【徹底解説】『崖の上のポニョ』|なぜ両親を呼び捨て?トンネルの意味は?

(c) 2008 Studio Ghibli・NDHDMT

『崖の上のポニョ』。さかなの子のポニョのかわいらしさ、不思議な出来事の数々、大きな波と一緒に疾走する画など、アニメーション映画としての楽しさがいっぱいの本作には、「あれはどういうことだったの?」とモヤモヤしたり、「ひょっとすると、こういうことかも!」と想像が膨らむシーンもたくさんあります。

ここでは、そのモヤモヤをちょっとだけでも解消できるかもしれない、さらに作品を奥深く知ることができるポイントについて、解説してみます。

※以下からは『崖の上のポニョ』のネタバレに触れています。まだ映画を観たことがない、という方は鑑賞後に読むことをおすすめします。

1.なぜ宗介は両親を呼び捨てにしているの?

(c) 2008 Studio Ghibli・NDHDMT

多くの方が違和感を覚えるであろうことは、5歳の男の子の宗介が、両親を「リサ」「耕一」と呼び捨てにしていること。劇中では、そのことを疑問に思ったり、指摘する人はいません。

このことについて、鈴木敏夫プロデューサーは「(宮崎駿監督の設定としては)おそらく母であるリサがそう呼ぶように宗介を育てている」「(呼び捨てにさせるのは)家族間であっても、一個人として自立すべきだということの象徴なのだと思います」「もしかすると、今後の日本の家族のあり方なのかもしれない」と答えていました。

なるほど。両親を名前で呼び捨てにしたほうが、お父さんやお母さんという普遍的な立場への依存度が低くなり、子どもの自立を促しやすいのではないか、というのはわかる気もします(もちろん、両親を呼び捨てにするなんてとんでもない!と思う人のほうが多いでしょうが)。

筆者個人の見解ですが、宮崎駿作品では“名前を呼ぶ(呼ばれる)”こと自体にも、大きな意味があるのだと思います。例えば『千と千尋の神隠し』では主人公の千尋が名前を勝手に奪われてしまう恐ろしいシーンがありましたし、『崖の上のポニョ』のポニョは宗介に付けてもらったその名前をいたく気に入っていたようでした。その他の宮崎駿作品でも、登場人物が自分の名前や素性を話すシーンは特に重要なものとして描かれているようでした。

宗介が母親のリサを探しに行った先でクルマを見つけ、何度も何度も「リサ」と叫ぶシーンは痛切な印象を残します。5歳の男の子が、母親という肩書もない、ただただ大切に想う一個人を呼び続けるこのシーンのために、この両親を呼び捨てにするという設定があったのではないか、とも思えるのです。

ちなみに、『崖の上のポニョ』のBlu-rayには英語音声の北米版が収録されていますが、こちらでは宗介はリサを呼び捨てにせず、「Mom」または「Mommy」と呼んでいます。耕一という父親の名前も「Dad」に代えられていた箇所がありました。英語圏では友だち同士でなくともフランクに呼び捨てをするという印象がありますが、それでも親を名前だけで呼ぶというのは、ギョッとしてしまうところがあるのでしょうね。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com