『君が世界のはじまり』レビュー:思春期の普遍的焦燥を見事に描いた青春群像劇

 (C)2020「君が世界のはじまり」製作委員会

ふくだももこ監督と主演・松本穂香といえば、お父さんがお母さんになってしまった一家を微笑ましく描きながら、
性別の垣根を優に越境させ得た快作『おいしい家族』(19)を手掛けた名コンビです。

そして今回、このふたりがまたさらなるユニークな世界を銀幕の中に開拓させました。

しかも今回は青春群像劇映画『君が世界のはじまり』として!

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街490》

今度はなかなかクールで熱い思春期の焦燥感を炸裂させていくことで、またまた快作足り得ているのでした!

自分を持て余している
6人の高校2年生

『君が世界のはじまり』は、ふくだももこ監督が2016年に第40回すばる文学賞佳作を受賞した短編小説「えん」と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」を映画用に組み合わせて再構築した作品です。

脚本は『リンダリンダリンダ』『もらとりあむタマ子』『愚行録』などで知られる俊英・向井康介。

舞台は大阪のある町、そこで高校生による父親の殺人事件が起きたのですが、映画はその数週間前に遡って始まります。

この町には、自分をもてあましている高校生が多数います。

それは日本中どこにでもいる存在といってもよいでしょう。

本作で描かれるのは、その中の6人の高校2年生男女です。

まずは、成績は学年1位でどこの大学でも行けそうな秀才ながら、幼馴染の琴子と一緒によく学校をさぼるえん(松本穂香)。

えんと真逆に成績が学年ビリで、過激な性格でスモーカー。男のことを基本的にアホとみなしつつ、とっかえひっかえモテまくりの琴子(中田青渚)。

なお、えんの本名は縁(ゆかり)と呼ぶのですが、琴子から「ゆかり言うより、えんっぽいわ」と言われてあだ名がそうなった次第です。

その琴子が純愛に目覚めた? 相手はサッカー部のナリヒラ(小室ぺい)。一見穏やかそうながらも、実は父親が問題を抱えているなどの悩みを隠しています。

同じくサッカー部主将でナリヒラとも仲が良い岡田(甲斐翔真)は女子の人気抜群ながらも、肝心の琴子からは全く相手にされず……。

一方、母親が家を出ていったのは父親のせいだと思い込んで無視しつつ、ブルーハーツの歌に慰められ続けている純(片山友希)。

彼女は東京から引っ越してきた伊尾(金子大地)と「関係」を持つようになります。

同じくブルーハーツ好きで、いつも独りでいる伊尾ですが、実は義母とも「関係」があり、純もそのことを知っています。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com