わたさくロス対策!『隣の家族は青く見える』ゲイカップル渉&朔を演じた眞島秀和さん×北村匠海さんラスト対談

フジテレビ系にて、3月22日(木)に最終回が放送される『隣の家族は青く見える』。主演の深田恭子さんと松山ケンイチさんが演じる、妊活に励む五十嵐夫妻を中心に、コーポラティブハウスと呼ばれる集合住宅に暮らす4組の家族がそれぞれに抱える問題と向き合っていくドラマです。

今回、シネマズby松竹では、そんなコーポラティブハウスに同性カップルとして入居中の広瀬渉と青木朔を演じる、眞島秀和さんと北村匠海さんにお話を伺いました。

自身がゲイであることを隠していた渉。ゲイであることを大っぴらにはしないが隠す気はない朔。それぞれが抱える問題にひとずつ向き合って、本当の意味で心の距離を近づけていった2人。視聴者からの反応は絶大で、劇中にとどまらず2人を応援する声が視聴者から高く聞こえました。

そんな素敵なカップルを演じていた2人もついにクランクアップの日を迎えました。シネマズby松竹では、そのクランクアップ当日に対談を実施。渉&朔の「わたさくカップル」と呼ばれ、視聴者から愛された2人のラスト対談をお届けします。

<スケッチブックトーク>渉と朔の相性診断

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

質問の答えをそれぞれスケッチブックに書いてもらい、2人の答えが合うかどうかをテストする企画です! 3カ月の間カップルを演じた2人の答えは合うのでしょうか?

Q1:広瀬家での渉と朔のお気に入りの場所は?


A:2人「リビング」
眞島:劇中でも一番多く登場する場所だし、2人が一番くつろげる場所だから。
北村:大きなスクリーンがあるので、一緒に映画を見たりしてると思います。

Q2:渉は朔の○○に弱い!


A:
眞島「…だめ?」
北村「笑顔」
眞島:匠海くん、これ自分で書くの恥ずかしかったでしょ(笑)。
北村:そうだったらいいなという願いをこめて(笑)。

Q3:これまでの撮影で一番ドキドキしたのは?


A:2人「初めてのキスシーン」
眞島:やっぱりこれが一番印象的だったし、これがあったから(自分たちが)渉と朔になれた。
北村:空気感がとても自然で、これからの渉と朔を想像できました。

結果は3問中2問の答えが合致しました! なかなかフィーリングが合っているようです。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──視聴者からも大人気の渉と朔の「わたさく」カップル。番組自体の人気もけん引しているほどに感じました。

眞島秀和(以下、眞島):それ、本当なんですか? 僕はそういう風は全く感じられなくて(笑)。「わたさく人気すごいよ!」って言われるんですけど、最後まで実感がわかないままだったな~(笑)。でも、匠海くんは反響を感じてるんだよね?

北村匠海(以下、北村):街で声をかけられることも多くなりましたし、SNSだとありがたいことにインスタのフォロワー数が一気に増えたので…。

眞島:実感があってうらやましい(笑)。

北村:もっと街に出てみてください(笑)。街で歩いていると声をかけられますよ!

眞島:じゃあ、いっそ2人で街を歩いてみよう! そしたら、みんな気が付いてくれるだろうし(笑)。でも残念ながら今日でクランクアップになっちゃったね。本当にあっという間の3か月だったよね。

北村:こんなにあっという間に過ぎる3か月はないなというくらい。クランクインの日がついこの間だったような気もするし、振り返ってみると懐かしい気もして…。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──3か月間一緒に過ごされて、お互いの印象は変わりましたか?

眞島:そんなに変わりませんね。匠海くんに多面性がないとかそういうことではなくて、とっても素直で等身大の青年なので。実際には20歳も年が離れているし、世代としてのギャップはあって当然なんだけど、それをいい意味で感じさせない。

ふとした瞬間にとても大人びて成熟した一面も見せてくれたりするんです。とてもバランスがいいなと思います。その印象は出会った時から変わらないですね。

北村:僕もそうで、眞島さんも初日の撮影の時から印象は変わらず…。自然と引っ張って行ってくださって、2人の空気を作ってくれました。そのおかげで変に気負わずリラックスしてなんでも話せるようになりました。

──どんなお話をするんですか?

