『メアリと魔女の花』の“魅力”と“魔法を使う目的”

メアリと魔女の花

(C)「メアリと魔女の花」製作委員会

2017年7月8日に公開された映画『メアリと魔女の花』を見てきました。今作はスタジオポノック第1作目の作品となっています。

スタジオポノックはスタジオジブリの制作部が解体されたあと、米林宏明監督と西村義明プロデューサーが中心となり作られたアニメ製作会社。米林宏昌監督は『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』で監督を務めた人物。

今作は豪華声優陣に加え、そのスタジオポノックが制作をしているということで話題となっている作品です。

魔女の花から始まる魔女の物語

まずはあらすじから紹介したいと思います。

赤い館村に引っ越してきた赤い髪のメアリ(杉咲花)は、森で7年に一度しか咲かない不思議な花「夜間飛行」を見つける。
それはかつて、魔女の国から盗み出された、禁断の魔女の花だった。
一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府「エンドア大学」への許可されるが、メアリがついたたった1つの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。

主人公のメアリを今注目されている若手俳優の杉咲花。そしてメアリによって事件に巻き込まれてしまう少年に神木隆之介。他にもエンドア大学の学長を天海祐希、メアリの祖母を大竹しのぶが担当しています。

メアリ役の杉咲花はハマリ役!この人以外にメアリは考えられない!!

初めに言わせていただきたいのですが、メアリ役の杉咲花が素晴らしかった!

メアリと魔女の花 場面写真

(C)「メアリと魔女の花」製作委員会

メアリは赤い館のお手伝いさんのバンクス(渡辺えり)や庭師のゼペティ(遠藤憲一)のお手伝いをしようとするも失敗ばかりして、逆に迷惑をかけてしまいます。そんなメアリが魔女の花を手に入れたところから始まる壮大な冒険を経て成長していく姿には観ているこちらが応援したくなります。

そんなメアリには、幼い声の中にも強い芯を感じさせる杉咲花がばっちりハマリ役でした。

メアリと魔女の花 場面写真

(C)「メアリと魔女の花」製作委員会

メアリの小さな「勇気」が未来を変える

『メアリと魔女の花』はこれまでにない「魔女」の映画でした。

メアリは魔女の花「夜間飛行」で一時的に魔女になりますが、決して魔法に頼ることなく進んでいく姿に胸を打たれました。

メアリと魔女の花 場面写真

(C)「メアリと魔女の花」製作委員会

劇中ではいろんな魔法が出てきますが、それに頼ることなく、メアリは大切な人のためにだけ魔法を使います。

魔法の力を突き進むために使うのではなく、大切な人を守るために使う。

小さな勇気というのはこのことを伝えたいのではないかと思いました。劇中の後半、メアリが夜間飛行を使わずにエンドア大学に向かうシーンがまさにそれを象徴していたのではないかと思います。彼女の勇気をぜひ映画館で観てもらいたいです。

また、「魔女ふたたび」というキャッチコピーもあるとおり、米林監督が所属していたスタジオジブリ制作の『魔女の宅急便』をオマージュしている箇所がいくつもありました。

この部分もぜひ映画館で観てみてはいかがでしょうか。

(文:澤田孝志)

関連記事

『メアリと魔女の花』、押さえておきたい5つのポイント
神木隆之介、米林宏昌監督と7年ぶり2度目のタッグ『メアリと魔女の花』
天海祐希ら追加キャスト発表『メアリと魔女の花』
『借りぐらしのアリエッティ』徹底解説!わからなかったこと教えます。
いくつ覚えてる?ジブリ作品のキャッチコピーまとめ!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com