映画『無伴奏』主演・成海璃子、シネマズ独占インタビュー

成海璃子 無伴奏 インタビュー

2016年3月26日より公開となる、直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化した映画『無伴奏』で、主人公・響子を演じた主演の成海璃子にシネマズが単独インタビューを実施した。

映画『無伴奏』主演・成海璃子 シネマズ独占インタビュー

無伴奏 矢崎仁司監督 映画 成海璃子
映画『無伴奏』より (C)2015「無伴奏」製作委員会

映画『無伴奏』は直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化した作品。学生運動が盛んだった時代に多感な青春時代を過ごす1人の女子高校生を中心に、男女の悲喜こもごもな恋愛模様と時代の潮流を映し出す青春物語。主人公の響子を成海璃子が演じ、響子が想いを傾ける渉役を池松壮亮、渉の親友・祐之介を斎藤工、さらに祐之介の恋人・エマをnon-noモデルの遠藤新菜と、注目の若手が集結し当時の若者達の恋愛模様を描く。

主演の成海璃子は、本作の役をどう受け止め、そしてどう演じたのか。プライベートな話題にも触れながらのインタビューとなった。

信頼が自然な演技につながり、一番心を開いた

成海璃子 無伴奏 インタビュー

――冒頭からいきなり恐縮なのですが、今回の作品では、かなり大胆な「官能シーン」が話題になっていますよね。あれだけ大胆にむき出しに演じることに、撮影に入る前は抵抗が無かったのでしょうか?

特に、無かったです。実際、脚本に書かれている言葉って、1行とか2行くらいとかだったりするので「どういう撮影になるんだろ?」ぐらいには思ってましたけど。

――僕個人としては、数々の官能的なシーンが本当に美しいと思ったんですよね。

ありがとうございます。

無伴奏 矢崎仁司監督 映画 成海璃子 池松壮亮
映画『無伴奏』より (C)2015「無伴奏」製作委員会

――正直なところ、男性的な期待をしていた部分もあったんですが、それを超えてくる美しさで、僕らが頭の中で描いている「こういうのをしたいよね」っていうのが、そのまんま描かれていた印象でした。

相手役の池松さんがすごく信頼できる人で、ストレスもなく、自然に演じることができました。大変だったことといえば、撮影したのが2月くらいだったので、すごく寒かったことですね(笑)

――あの部屋で、何も身につけていないわけですしね(笑)池松壮亮さんの話が出てきましたが、全体を通しての印象は?

いつでも自分のペースを崩さない人で、ほんとうに落ち着いているんですよ。それに比べて、私は結構ジタバタしてて(笑)だからすごく頼っていた部分がありますね。「ちょっと聞いてよ」とか言って、池松くんに色々聞いてもらってました。たぶん現場で、一番心を開いていたと思います。

好きでいられる自信がない…そして、受け止めようと思った

成海璃子 無伴奏 インタビュー

――最初に今回の役の依頼がきた時は、どう思われました?

何も考えずに、何の知識もなく台本を読んだので、後半の展開に「わ!こういう話だったんだ!」って驚きました。すごい役が来たなと思ったのが率直な感想でした。だから、なかなかすぐにOKが出せる感じではなかったですね。

――成海さんは「切ないものが好きだ」と聞いたことがあるのですが、今回も切ないお話ではありますよね?

すごく濃い現場だったので、まだあまり客観的に観れてないんですが、この話はただの“切ない”で済まされないような感じがあると思うんです。響子のちょっと嫌な部分も描かれていて、“切ない”だけでは語れないと思います。

無伴奏 矢崎仁司監督 映画 成海璃子 池松壮亮 斎藤工
映画『無伴奏』より (C)2015「無伴奏」製作委員会

――役を演じる上で特に意識したことは?

ラブストーリーをほとんど経験したことなかったので、最初にまず、渉さん(池松壮亮)を好きになることからはじめました。後半で渉さんが、祐之介さん(斎藤工)と体の関係があることを知った時、響子じゃない実際の自分だったら、好きでいられるか自信がないのですが、響子は違う。そこにもちゃんとぶつかっていくんです。だから私自身もしっかりと受け止めようと思いました。

――成海さんから見て、響子はどんな人物ですか?

自分を客観視していて、大人びているように見えるんですけど、でもどこか10代ならではの純粋なエネルギーがある。いろんなことに「のめり込む」その熱量がすごいと思います。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事