痛いほど圧倒的な現代のリアル―映画『何者』予告解禁!音楽は中田ヤスタカ

何者 メイン

「桐島、部活やめるってよ」などで知られる朝井リョウによる同名ベストセラー小説を映画化する『何者』の劇中音楽ならびに主題歌を中田ヤスタカが担当することが明らかとなった。さらに主題歌を使用した予告映像も併せて解禁となった。

映画『何者』音楽を中田ヤスタカが担当

何者 場面カット

映画『何者』は、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した、朝井リョウによる同名ベストセラー小説を映画化する作品。就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生の姿を描く。

主人公の冷静分析系男子・拓人役を佐藤健が演じるほか、拓人がほのかな恋心を抱き続ける地道素直系女子・瑞月役を有村架純、偶然にも拓人の部屋の上に住んでいた意識高い系女子・理香役を二階堂ふみ、拓人のルームメイトの天真爛漫系男子・光太郎役を菅田将暉、理香と同棲している空想クリエイター系男子・隆良役を岡田将生、拓人が所属していた演劇サークルの先輩で5人を冷静に観察している達観系先輩男子・サワ先輩役を山田孝之と、世代を代表する若手実力派俳優陣が集結し、“恋愛・友情・就活・裏切り”という現代のリアルな青春物語を描く。

演劇界の若き鬼才・三浦大輔が監督・脚本をつとめ、“痛いほど圧倒的な現代のリアル”が詰まったこの問題作を、深みのある演出で描きだす。

何者 中田ヤスタカ 米津玄師

このたび本作の劇中音楽・主題歌を、幅広い世代から支持を集める音楽プロデューサー・DJの中田ヤスタカが担当することが明らかとなった。中田ヤスタカが劇中音楽を手掛けるのは『LIAR GAME』以来4年ぶりとなる。

主題歌は、作詞・ゲストボーカルとして米津玄師を迎える。米津玄師がゲストボーカルを務めるのは今回の楽曲が初めてのこと。『何者』で描かれている若者たちの葛藤や世代観を射抜く、米津玄師による等身大な歌詞と、中田ヤスタカによるダイナミックなダンストラックとの初コラボが実現となった。

今回の発表に併せて、全編に主題歌が流れる映画予告映像も公開。「青春が終わる。人生が始まる―」という象徴的なフレーズと共に、それぞれの青春から就職活動へ向かう姿が、中田ヤスタカ氏の音楽により彩られている。

映画『何者』は2016年10月15日(土)より、全国東宝系にてロードショー。

(C)2016映画「何者」製作委員会

関連記事

【特報映像】就活、友情、恋愛…彼らのリアル―映画『何者』
10代の全能感の謳歌、挫折、そして再生…映画『溺れるナイフ』
衝撃スクープの裏テクも―福山雅治主演『SCOOP!』予告解禁
内村光良&知念侑李W主演『金メダル男』主題歌を桑田佳祐が書き下ろし!
大胆な美変身もチラ見せ―西内まりや主演キューティーハニー予告映像

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 葦見川和哉
    • 斉藤守彦
    • 田下愛
    • 井上大輔
    • 奥野 大児
    • 東京散歩ぽ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo