あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

“真のエヴァンゲリオン完結編”だった:BS1スペシャル「さようなら全てのエヴァンゲリオン~庵野秀明の1214日~」



新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言のために東京と京阪神地区の映画館が休館に追い込まれている中でも、粘りのある興行を保ち続け、興行収入80億円を突破した『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。

その生みの親である総監督の庵野秀明とエヴァンゲリオン制作の裏側に迫ったNHKのドキュメンタリーが2021年3月22日放映された「プロフェッショナル仕事の流儀 庵野秀明スペシャル」でした。

「この男に安易に手を出すべきではなかった」という衝撃的なナレーションで幕を開けたこのドキュメンタリーは、初めてエヴァンゲリオンの制作の場に密着カメラが入ったということと、そこにあった濃厚な舞台裏の人間ドラマ、赤裸々にエヴァンゲリオンやアニメ、自身の過去に語る庵野秀明の姿を切り取ったことで大きな反響を呼びました。

そして、2021年4月29日、NHKBS1にて追加映像と新たな編集を加えた100分の拡大版(「プロフェッショナル」は75分)「さようなら全てのエヴァンゲリオン~庵野秀明の1214日~」が放映されました。完全版とも言えるこのドキュメンタリーはエヴァンゲリオンの“真の完結編”とも言える内容のドキュメンタリーとなっていました。

[関連記事] 庵野秀明監督「プロフェッショナル 仕事の流儀」の言葉にならない衝撃ベスト5

[関連記事] 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』もっと面白くなる「5つ」のポイント解説

[関連記事] 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』レビュー:真の結末「ようやく腑に落ちた!」

「プロフェッショナル仕事の流儀 庵野秀明スペシャル」と何が違ったのか?



まず大きな、違いはナレーションが丸々カットされていることでしょう。ある意味ディレクターズカット版的な「さようなら全てのエヴァンゲリオン」は、「プロフェッショナル」を見ていることが前提の編集になっている部分もあり、説明的な描写が排除されています。

そんなこともあっていきなり「さようなら全てのエヴァンゲリオン」だけ見たら、ちょっと戸惑いを感じたかもしれません(プロフェッショナルは5月1日にアンコール放映予定)。

説明的な部分が削られたことで「プロフェッショナル」で語られたアニメーターとしての庵野秀明の経歴や、テレビシリーズの「新世紀エヴァンゲリオン」が当時の社会や若者に与えた影響についての説明は少なくなっています。 

その代わりに「さようなら全てのエヴァンゲリオン」では、庵野秀明の人間的な根っこの部分(片足を失った父親のこと)や“アニメ作家以前”“エヴァンゲリオン以前”の部分を深掘りし、それがどういった形で『シン・エヴァンゲリオン劇場版』へと結実したかが語られています。

学生時代に「宇宙戦艦ヤマト」に熱中したエピソードが掘り起こされた一方で、「プロフェッショナル」にあった手塚治虫とのエピソードが丸々カット。その上で「超時空要塞マクロス」の“板野サーカス”で知られる伝説的なアニメーター板野一郎の元で働いた時のことが板野自身へのインタビューで明らかになります。ここで板野は「庵野は物差しの長さが違う」と語っています。

アニメーターとして経歴についての説明は省略されている部分もありましたが、その一方で、「宇宙人が来た、頭がおかしい」と庵野秀明を表現した宮崎駿とのエピソードは分量が増えています。庵野がうつ病を患った時に、宮崎監督が『風立ちぬ』の主人公の声優に庵野を抜擢した時のことも描かれています。これは“1214日”以前の出来事になるかと思いますが、「さようなら全てのエヴァンゲリオン」ではわざわざ掘り起こしてきて追加しています。

学生時代の美術教師の「生半可な気持ちで描いていない」というインタビューや、故郷の宇部の棚田にたたずむ庵野秀明の姿、さらに庵野が現役の学生たちと語らうシーンでは「夢はあった方が良い、見つかるもの」だと語っている部分まで見ることができます。

さらに、サプライズとして伝説の自主製作映画版の『ウルトラマン』の映像をふんだんに取り込んで見せたりします。

俯瞰で全体を追ったメイキング映像といった趣のあった「プロフェッショナル仕事の流儀庵野秀明スペシャル」に対して「さようなら全てのエヴァンゲリオン~庵野秀明の1214日~」は庵野秀明を主人公にした物語のような作りになっていました。

そういった意味では「さようなら全てのエヴァンゲリオン」は『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を見た人間に向かって送られた、“真のエヴァンゲリオン完結編”として位置づけられるのではないかと思います。「さようなら全てのエヴァンゲリオン」の中で「ドキュメンタリーも編集が入った時点でフィクションになる」と庵野は語っていますが、まさにその通りの100分間になったと言えるでしょう。

NEXT|次ページ > 大きく変えようとしたアニメーションの作り方について

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録