『トイ・ストーリー4』完結の“その先”を描けた「5つ」の理由

(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

本日2019年7月12日より、『トイ・ストーリー4』が公開されます。1作目『トイ・ストーリー』が公開された1995年(日本では1996年公開)から24年という時を経ての第4作となる本作は、現在IMDbでは8.3点、Rotten Tomatoesでは98%という驚異的な評価を獲得し、全米では2週連続No.1の大ヒットを記録しています。

最初に結論を申し上げておきましょう。この『トイ・ストーリー4』は、極限にまで完成度を高められた、その超高評価と大ヒットにも納得するしかない、新たなる大傑作であると!ディズニーおよびピクサーの恐るべき進化と飽くなき研鑽は、もう他の制作スタジオおよび作品には追いつけないのではないかと思うほど、もう「参りました」とひれ伏すしかないほどの、とんでもない領域に行き着いていたのです。

なお、『トイ・ストーリー4』は物語としては過去作から独立しているので、ここから観ても十分に楽しめるでしょう。しかし、可能であれば『トイ・ストーリー』から『トイ・ストーリー3』までの過去3作を、1度だけでも良いので全て観てから劇場に足を運んだほうが良いでしょう。その理由は「キャラクターに思い入れがあるほうが楽しめる」ということのみならず、「過去作で提示された様々な価値観に新たなるアンサーを投げかけている」内容でもあったからです(詳しくは後述します)。

以下からは、この『トイ・ストーリー4』がなぜここまでの作品に仕上がったのか、本編の明確なネタバレに触れない範囲で解説していきましょう。過去3作の内容には少しだけ触れていますので、そちらを観たことがないという方はご注意を!


    ライタープロフィール

    ヒナタカ

    ヒナタカ

    ヒナタカ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」運営中のフリーライター。All Aboutでも映画ガイドとして執筆中。なぜか中高生向けの恋愛映画もよく観ています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com