『ミッドナイト・スワン』レビュー:草なぎ剛が演じる“母”の切ない温かさ!

(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS 

エンタテイナーとして「新しい地図」を開拓し始めて早や3年経つ草なぎ剛、香取慎吾、稲垣吾郎の3人ですが、それぞれが映画出演に意欲的で高評価をものにしてきているのも映画ファンにとっては心強い限りです。

そんな中で、草なぎ剛がまた1本、とてつもない意欲作に挑戦しました!

内田英治監督作品『ミッドナイトスワン』。

ここで彼が演じるのは、女性として生きているトランスジェンダーです。

そしてこの作品は……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街506》

親から虐待を受けてきた少女との疑似的な母娘関係の中から生まれる“愛”を描いた、実に美しくも切ないラブストーリーなのでした!

トランスジェンダー中年と
親の虐待を受けた少女の交流

『ミッドナイト・スワン』の主人公は、新宿のニューハーフ・ショークラブ「スイートピー」でステージに立って踊る中年の健二=凪沙です。

故郷・広島の親などには自分がトランスジェンダーであることを知らすことなく、都会の片隅でひっそりと孤独に暮らしていた凪沙ですが、そんな彼女のもとに母親(水川あさみ)のDVを受けていた親戚の娘・一果(服部樹咲)が預けられることに。

凪沙のことをいわゆる男の叔父さんだと思っていた一果は戸惑いを隠せず、一方で子どもが嫌いな凪沙も小さな同居人は迷惑でしかありません。

とはいえ、お互いがお互いの心を抑えながら暮らさざるを得ない日々が始まっていきます。

転校早々に凪沙の風貌をクラスメイトから中傷され、暴力事件を起こす一果。

「あんたが学校で何しようと構わないけど、私に迷惑かけないで」と、彼女を突き放す凪沙。

しかし、まもなくして一果はふと通りかかったバレエ教室の先生・実花(真飛聖)に声をかけられ、レッスンに参加することに。

バレエの月謝を払うべく、違法なバイトを始めた一果ですが、すぐさま警察に保護され、凪沙にもバレエのことがばれてしまいます。

一果にバレリーナとしての才能があることを知った凪沙は、次第に彼女のために生きていこうと思うようになっていきます。

それは「母になりたい」という凪沙の心の想いの芽生えでもありました……。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com