あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

芥川賞受賞作家・羽田圭介はセガールマニアだった!ムービープラス「セガール川柳コンテスト」記者発表会



01ー02


 

今年、開局26年を迎えたCS映画専門チャンネル「ムービープラス」。
話題のハリウッド超大作やシリーズ一挙放送、不朽名作から新作映画情報まで、こだわりのコンテンツが盛り沢山。

そんなムービープラスが2016年元旦にお届けする特別編成が、スティーヴン・セガール12連発。

いつ放送しても高視聴率を記録し、映画ファンから絶大な人気を誇るセガール作品の中から、12作品をセレクト。
そのタイトルどおり、朝から晩までスティーヴン・セガール一色!
テレビ初放送となる『沈黙の制裁』をはじめとする「沈黙」シリーズ10作品はもちろん、『アウ ト・フォー・ジャスティス』といったちょっと懐かしい作品まで、スティーヴン・セガール主演映画12作品を連続オンエア。

そんな特別編成「セガール12連発」をもっともっと楽しもう!というコトで、2015年12月15日から2016年1月11日まで「セガール川柳コンテスト」を開催。
天下の最強オヤジ、スティーヴン・セガールをテーマに5・7・5の川柳を大募集!
審査員には今年度芥川賞を受賞した作家の羽田圭介さんと、長年セガールの吹き替えを務めている大塚明夫さんが決定。
入賞者には豪華賞品がプレゼントされるというユニークな「セガール川柳コンテスト」、その記者発表会に羽田圭介さんがゲスト登壇。
私、八雲ふみねが司会を務めさせていただきました。

 

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 2015年の顔、羽田圭介がセガール映画を語る!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録