『おおかみこどもの雨と雪』なぜ狼の姿でSEXをしたのか?賛否両論である理由を考える

5:言葉にせずに訴えていることとは?

本作では“描写や説明が不足している”という批判の声も耳にします。ただ、あえて言葉での説明ではなく、映画としての演出や、ちらっと映る“物”で重要なことを訴えているところがあり、決してそうではないとも思うのです。

例えば花が、子どものころの自分と父との写真の横に、“彼”の生まれ故郷の雪景色の写真を置いてあげるというシーンがあります。これは花自身と彼を同列に見立てて、「あなたは1人じゃない」という訴えのようでした。

この花と“彼”の関係は、娘の雪と草平くん(雪が傷つけてしまった男の子)とも似ています。草平くんは母親の結婚と妊娠のために、“自分はいらない”という疎外感を感じている、だけど彼は辛くても無理やりに笑っている。そんな彼に対して雪は自分の正体を打ち明けて「本当のことを言っても笑っていられるようになりたい」と口にする……。草平くんは“彼”と同じ“一匹狼”でありたい(でもそうはならない)、雪は花と同じ“笑っていたい”という意思を引き継いでいるのです。

また、本作は非常に“引き”の画が多くなっており、これが“都会の片隅にポツンといる”という登場人物の“実在感”を高めているとも取れます。その引きの画で、都会に“引っ越してきた騒がしい家族”がいたことや、“彼”が“転んだこどもを立たせてあげた”ことなどで、主人公2人の心理を描くことにも成功しています。

そのほかにも、主人公2人の心理を表している物があります。それは、“ビンにささった花”が、以下のようにどんどん変化していっていることです。

・花が妊娠した時:3つのビンに花がささっている(“彼”は仕事中にタンポポをつんでいた)

・出産の直前:花のささったビンが4つに増えている

・“彼”がいなくなった時:4つのビンから花がなくなる

・“彼”の死を確認した後:1つのビンにだけ白い花がささっている

・草平くんが田舎の家にやってきたとき:1つのビンにだけ紫陽花がささっている

このビンにささった花は、主人公の花の“希望”とも取れます。妊娠や出産のときには花が増えて希望が溢れている。“彼”の死を認識する前にはその希望はなくなってしまう。“彼”の死を確認した後は“なんとかこども2人を育てよう”というか細い希望が“1つのビンにささった花”で表現されている、と考えられるのです。

さらに、雨は絵本の中で狼が悪者として描かれていたことを悲しんでいましたが、ラストでは「友達は海のにおい」「友達は緑のにおい」という、どちらも“生き物どうしの友情”が描かれた、実在する児童書(工藤直子著、理論社)が登場していました。この本の内容を知っていると、雨は自然の中で狼だからと嫌われるなんてことはなく、周囲の動物たちと友情を育める希望を持てるようになっています。

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

6:雨は“自然を味方に”していた

赤ちゃんの時からおてんばだった雪は、小学校でヘビを素手で捕まえて驚かれたりしたことをきっかけに“周囲の子どもと合わせる”必要性がわかり、そして“人間”として生きることを選択していきます。母親の花と同じように……。

一方で、雨は自然の中で狼として暮らすことを決断しました。秀逸なのは、母親である花が、雨に“追いつけない”という描写があることです。雨が川に落ちて溺れそうになった時、花は(さっきまで雪の上で笑っていたのに)積もった雪に足をとられてなかなか辿りつけませんでした。終盤に、花は嵐の中で雨を追いかけても道から外れて落下して、気絶をしてしまいました。

花は、狼の姿のまま去ろうとしている雨に「私、まだなにもしてあげていない」と言いますが、すぐに「元気で、しっかり生きて」と旅立ちを肯定できるようになっていました。

この“突然の旅立ちの肯定”も、いきなり育児を放棄しているようだ、と否定的な意見を呼ぶ理由でもありました。ただ、筆者は「なにもしてあげていない」というほどに花が母親としての責任感を感じていたということ、花がここで“自身の汚れた手”を見つめていたこと、そしてナレーションの「一夜にして世界が生まれ変わったようだった」という言葉で、存分に納得することができました。

花は“人間の母親でならなければならない”という価値観にも囚われていたのでしょう。最終的に雨が自然の中に旅立っていったのは、花がその前に雨に言っていた「お母さんは狼が好きよ。世界中が狼を嫌っても、お母さんだけは狼の味方」という言葉を覆すものだったのではないでしょうか。

なぜなら、雨は自然の中で“先生”と呼ぶキツネを見つけ、雄大な自然の先で湖を見つける喜びを知り、花がどれだけ追いかけて“汚れた手”になろうとも、追いつけない存在になった……つまり、花の言う「世界中が狼を嫌っても、お母さんだけは狼の味方」なんてことはなく、世界(自然)は狼(息子の雨)の味方であってくれたのです。それがわかったからこそ、花は「元気で、しっかり生きて」と言うことができたのでしょう。

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

7:冒頭とラストで提示される“おとぎ話”の意味とは?

