『騎士竜戦隊リュウソウジャー』想定外の展開にショック!ナダロスが起こった理由とは?

スーパー戦隊シリーズ 騎士竜戦隊リュウソウジャー Blu-ray COLLECTION 1

■オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

「リュウソウジャー」ファンの皆さん、大丈夫ですか?

ナダロスにはなってませんでしょうか?

無理もありません。

僕も例外ではなく泣いてしまった一人です。

先に謝っておきます。

正直スーパー戦隊のことを結構知ってるんだぜ風で、のうのうと過ごしてましたが何にもわかってませんでした。

これではナメてたと言われても仕方ありません。冷や水を浴びせられた気分です。

まさかナダが死ぬとは。

ガイソーグを纏いながらも心を支配されなくなったナダの活躍がここから始まると思った矢先でした。

こんな死に方、見たことありません。

26話で初登場、新たなリュウソウ族、しかもレッドになりきれなかった男という肩書は、王子になれなかった『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のブライが個人的には頭によぎり、間違いなくドラマが面白くなる予感をさせました。

さらに『スーパー戦隊最強バトル』から引っ張ってきたガイソーグの正体がナダだと判明したときには、驚きと同時に待ってましたという期待感も感じ、ナダはええとこめっちゃ持ってくなー、いっそ根こそぎいってくれと思うようにまでなりました。

コウを後ろから斬りつけたときなんかは「おいおい、やめやめー! どんなけ好きな展開にしてくれんねん、ほんま人間くさいやっちゃでー、こら改心した後のメイン回とか楽しみやで」などと思ったり…。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com