まさにサプライズドライブ!『仮面ライダードライブ』愛を感じた『仮面ライダーブレン』

■オジンオズボーンオジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

またしてもやられました。

「平成ジェネレーションズFOREVER」でまったくの事前情報無しで、野上良太郎役の佐藤健さんが出演され、全国の映画館が震えたのは記憶に新しいですが、あの脳みそがブルっと震えて一瞬パニックになる感じをこんなに早くに再度体感できるとは。

そもそも2年前、ただのエイプリルフールネタだった仮面ライダーブレン。

今年のエイプリルフールでもツイートされ、2年前の天丼かと思ったらまさかのガチ情報。

そんなこんなで、平成最後の新仮面ライダーという特撮史に残るであろう作品として、4月28日に東映特撮ファンクラブで配信されたわけですが、これがふざけまくっててめちゃめちゃ面白い。

初代仮面ライダーの改造手術感のあるシーン、本編の『仮面ライダードライブ』ではベルトさんとして活躍したクリス・ペプラーさんをクリスタルペプラー博士として登場。

2話は、さらに胸を躍らせてくれます。

昭和感バリバリのアイキャッチ、ゴーストのサングラスラッシャーを色塗り替えて堂々と使用、さらにダークゴーストがそこに的確なツッコミを、挙げ句の果てには禁断の夢オチとやりたい放題。

そこへ、既に出演すると発表されていたハート様とメディックが登場し、ロイミュード幹部が三人揃ったのを見て、短い尺の中に見たいもの全部詰まってる満足感を噛みしめていると、急に見たことある赤の2本線の入った背中が目に飛び込んできました。

ん? まさかね。だってそんなニュースなかったし。でも似てるなー。あれか、ジオウのフォーゼ編の弦太郎パターンね。背中だけ見せるやつ。あれは横顔もそっくりやったなー。この剛は目元も似てるな。ん?ええぇぇぇええ???!!!

大袈裟ではなく本当にこんな感じ。

まさか稲葉友さんご本人が出てくるとは。

夜中に見てたんですが、一気に目が覚めました。

脳細胞がトップギアに入ってしまいました。

ひとっ走りどころか、百走りくらい付き合わせてください。

これぞまさにサプライズドライブ。

All we need is DRIVE!!

この一瞬パニックになる感じ、めちゃめちゃ好きです。

「平ジェネFOREVER」で佐藤健さんを見て驚いたときの、あの感じがまだ忘れられません。

期待してはいけないんでしょうが、かなり中毒性が強くまた味わいたくなっている自分もいて、「でも、そう簡単に味わえるもんじゃないよな」と思ってた矢先の今回のこのサプライズ、最高でした。

ありがとうございました。

そして、SNSの盛り上がり方もすごかった。

まずブレンが発表されたときに、「ドライブ」のキャストの方が次々に反応。

皆さんまだまだドライブ愛があるのを確認できて、ファンはみんな嬉しかったはず。

そして『仮面ライダーブレン』が配信開始されると、一気にトレンドワードに“ブレン”が。

その日は朝までお祭り騒ぎ。

しかし「平ジェネFOREVER」での学びから、配慮あるツイートをするTTFC会員の皆様。

興奮をありのまま綴りたいのを堪えてるのが、各ツイートからにじみ出ていました。

サプライズの裏には、徹底した情報統制を敷くスタッフさんの苦労があったに違いありません。

それもこれも僕たちファンのためにしてくださってること。

一生東映特撮を応援させていただきます。

(文:篠宮暁)

【オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会】
第103回:ただのベスト盤にあらず!「平成仮面ライダー20作品記念ベスト」の魅力を熱く語る
第102回:『RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』にまんまと魅せられる!忍者ヒーローの魅力を語る
第101回:『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』17年経ってもなお新鮮な「龍騎」のスピンオフ作品を考察

以前の記事はこちらから

【オジンオズボーン・篠宮暁の特撮辞典】も公開中!

関連記事

松岡広大と松島庄汰がベテラン俳優の極意を学ぶ!「ボスポリ」で共演する事務所の大先輩・東根作寿英を直撃
竹内涼真の魅力を堪能するなら『仮面ライダードライブ』は必見。影の立役者にも注目!
20年後、松岡充が東映の社長に!?笑いに満ちた「仮面ライダードライブ」&「手裏剣戦隊ニンニンジャー」舞台挨拶

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com