加藤シゲアキ、カメオ出演を暴露!映画『ピンクとグレー』SP初日舞台挨拶

ピンクとグレー 行定勲監督

昨日2016年1月9日に初日を迎えた映画『ピンクとグレー』。公開初日の舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ新宿で行われたが、その後夕方にTOHOシネマズ渋谷にて、スペシャル初日舞台挨拶と題して、行定勲監督と加藤シゲアキ氏による舞台挨拶が行われた。

映画『ピンクとグレー』加藤シゲアキがカメオ出演を明かす

映画『ピンクとグレー』は、芸能界の嘘とリアルをNEWSで活動するNEWSで現役アイドルとしても活動する加藤シゲアキ氏が描いた問題作を、本作が初主演となるHey! Say! JUMP・中島裕翔を迎え『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が映画化した作品。

公開初日となった1月9日の夕方に、映画の舞台の1つとなっている東京渋谷にあるTOHOシネマズ渋谷にて、スペシャル初日舞台挨拶が行われ、行定勲監督と原作者の加藤シゲアキ氏が登壇した。

満員御礼の会場の中「本作の原作者をつとめます、加藤シゲアキです」という挨拶からスタートした本イベント。5年前の原作執筆、そして昨年1月の撮影と長い年月を経て、ようやく公開初日である本日を迎えたことに両名とも感慨深い様子のイベントレポートを、そのままにお届けする。

映画『ピンクとグレー』スペシャル初日舞台挨拶 書き起しレポ

ピンクとグレイ
映画『ピンクとグレー』より

加藤:
本作の原作者をつとめます、加藤シゲアキです。映画ならではの魅力があったと思うんですが、みなさんご覧になっていかがでしたか?何回見てもらってもかまわないので、是非1人5回は見てください(笑)どうぞよろしくお願いいたします。

監督:
監督の行定勲です。こうやって原作者の方とトークショーをするというのはなかなか無いのですが、どうなることやら(笑)しかし、初日満員というのは久々に見ました。たくさん劇場に詰めかけて頂いているようで本当に嬉しいです。ありがとうございます。

MC:いよいよ公開初日を迎えての感想は?

加藤:
最初は公開初日という実感はなくて、今日も実はここに来る前に渋谷で別の映画を見ていたんですが(笑)渋谷の書店や駅に「ピンクとグレー」がすごく多くて、おお、本当に始まったんだなと思いました。この小説を書いたのは5年前なんですが、1人で暗い部屋で暗い話を書いてて、あーこれどうなるんだろうな、なんて思っていたんですが、そこから、今こんなに明るい場所に立たせて頂いている事が本当に嬉しいです。やっとこの日を迎えて安心しました。

監督:
僕はいわゆる原作付きの映画をやることは多いのですが、「ピンクとグレー」というのはものすごく映画的な小説だと思っていました。加藤くんに本人からも映画の影響を受けてるという話も聞いたんだけど、文体にそれがにじみでてる。そこがスゴイ。そんな映画的な、素晴らしい小説をそのままなぞっても予想通りになるだけだから、僕は更に映画的に裏切るような仕掛けを作りました。小説を読んでる人もなるほどね、と思ってもらえると思う。この原作に出会えたおかげで、こんな風に冒険させてもらえて、寛容に見守ってくれた原作者である加藤君には感謝です。

MC:映画の中で一番好きなシーンは?

監督:
(中島が演じる)彼が、週刊誌にスキャンダルを掲載されて、恋人に問いつめられた時にわざとらしく「ふぁあ?」ととぼけた後に怒り出すところ。あの役の人間としての小ささが凄く良く出てるよね(笑)あの裕翔の演技はすごく好きであの裕翔は何回観てもいいなあーって。いいよねえ、浮気を問いつめられて、しらを切って逆ギレって、小さくて(笑)でも許してあげてね(笑)

ピンクとグレイ
映画『ピンクとグレー』より

加藤:
たしかに(笑)僕だったらもうちょっとドーンとしてるかも。「に、似てる人じゃない?」みたいな(笑)
僕はラストシーンが一番好きです。(映画と小説は)描いているテーマが違うとおもったんですね。小説は小説、映画は映画でそれぞれ描いているテーマがあると思うんですが、小説はなんというか屈折した友情というか、愛でも恋でもない関係性がテーマかなと思うんですが、映画はその先の訣別まで描いていて、「あ、そういう風になっていくのかもな」と思って、それがすごく発見でした。

MC:もし自分が演じるとしたらどの役がやりたかったですか?

加藤:
難しいなー。本編を見る前だったら主役がやりたかったかも。でも裕翔がすごく良かったから。あと、あの役は大変そうな濡れ場があるからなあ(笑)裕翔と夏帆ちゃんと話す機会があったんだけど、その時に「アクションシーンみたいだった」って言っていて(笑)(撮影する上での)制約とかも凄くあるんですよね。

監督:
俺?考えたことなかったな。うーん、菅田の役かな。ボコボコに殴られながら笑ってる役っていいよね。やってて気持ちよさそう。

ピンクとグレイ
映画『ピンクとグレー』より

MC:公開までは伏せられていたんですが、加藤さんはカメオ出演されているそうですね!どういった経緯でこの出演が決定したんですか?
※カメオ出演→特別出演と友情出演の違いとは。カメオ出演って知っていますか?

加藤:
行定監督とご飯をご一緒した時に冗談半分で「出してくださいよ!」って言っていたら、本当に実現してくれた、という感じですね。あんなにピントをあてなくても良かったんですが(笑)もともと、どこかで撮影現場にはご挨拶に行きたいと思っていて、その時にじゃあ、という話になって。夕方から現場に行って夜8時ぐらいには帰るつもりだったんだけど、その日すっごい現場が押して夜12時ぐらいまでかかったんです。僕はあくまでエキストラなんで、すみっこでじっと待ってました(笑)本当にふらーっと現場にいったので服も私服だし。

監督:他の役で出てもらう案もあったんだけどなかなか難しくて。でもあのシーンは面白いシーンだと思うよ。

もともと、映画化の企画が持ち上がる以前より親交があったという2人は、気心が知れた様子で、トークは終始和気あいあいと進行しました。また、詰めかけた観客へ質問したい事はありますか?と声をかけ、その場でファンからの問いかけに応える一幕も。サービス精神旺盛な2人に場内は大きな盛り上がりを見せ、笑いと拍手に包まれるなか、イベントは幕を閉じた。

映画『ピンクとグレー』は、大ヒット公開中。

(C)2016「ピンクとグレー」製作委員会

関連リンク

特別出演と友情出演の違いとは。カメオ出演って知っていますか?
【詳細レポ】中島裕翔から殴られて鼻血が…映画『ピンクとグレー』公開初日
映画『ピンクとグレー』完成披露で菅田将暉が中島裕翔に「かわいい」連呼!
中島裕翔:持ってるのが拷問―映画『ピンクとグレー』先行上映舞台挨拶

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • グアリーニ・ レティツィア
    • とみだ嬢
    • 藤井隆史
    • 斉藤守彦
    • 内田俊太郎
    • 大場ミミコ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo