自宅で身体がなまったら『ロッキー』シリーズでエクササイズ!

現在、コロナ・パニックの影響で、家の中での自粛を余儀なくされている方はさぞ多かろうと思われます。

それを受けてスポーツ界や芸能界など肉体派の人々が室内でできる体操やらエクササイズやらを動画にアップし、ネットやテレビで紹介されたりしています。

ただ、この手のものって身体を動かすことが好きな方ならともかく、自分からやってみようと思わない限りは、なかなか重い腰を上げる気分にならないのでは? とも個人的には思ったりしてしまいます。

ふと自分自身を振り返ると、高校時代に『ランニング』(79)というマイケル・ダグラス製作総指揮・主演のマラソン映画を見て感化され、以後1年ほど毎日ジョギング&筋トレしたりしていたものでした。

映画に触発されて運動する。映画ファンにとってこれが一番有効な手段ではないかな? とも思いまして……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街458》

まあ、そうなると一番熱く燃えることができるのは、やはり『ロッキー』シリーズですよね!

『ロッキー』でみんな
真似した生卵5個一気飲み!

『ロッキー』シリーズについて今更くどくど述べても仕方ないかなとは思いますが、一応基本的なことを記しておくと、無名のチンピラ4回戦ボクサーだったロッキー・バルモア(シルヴェスター・スタローン)がヘビー級チャンピオン、アポロ・クリード(カール・ウェザース)の気まぐれで対戦相手に選ばれ、恋人エイドリアン(タリア・シャイア)やそのぐうたらな兄ポーリー(バート・ヤング)、老トレーナーのミッキー(バージェス・メレディス)らの支えを得て大奮闘したことを機に(ここまでが第1作のストーリー)、やがては世界中からリスペクトされる存在にまでのしあがっていく姿を描いたもの。

現在までに全6作のシリーズが、加えて老いたロッキーがアポロの息子のトレーナーになって援護していく『クリード』シリーズ2作(こちらは今後も作られる可能性ありますね)が作られています。

まずは第49回アカデミー賞作品賞&監督賞&編集賞を受賞した記念すべき第1作目『ロッキー』(76)ですが、それまでロッキーさながら売れない俳優だったシルヴェスター・スタローンが書き上げたシナリオを基に、自らの主演で映画化したものです。

フィラデルフィアの寂れた下町で繰り広げられるロッキーとエイドリアンのぎこちない恋愛模様をはじめとする寂しくもヒューマニズムあふれる描写の数々と、一転してクライマックスの試合シーンの白熱は、今やだれも知らぬ者はいないといっても過言でないほどのビル・コンティ作曲のテーマ曲とともに大いに見る者の胸を熱く震えさせてくれました。

そのロッキーのトレーニングですが、早朝のジョギングなどは当然として(ただし彼の孤独を表す名シーンのひとつですね)、精肉工場の中に吊るされた冷凍生肉の塊をサンドバッグ代わりに叩いたり、また生卵を5個コップに入れて一気飲みするシーンは、当時の中高生男子の多くが真似しては気持ち悪くなってむせまくっていたことが思い返されます。

両足首にたるみ60センチの紐をくくりつけて、切れないように動いて打つミッキーの訓練法も、さりげなくもなるほどと唸らされるものがありました。右腕と左腕を交互に片手腕立て伏せするあたりも、こんなやり方があるのか! と驚かされたものでした。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com