北村:プライベートのことから撮影のことまでわりとなんでも。

眞島:匠海くんが聴いてる音楽を教えてもらったり。僕のほうがそれにハマって聴きまくったり(笑)。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──明日(3月22日)が最終回の放送日です。わたさくファンにとっては、楽しみでもあり、「わたさくロス」が怖くて見られない気持ちもあるかもしれません。お2人も、今後「わたさくロス」になりそうでしょうか?

眞島:もうすでになってますよ(笑)! さっきもこの取材部屋に歩いてくる間に匠海くんと「もうこれが最後の取材か…」なんて話してて。ただ、世間が「わたさくロス」になるほどの人気があるという実感はないですよ! そこに関してはまだ懐疑的です(笑)。

北村:わたさくロスだけじゃなくて、「となかぞロス」でもありますね。続々と出演者の方々がオールアップしていくのを僕らは見送るわけなので。

眞島:やっぱりさみしいよね。僕ら2人は子供もいないし、ほかの家族よりも遅い時間の撮影になることが多いんです。それで、ドラマ全体のクランクアップも僕らのシーンになって。みんながクランクアップしていくことももちろんさみしいし、コーポラティブハウスのセットがどんどん壊されていくのを見るのが悲しくて。広瀬家のセットが壊されるのはつらいな~。

──3か月の撮影を振り返ってみて、一番思い出深いのは?

眞島:さっきの回答にも書いたけど、やっぱり初めてのキスシーンは印象深かったよね。

北村:僕もそうです。

眞島:あのシーンをすごくいい形で撮れたから、今後の2人の空気をうまく作っていける気がしたよね。

北村:こういう感じでやっていけばいいんだって思えました。

眞島:今振り返っても、やっぱり1話が一番印象に残ってる。朔と初めてバーで出会ったシーンとか特に…。

北村:「わたるんって呼んでいい?」って(笑)。

眞島:あれはずるい(笑)!

北村:グイグイ行ってましたね(笑)。朔は渉を見つけた瞬間に、もうハンターの目で(笑)。

眞島:でも、あれは落ちるよ! 渉のワイン自然に飲んじゃったりしてさ~。ずるい!

──先ほどの回答にもありましたが、渉は朔の「おねだり」に弱いですよね(笑)。

北村:朔はわかっててやってるんですよ。『わたるんは俺のコレ(お願い!)に弱い』って(笑)。

眞島:2人が恋人同士から家族に変わっていく過程で、ずいぶんと関係性も変わってきたけど、そこは一生変わらないだろうな(笑)。

──劇中では朔の上目遣いもよく出てきましたね。

北村:上目遣い…してましたか?

眞島:結構してたよ~!

北村:じゃあ無意識です(笑)。「とにかくかわいく見えるように」とは、心がけました。

眞島:まんまとやられてたよ(笑)。

──渉と朔は1話で出会ってから、すぐに1年後のシーンになってしまいました。その1年間を描いたスピンオフ制作を希望する声も高いようですが…。

眞島:そういうことは声を大にして、高らかに! ぜひ高らかに言ってください(笑)!

でも、これまでの劇中のシーンやせりふで空白期間を埋めるヒントが描かれていると思いますよ。朔が渉の家に押しかけて来るシーンで「俺はこの1年間すごくうまくいってると思ってた」と言っていましたよね。ということはその1年間は喧嘩もなく、うまくいっていたんです。

北村:きっとわたるんが朔を甘やかして、朔が甘えて…という生活だったと思います(笑)。

──はじめは甘えん坊で破天荒なところもあるキャラクターだった朔が、終盤ではずいぶんと印象が変わりましたね。

北村:徐々に変わっていったんだと思います。(高卒認定の)受験なども経て、「渉にふさわしい人間なる」と心に決めて…。

眞島:ひとりで渉の実家に行ったりするのも、その表れだよね。「大切な人の家族を壊したくない」って言ってたよね。

北村:渉のことが本当に好きだからこそ、その人の大事な家族を壊すことが一番怖かった。だから9話でも何度も渉のお母さんのところに会いに行って…。

眞島:すごくいいシーンで、感動したよ。ただ、一方その頃渉は…(笑)。

北村:危ない目にあってましたね(笑)。(橋本マナミさん演じる長谷部留美から迫られていた)

──渉と朔の生活はとても楽しそうですね。劇中でも服を交換したりしているようですが…。

北村:あれはたぶん、交換というか朔がやってるんですね(笑)。わたるんの服を着たがったり、おそろいのマグカップとかそろえたがる。でも、そういうところがかわいいと思います。

眞島:なんか「エターナルラブ」って書いてあるよね、あのマグカップ(笑)。

北村:「マイトレジャーイズエターナルラブ」って書いてあります(笑)。

眞島:2つ並べて置くと文字がつながるんだよね(笑)。

──ほかにお2人だから知る「わたさくあるある」は?

