チェイスの登場に期待高まる『仮面ライダージオウ 』!剛の発言にも注目

■オジンオズボーンオジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

またやってくれましたね、東映さん。

次はチェイスですか。

さすがに毎週毎週驚かされてこっちも耐性が…全然つきません。

いくらでも驚いてしまいます。

ここ数週間続く怒涛のサプライズ。

予告を見る前に、今週は何が来るんだろうと一瞬息止めてしまうのが癖になりつつあります。

にしても、ブレンといい、剛といい、チェイスといい、『仮面ライダードライブ』勢が多いのは何かのフラグか。

おっと予想はここまで。

余計な予想はサプライズを自ら弱めてしまう可能性があります。

それどころかサプライズを期待しすぎて、それがなかった時にがっかりすらしてしまう恐れがあります。

なので、作品を100パーセント楽しむために、次の放送まで待つ一週間を楽しめるように、余計な推測はしないことを僕はオススメします。

詩島剛が戦う理由はなにか

そう、まさにシンゴウアックスの音声の如く、「マッテローヨ」からの「ミテイーヨ」を標語としようではありませんか。

といいつつ、予想を簡単に超えてくることが多いので、心配は全く必要ないんですが。

しかし予想するなと言っておいて早々に申し訳ありませんが、チェイスがどんな風に『仮面ライダージオウ』という作品に登場するのか期待せずにはいられません。

今これを書いてるのがチェイス登場回の3日前なので、全然違ってたらすみません。

これまでの流れを見ると、アナザーディケイドの力によって登場するのがセオリーかと思うんですが、TTFCで配信されてる『仮面ライダーブレン』の最後にサプライズで登場した剛の発言が、オーヴァークォーツァーで回収されてないんです。

会員しか見られないので、あれはあれでもう完結しているのか、はたまたそこが前フリとなった登場の仕方をチェイスがするのか。

予想はここまで。

本編を楽しみたいと思います。

真犯人を語るのはだれか

ちなみにチェイスの魅力の一つによくあげられるのは低音ボイス。

中性的な可愛い顔と、低い声とのギャップにやられた女性も多いんじゃないでしょうか。

作品の後半になるにつれてどんどん低い声になっていきました。

余談ですが、これとまったくの逆が『宇宙戦隊キュウレンジャー』のカジキイエローことスパーダ。

後半にいくにつれ、名乗りのキーがドンドン高くなっていきました。

要望に応えて、より濃度を濃くしていってくれるのを見られるだけで、ファン冥利に尽きます。

サプライズの話ばかりしてしまっていますが、当然本筋のソウゴ、ゲイツ、ツクヨミの展開にも毎週心躍らされていただいてます。

ここにきて、ソウゴの感情がむき出しになってることにグッときてしまう一方、まったくなる気配がなかったオーマジオウへの可能性もちらつき出し始めてハラハラしてますし、最初はソウゴに敵意むき出しだったゲイツの本音が、今やお前と新しい未来を一緒に作っていきたいとい言わせるまでになったシーンは涙無しでは見れませんでしたし、違う時間軸から来たというツクヨミを、スウォルツという存在を無視して助けられるのかも非常に気になるところです。

『仮面ライダーディケイド』とはまったく違った角度からのアプローチをしてきた、この「ジオウ」という平成最後のお祭り、最終回までじっくり楽しみましょう。

(文:篠宮暁)

第116回:オジンオズボーン・篠宮暁が『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』をまだまだ語る!
第115回:映画を観てから読んで!映画『仮面ライダージオウ』『騎士竜戦隊リュウソウジャー』を熱量100%で語る
【オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会】
第114回:予想してた人はいないかも?「ジオウ」出演の仮面ライダーアクアが登場した映画とその魅力を語る

以前の記事はこちらから

【オジンオズボーン・篠宮暁の特撮辞典】も公開中!

劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2019 テレビ朝日・東映 AG・東映

関連記事

『劇場版 仮面ライダージオウ』が問題作にして最高傑作である「3つ」の理由!
オジンオズボーン・篠宮暁が『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』をまだまだ語る!
映画を観てから読んで!映画『仮面ライダージオウ』『騎士竜戦隊リュウソウジャー』を熱量100%で語る
まさにサプライズドライブ!『仮面ライダードライブ』愛を感じた『仮面ライダーブレン』
竹内涼真の魅力を堪能するなら『仮面ライダードライブ』は必見。影の立役者にも注目!


    ライタープロフィール

    オジンオズボーン・ 篠宮暁

    オジンオズボーン・ 篠宮暁

    松竹芸能所属 オジンオズボーンのボケ担当。持ちギャグは1000個を超える。特撮が好きで、実際に特撮作品にも数本出演。半年に一回やる特撮のトークライブでは、特撮作品の出演者や監督を招いてトークを展開したりしている。

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com