波瑠「びっくりぽん!」飛び出す―『流れ星が消えないうちに』初日舞台挨拶

流れ星が消えないうちに 初日舞台挨拶 波瑠 入江甚儀 葉山奨之 黒島結菜

2015年11月21日(土)より公開となった、映画『流れ星が消えないうちに』の初日舞台挨拶が東京・角川シネマ新宿で行われ、主演・波瑠ら主要キャストや柴山健次監督が登壇した。

映画『流れ星が消えないうちに』初日舞台挨拶

流れ星が消えないうちに

映画『流れ星が消えないうちに』は、発行部数30万部を超え、広く親しまれている橋本紡氏の同名小説を映画化した、ヒューマンラブストーリー。不慮の事故で亡くなったかつての恋人・加地(葉山奨之)への記憶に翻弄されるヒロイン・奈緒子を『あさが来た』でヒロインを務める波瑠が演じ、さらに奈緒子の現在の恋人・巧を入江甚儀、奈緒子の妹役を黒島結菜がつとめるなど、注目の若手俳優が集結した話題作となっている。

流れ星が消えないうちに 初日舞台挨拶

冒頭、柴山健次監督は「企画をやりたいと思ってから3年半経ち、ようやくこの場にこぎつけまして、こんなに入ってくださって、本当に嬉しいです」と挨拶。

流れ星が消えないうちに 初日舞台挨拶 波瑠 入江甚儀 葉山奨之 黒島結菜

この日、撮影中の朝ドラの現場がある大阪からやってきたという主演の波瑠は、主人公・奈緒子との心情についてどう思うかとの質問に、自身は嫌なことは寝たらどうでもよくなるタイプだとしながらも「本当に想像するしかなかったのですが、奈緒子の気持ちを想像するだけで、苦しくて苦しくて仕方なかったです」と演じた当時の心境を語った。

流れ星が消えないうちに 初日舞台挨拶 波瑠 入江甚儀 葉山奨之 黒島結菜

プラネタリウムのシーンが印象的な本作で、星についてトークが及ぶと「撮影中に本当に流れ星が流れたんですよ!僕と奨之と2人でいるときに」と入江甚儀が発言すると、「双子座流星群のときで、2人のシーンで撮ってる最中に、空をパッとみたら、流れ星が流れてきたんです!吉祥寺でみれると思ってなかったです」と葉山奨之も答え、貴重な体験だったと興奮気味に2人が語る場面も。

流れ星が消えないうちに 初日舞台挨拶 波瑠 入江甚儀 葉山奨之 黒島結菜

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事