あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-02-04

「コンテンツって究極、ビジネスモデルが作る」|『映画 えんとつ町のプペル』西野亮廣インタビュー



『映画 えんとつ町のプペル』が2021年12月25日に公開され、2021年1月19日現在も興行収入ランキング3位と大ヒット上映中。そんな中、cinemas PLUSでは俳優のテット・ワダが西野亮廣さんへインタビューを敢行。映画の話から未来の話まで幅広く話を聞いてみました。

インタビュー映像

映像(※下記のインタビューと内容は同じです)

インタビュー文

導入:公開されてみて


インタビュアー(以下、テット・ワダ)

みなさんこんにちは。本日は西野亮廣さんをインタビューさせていただきます。

西野亮廣
はい!頑張ります!お願いします!

テット・ワダ
僕はテット・ワダと申します。1991年から20年間アメリカに住んでいまして、その後台湾に3年間。日本に帰ってきて、まだ5-6年なんです。仕事の仕方とか、アメリカと違う部分があって葛藤していた時期があったんですけど、西野さんの『えんとつ町のプペル』を観て、まっすぐでいいんだなって。間違ってないんだなと勇気と元気をいただきました。


西野亮廣
嬉しい!ありがとうございます!

テット・ワダ
実は2回観ました。

西野亮廣
ええ!嬉しい!

テット・ワダ
観れば観るほどですね。ディープで、また観に行こうかなと思っています。

西野亮廣
嬉しい!ありがとうございます!

テット・ワダ
クリスマスの12月25日に公開されまして今日(インタビュー日)で3週間ですね。感想というか、今感じていることは?

西野亮廣
評判が良いので一安心っていうのと、まだまだこれからだなっていう感じですね。

テット・ワダ
評判が本当に凄く良いじゃないですか。その中で西野さんが感想を読んでハッとされるような、意外なことだったり、思っていたのと違うっていうのはありましたか?

西野亮廣
思ってた以上にリピーターの方が多かったのが意外でした。自分自身が、映画を何回も観に行くっていうことをしないものですから。でも、今言って頂いたように「もう1回行く」みたいなことを結構みんな言ってくださっていますね。

作り手としての下心としては、リピーターがいたらいいなっていう気持ちはあったんですよ。でも、そんなにいないだろうなって思ってたんですけども、10回観に行ってる人とか本当に沢山いらっしゃって。そういう類の映画になってるんだなって。

NEXT|次ページ > バッシングの嵐について

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録