『恋と嘘』は楽曲にも注目!福山雅治の「HELLO」をカバーした阪本奨悟って知ってる?

恋と嘘 本ポスター
10月14日(土)公開の映画『恋と嘘』で、挿入歌と主題歌を担当している阪本奨悟さんをご存知でしょうか。

今年5月にシンガーソングライターとしてメジャーデビュー。そして、今作が初めての映画主題歌となります。今回の「シネマズ女子部」では、阪本奨悟さんの曲を中心に、映画『恋と嘘』について紹介します。

映画『恋と嘘』はこんなストーリー

恋と嘘 3ショット
映画『恋と嘘』は、ムサヲさんの同名漫画を森川葵さん主演、北村匠海さん、佐藤寛太さんの共演で実写化した作品。

少子化が進んだ未来の日本を舞台に、自由恋愛が許されず16歳の誕生日に政府から結婚相手を通知される「超・少子化対策法」が施行されている社会での、三角関係のお話です。

政府が決めた運命の相手と、自分のことを好きな幼なじみの間で揺れる女子高生の仁坂葵(にさか・あおい)を、森川葵さんが演じています。

原作やアニメをご覧になった方は、「仁坂」という名前に聞き覚えがあるかもしれません。原作に登場する、ある秘密を抱えたクールな少年・仁坂悠介の姪という設定なのだそうです。

恋と嘘 森川葵

それを踏まえると、おそらく原作よりもさらに未来、そして原作の主人公が男子高校生、三角関係になるのが女子高生ふたりである設定を逆にした、女子高生が主人公、男子高校生ふたりがメインの映画になっています。

クールな仁坂悠介に相対するように、優柔不断で人想い、政府通知を楽しみに待っている愛嬌のある仁坂葵。

公開がはじまったばかりなのでネタバレはできませんが、「エンドロール後まで見て欲しい」映画です。エンドロール後の急展開に賛否あるかもしれませんが、ストーリーが続いていますので、お忘れなく。

『君の膵臓をたべたい』でイケメンぶりを発揮していた北村匠海さんは今回も素敵ですし、2016年~2017年版の『イタズラなkiss』で主役の入江くんを演じた佐藤寛太さんが、よりクールながら、だんだんと政府通知の相手である葵を好きになっていく様子はかわいらしかったです。

『恋と嘘』というタイトルですが、「嘘」の使い方が、原作とはまったく異なっているので、その部分にも注目するとより楽しめるはずです。

阪本奨悟さんはこんな人!

鼻声/しょっぱい涙 通常盤 CD

さて、ここからは主題歌と挿入歌を担当した阪本奨悟さんについてご紹介していきたいと思います。1993年生まれで、シンガーソングライターとして活動する前は、俳優として活動されていました。

代表作の舞台『ミュージカル テニスの王子様』では、阪本さんが14歳のときに主演として4代目・越前リョーマを務めていました。他にも、ドラマ『素直になれなくて』(2010・フジテレビ)や『ハンマーセッション!』(2010・TBS)、映画『スイッチを押すとき』(2011)にも出演されていました。

しょーご。―阪本奨悟ファースト写真集

その後2011年末、17歳のときに一度芸能界を引退し、シンガーソングライターになるため、路上ライブから再出発したようです。

改めて復帰したのは2015年。それ以降は歌手活動と共に、ドラマ『ラヴソング』(2016・フジテレビ)やバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』の再現VTRに出演されていました。

そして2017年5月にメジャーデビューを果たします。ライブは来年1月の公演まで決まっています。

『恋と嘘』挿入歌「恋と嘘 ~ぎゅっと君の手を~」

恋と嘘 ~ぎゅっと君の手を~ / HELLO 初回盤(CD+DVD)

10月18日(水)にリリースされる「恋と嘘 ~ぎゅっと君の手を~」は、映画『恋と嘘』の挿入歌になっています。不器用な男性の恋心を歌った1曲で、作詞作曲も阪本さんが担当しています。

ミュージックビデオには、『恋と嘘』で主演を務めた森川葵さんも出演されており、『恋と嘘』とは別のキャラクターとして、阪本奨悟さんとの恋愛ドラマが描かれています。

また、曲名にある通りポイントは「手」。阪本さんが弾くギターの手元が、常にミュージックビデオの下部分に映されるつくりになっています。耳で聴くギターの音と映像が合わさって、他にない、曲とミュージックビデオの楽しみ方ができますよ。

ちなみに10月11日(水)から期間限定(終了時期未定)で、GYAOにてミュージックビデオが配信されています。

『恋と嘘』主題歌「HELLO」

HELLO

また、主題歌には福山雅治さんの「HELLO」のカバー曲が起用。阪本さんご自身も、憧れの人に福山雅治さんをあげ、ながく親しんできた楽曲だと話していらっしゃいます。

歌詞を重視し、語りかけるように、しゃべっているような感覚で聴いてもらえるようにと工夫したそうです。

確かに、「恋と嘘 ~ぎゅっと君の手を~」と聴き比べてみると、もちろん曲調や曲のスタイルが違うこともありますが、歌声に変化を持たせていることがわかります。

実際、筆者も事前に情報を入れずに映画『恋と嘘』を鑑賞したため、挿入歌も阪本さんだと知ったのは、エンドロールで「HELLO」と横並びになってクレジットが出てきたときでした。

とくに「HELLO」は福山雅治さんの楽曲のなかでも特に広く知られている1曲なので、新たなイメージを持つのは難しいものですが、より爽やかに、より軽やかに歌い上げています。

古澤健監督も「阪本奨悟さんの歌はこの映画のもうひとりの登場人物として、主人公たちに並走してくれたと思います」と絶賛しています。(コメント全文はこちらの記事から)

挿入歌、主題歌にも注目しながら映画『恋と嘘』を楽しんで!

映画に入り込みすぎると、挿入歌はつい聞き逃してしまうことが多いかもしれませんが、ぜひ今回こそは注目して聴いて、観てくださいね。

阪本奨悟さんのセカンドシングル「恋と嘘~ぎゅっと君の手を~ / HELLO」は10月18日(水)リリース、映画『恋と嘘』は現在公開中です。

映画『恋と嘘』に関する記事をもっと読む

(文:kamito努)

【「シネマズ女子部」バックナンバー】
第26回・暗い・だるい・激しい…松本潤が魅力的な映画『ナラタージュ』
第25回・『弱虫ペダル』をQ&A形式で紹介!あなたはいくつ知っている?
第24回・「ラピュタ」のパズーが理想男子な3つの理由&パートナーにしたいジブリイケメンまとめ(トリセツ付き!)

以前の記事はこちらから

(C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com