『ジョジョ・ラビット』のレビュー:ヒトラー大好き少年とユダヤ人少女の数奇な交流

(C)2019 Twentieth Century Fox

ヒトラーやナチズムを厳しく追及&批判する映画は昔も今も数多く作られ続けていますが、そうした未来永劫語り継がれていくべきメッセージ性もさながら、不思議なまでにこのモチーフは映画的感性に秀でたユニークな作品を世に放つことがままあります。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』で世界的ヒットメーカーの座に躍り出たニュージーランド出身のタイカ・ワイティティ監督の最新作『ジョジョ・ラビット』もそうした系統の1本として大いに讃えられるべき存在の作品です。

何よりも秀逸なアイデアと喜怒哀楽に満ち溢れたヒューマニズム、戦争そのものに対するブラックユーモアな風刺と批判……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街431》

そしてヒトラーを心の友とする心優しい少年とユダヤ人少女の交流を描いた、瑞々しいキッズ・ムービーでもあるのでした!(先頃発表されたアカデミー賞にも作品賞など6部門でノミネート!)

ナチズムに洗脳された少年が
やがて見出す真実

『ジョジョ・ラビット』の舞台は第2次世界大戦下のドイツです。

10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイヴィス)は、アドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)を空想上の友達とする軍国少年。

もっとも彼はヒトラーユーゲントの合宿訓練の際にウサギを殺すことができず、教官から臆病者とののしられて“ジョジョ・ラビット”と不名誉なあだ名をつけられてしまうような、繊細で優しい子でもあります。

聡明な母(スカーレット・ヨハンソン)ロージーとふたり暮らしのジョジョは、ある日亡くなった姉インゲの部屋で隠し扉を発見し、その中にユダヤ人少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)が匿われていることを知ってしまいました。

ヒトラー信奉者のジョジョにとって、ユダヤ人は最大の敵であり、鬼であり悪魔でもあります。

しかしエルサは「通報したら、あんたも母親も協力者だと言うから、全員死刑よ」とジョジョを脅迫。

一方でジョジョは、エルサをリサーチしてユダヤ人絶滅に役立つ本を書こうと思いつき、「ユダヤ人の秘密を全部話す」という条件で彼女を匿い続けることに。

かくして日々ユダヤ人に関する講義を受けることになったジョジョですが、聡明なエルサの口から語られる話の数々は、それまで自分が大人たちから聞かされていた「ユダヤ人は下等な悪魔」とは真逆であることに気づかされ、大いに混乱し、心の友アドルフも大慌てになっていくのですが……。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com