『MOTHER マザー』レビュー:驚異!長澤まさみ演じる母親は、聖母か?怪物か?

(C)2020「MOTHER」製作委員会

映画業界もようやくラインナップが固まってきて、延期になっていた作品群も徐々に公開時期が発表され始めるようになっています。

長澤まさみ主演による人気ドラマの劇場版シリーズ第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』も7月23日より公開が決定し、ファンは一安心というところでしょう。

ただ、実はその前に彼女のファンならば、いや映画ファンならば絶対に見逃してほしくない映画がもう1本公開されます。

タイトルは『MOTHER マザー』。そのものずばり母親を主人公としたものではありますが、ここで長澤まさみが演じる母親とは……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街481》

今まで彼女が見せたことのない、まるで怪物(モンスター)のように周りの人々すべてを狂わせていく究極の毒親であるとともに、それでも子どもらにとっては聖母(マリア)のように映えてしまう、衝撃の“マザー”なのでした!

自堕落に生き続ける母と
彼女に付き従う息子

映画『マザー』は、実際に起きた17歳の少年による殺害事件にヒントを得て、想像の翼を自由に膨らませたフィクションに昇華させながら、母と子の関係性を描いた問題作です。

息子の周平(郡司翔)とともにその日暮らしの生活を送るシングルマザーの秋子(長澤まさみ)は、これまでも散々両親や妹から借金してはばっくれるといった体たらくを繰り返した挙句、ついに愛想をつかされてしまいます。

しかも、ふとしたことで出会ったホストの遼(安部サダヲ)と意気投合した彼女は、周平を学校にも行かせずに部屋に残したまま外で遊び惚けてスッカラカンに……。

電気もガスも止められた部屋に戻ってきた秋子は、以前から自分に気が合った市役所職員の宇治田(皆川猿時)を脅して金をせしめようとしますが、誤って遼が宇治田を刺してしまい、かくして母子と遼は逃亡の旅へ。

しかもそのさなか、秋子の妊娠が発覚し、責任を負いたくない遼は失踪。

それでも秋子はラブホテルの従業員・赤川(仲野大河)を誘惑し、その敷地内に居候しながらしぶとく生き続けつつ、周平を実家へ向かわせて金の無心をしようとするのですが、逆に母(木野花)の怒りを買って絶縁されてしまうのでした。

そして5年後、秋子は相も変わらずぐうたらな生活を続け、17歳になった周平(奥平大兼)が学校へ行かずに幼い妹・冬華(浅田芭路)の面倒を見ていました。

やがて3人に児童相談所の高橋亜矢(夏帆)ら職員の救いの手が差し伸べられ、簡易宿泊所での生活が始まり、そこで周平は亜矢から学ぶことを教わり、喜びを感じるようになっていくのですが、そんなふたりに秋子はイラついていきます。

さらにはそこに、遼が再び現われたことから、またも運命の歯車が大きく狂い始めていき……。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com