔になることでしょう。これこそ、日本中の全ての人を幸せにする映画ですよ!

2:リアルで佐藤勝利はMになっていた!?

前述の通り、映画の中では橋本環奈がSで佐藤勝利がMという素晴らしい関係性が築かれているわけですが、撮影時にもその橋本環奈のキックやパンチは重要なものと捉えられていたようです。

“気の強いヒロインと、彼女に頭が上がらない優しい男の子”という2人の距離感や関係性をつかむため、橋本環奈は殴り方や蹴り方を工夫し、佐藤勝利も何度も蹴られたり殴られたりする時のリアクションに細かい調整をしていったのだとか。

市井昌秀監督は、そんな橋本環奈に「もっと思いっきり(蹴って)!」と焚き付けており、彼女自身「相手役の佐藤さんが『もっと来てください!』という感じでどんと構えてくださったおかげで、とても助かりました」と語っていたそうです。

もちろん、これは佐藤勝利が積極的に役に入れ込んだということ、賞賛すべきことなのですが、個人的にはなんだか彼がリアルでMっ気を出していたような疑いを持ってしまいます(笑)。うん、まあ、あんなに天使のようなかわいい女の子に蹴られたり殴られたりするのは、特殊な趣味を持つ人にとってはご褒美みたいなものだよね!

なお佐藤勝利は、橋本環奈とチカ(ヒロイン)に“似た色”を感じており、それによって自身も自然な感情で接することができるようになったのだとか。撮影現場での2人の関係性が、映画本編でもしっかり反映されていると言って良さそうですね。

ハルチカ 橋本環奈 劇中カット2

(C)2017「ハルチカ」製作委員会

3:実はミステリーの要素も?原作小説やアニメ版のファンにもおすすめ!

本作の原作は、「退出ゲーム」から連作となった青春小説「ハルチカ」シリーズです。実は原作およびアニメ版は、“日常の謎を解く”という“探偵もの(ミステリー)”の要素が強く、知り合いから謎を解く依頼を受けたり、はたまた身近な人物が“なぜそのような行動をしたのか”を推理する場面が多かったりします。

この映画版で特筆すべきは、その“日常の謎を解く”という原作の要素をしっかりと取り入れながらも、仲間とともに努力するという青春映画としての根幹がまったく揺らいでいないことです。

原作であったミステリー要素は少し形を変えて、しかも「原作よりもこちらのほうがいい!」と思えるほどの工夫が加えられて登場しています。それでいて2時間という時間に収まるように各エピソードが整理されており、それでいて吹奏楽部内での努力や人間関係もしっかり描かれている。1つとして無駄なシーンがないのです。

「ハルチカ」シリーズはアニメ版も放送され、ファン層が拡大していたおかげか、「実写映画化して欲しくなかった」、「設定を変えないで欲しかった」という声も耳にします。しかし、実際の映画は、“原作からの取捨選択がうまくできている”、“それでいて青春映画としての完成度を高めている”という点において、完璧と思えるほどの“調整”が行われていました。原作およびアニメ版のファンも満足できるのではないでしょうか。

きっと、「ハルチカ」シリーズの原作およびアニメ版のファンには「この要素をこんな風に描いてくれたのか!」という感動があることでしょう。もちろん、「ハルチカ」シリーズをまったく知らなくても楽しめますよ。

4:各キャラクターが魅力的!フレッシュな若手俳優たちの演技も要チェック!

主演の2人が魅力的なのは前述の通りですが、脇を固める俳優陣も負けてはいない、いや、それどころが全てのキャラクターが主役になってもおかしくないほどの存在感を示していました。

2時間の尺に収めるために、それぞれのキャラの描き方が“ほんの少し”になってしまうところもあるにはあるのですが、それでもその人物のことがすぐに理解でき、大好きになることができるのです(説明的なセリフがないのにもかかわらず)!もちろん、たっぷりの時間を使って描かれるキャラも主役2人と同じくらい愛おしくてしょうがない。映画が終わるころには、「ああ、こいつらともっと同じ時間を過ごしたかった……」と寂しくなってしまうほどでした。

もちろん、これはそれぞれのキャラを演じた若手俳優陣の熱演のおかげでもあるのでしょう。『ちはやふる 上の句/下の句』や『渇き。』の清水尋也、『くちびるに歌を』の恒松祐里、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』の前田航基、『中学生円山』の平岡拓真、『君の名は。』の上白石萌音の妹であり『金メダル男』などに出演している上白石萌歌、そのふくよかな体型などの特徴をすぐに覚えられる、オーディションで抜擢された新鋭の二階堂姫瑠など、10代のフレッシュな役者が揃い踏み、今後のさらなる活躍を期待したくなりました。

■このライターの記事をもっと読みたい方は、こちら

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事