この物語は、雪の「おとぎ話だって笑われるかもしれません」というナレーションから始まりました。

そして、「母は私たちの12年間は、おとぎ話のように一瞬だったと笑いました。満足げに、遥か遠くの峰をみるように」というナレーション、“雨の(ものと思しき)遠吠え”を聞いた花の心からの笑顔で終わりを迎えました。

物語と初めと終わりで、“おとぎ話”という言葉が一致しているのは、これが“寓話(たとえにより教訓を与える物語)”の側面が強い物語だからなのではないでしょうか。

この物語の主人公の花は、前述したように排他的な子育てをしていたが、その間違いを正していった。初めから何にも諦めない強い心持っていた。自分の思ったのとは違う道を生きる息子のことも肯定できた。
本作は“おとぎ話”でありますが、こうして考えてみると、実は普遍的な、我々の世界にある子育てにも当てはまることも描いています。
本作にある、そうした寓話的な“理想”や“価値観”に迎合できないと、どうしても批判的になってしまうのでしょう。

しかし、そのように否定したいという気持ちを持った場合であっても、その価値観は大切にしてほしいです。
なぜなら、細田守監督は前述したように、ある種の価値観を表現することが映画の命題だと思っている一方で、自分個人の問題意識をそのまま映画にするのではない、という信条で作品を作っているからです。

本作は、監督の理想の母親像を提示しているものの、問題意識や価値観を“押し付ける”ことは目的としていません。この映画で「それは違う」、「こうするべきだ」と観客それぞれが子育てや母親像の是非を考えられること、それも『おおかみこどもの雨と雪』という作品が持つ魅力であり、監督が掲げた映画の命題を果たしているとも取れるのですから。

(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

おまけその1:『バケモノの子』で細田守監督の意識は変化した?

細田守監督は、続く2015年のアニメ映画『バケモノの子』を生まれたきっかけについて「僕に息子が生まれたこと」であると語っています。『おおかみこどもの雨と雪』の着想も「身近な夫婦の母親がカッコよく見えたから、その憧れを映画にしたいという感じ」と語っているので、やはり監督の自身の経験からくる“憧れ(理想)”が、作品にとりかかる大きな原動力になっていることがわかります。

そして、『バケモノの子』について、監督は「子どもというのは親が育てているようでいて、実はあまりそうではなく、もっと沢山の人に育てられているのではないかなという気がするのです」と語っています。作中では、確かにこどもの接し方がダメダメな親の熊徹だけでなく、彼らの悪友が子育てに関わっっていたので、“こどもは沢山の人に育てられている”という実感を持つことができるようになっていましたね。

こうして細田守監督の周囲の変化が、作品に投影されているというのも面白いところです。『おおかみこどもの雨と雪』が“理想の母親”を描いた作品であれば、『バケモノの子』は“こどもが沢山の人に育てられている理想の世界”を提示しているとも取れます。そんな監督の作品作りの姿勢が、筆者は大好きなんです。

おまけその2:『ラ・ラ・ランド』と似ている?

余談中の余談ですがもう1つ、本作『おおかみこどもの雨と雪』の賛否両論ぶりは、ある意味では現在公開中の『ラ・ラ・ランド』にも似ているのではないでしょうか。

『ラ・ラ・ランド』の2人は夢に対して確固たる信念を持っているものの、明らかに勤務態度が悪かったり、自分が好きではないものを露骨に態度に出して嫌っていたりと、“排他的”なところがありました。しかも、“主人公2人だけの価値観”が(少なくとも序盤は)クローズアップしていることも、『おおかみこどもの雨と雪』とも似ています。

どちらも、“自分の価値観を知って欲しい!”という気概に溢れており、かつ“作家性がにじみ出ている”作品です。それもまた、賛否両論を呼ぶ理由なのでしょう。

しかし、そうした作家性が強い作品には、決まり切ったテンプレートで作られたような娯楽作にはない、“独自性”を感じます。そうした作品こそ歴史に残る名作となり、そして作品と価値観が一致した人にとっての“大切な映画”になるのでしょう。

■このライターの記事をもっと読みたい方は、こちら

(文:ヒナタカ)

おうちで映画の参考に「金曜映画ナビ」

関連記事

『バケモノの子』から紐解く細田守と宮崎駿を結ぶもの
細田守監督が語る映画作りへの思い…『バケモノの子』
『君の名は。』深すぎる「15」の盲点
日本映画のオリジナル率は、どうなっているんだろう?(前篇)
日本映画のオリジナル率は、どうなっているんだろう?(後篇)


    ライタープロフィール

    ヒナタカ

    ヒナタカ

    ヒナタカ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」運営中のフリーライター。All Aboutでも映画ガイドとして執筆中。なぜか中高生向けの恋愛映画もよく観ています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com