北村:パッと思い浮かぶのは、2人の書く字。それぞれの性格を象徴しているみたいで。渉の字はめちゃくちゃ達筆で、朔の字はめちゃくちゃ丸文字!

眞島:初めて見たとき「これ、どなたが書いてくれたんだろう」って思ったよね(笑)。すごくきれいに書いてくれて…。

北村:映像にはなかなか映らないような、細かい書類に書いてある字もちゃんと2人の性格を表す字で書かれています。それはほとんど僕らしか見られないからもったいない…。

眞島:逆に僕らもオンエア見て、「こんな風になってたんだ」っていうこともあるよね。例えば9話の2人のメッセージ交換とか。「渉も朔もレスポンス早っ!!」って。

北村:僕らは音声で入れてるだけだったので、映像で見てびっくり(笑)。

──渉のひとり暮らしの家に朔が押しかけ来て同棲がスタートしましたが、相変わらずシングルベッドのままですね。

北村:めちゃくちゃ狭いんですけど、買い替えないってことはあれでいいんでしょうね。

眞島:どうやって寝てるんだろうね(笑)。でも、あのままいくんでしょう! 9話の風呂のシーンもさすがに狭かったね(笑)。

北村:見てる以上に、男2人であの風呂に入るのはさすがに狭かったです(笑)。

──では、最後に最終回を楽しみにしているわたさくファンの方々に見どころを!

北村:家族になっていくというのはどういうことなのかが描かれています。渉と朔の恋心が愛情に変わり、家族になっていく…。9話までで、その過程が描かれてきましたが、最終話ではその結びつきがとても繊細に描かれています。ご覧になっていただくと、家族の温かさというものを心から感じてもらえると思います。

眞島:全部匠海くんに言われちゃったな(笑)。本当にその通りで…。血のつながりがなくても、家族になれるんだということ。赤の他人だろうと、同性同士だろうと、本当の心の結びつきがあれば家族になれる。それぞれの家族がどういう形で決着をつけるのか、楽しみに見ていただきたいです。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

対談中、はじめは控えめだった北村さんでしたが、大きな声でハキハキと北村さんに語り掛ける眞島さんに引っ張られるように積極的に発言するようになる姿が印象的でした。

そんな2人が演じる渉と朔がドラマで見られるのはあと1回!

ドラマ『隣の家族は青く見える』はフジテレビ系で、3月22日(木)22時より放送です! お見逃しなく!

ちなみにわたさく御用達のエターナルラブマグカップはフジテレビ e!ショップにて販売中!

これを並べておけば、3月23日以降のわたさくロスが緩和される…かも?

(写真:HITOMI KAMATA、文:NI+KITA)

■『隣の家族は青く見える』平山浩行さん×高橋メアリージュンさんの対談はこちらから

『隣の家族は青く見える』についての記事を読む

関連記事

『隣の家族は青く見える』子供を持たない選択をした事実婚カップル・平山浩行×高橋メアリージュン対談
『隣の家族は青く見える』のわたさくカップルも話題!北村匠海ってどんな人?
映画『君の膵臓を食べたい』ネタバレなし!演技が刺さる若手俳優4人を紹介
「あやしい彼女」北村匠海インタビュー、「大きな夢も小さな夢も、持ち続けることが大事」
『花は咲くか』渡邉剣×天野浩成「初めてのキスは塩サバの味」キャスト対談&相性診断


    ライタープロフィール

    NI+KITA

    NI+KITA

    映画好きのライターです。ジャンルは洋画邦画問わず、ロードショーもの、単館系、ホラー、恋愛、友情、アクション、ファンタジー、アニメ、何でも見ます! お気に入りの映画は『仮面の男』『モンド』『バーレスク』『パーマネントのばら』『飛ぶ教室』『鑑定士と顔のない依頼人』『パンズラビリンス』『女の子ものがたり』『イノセント・ガーデン』『母なる証明』『王の男』『私が、生きる肌』などなど…最近だと『五日物語』が面白かったです!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com