あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』レビュー | 「前作以上」な5つのポイントで徹底比較!!



『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』画像ギャラリーへ

岡田准一演じる伝説の殺し屋“ファブル”が2年ぶりにスクリーンに還ってきます。

岡田准一を始め木村文乃、佐藤浩市、佐藤二朗、宮川大輔、井之脇海、安田顕、山本美月と言ったレギュラーメンバーも続投し、新たな“プロの普通の生活”の日々が描かれます。

>>>【関連記事】<岡田准一の魅力>を武道家が解説!「戦闘から溢れる色気」

>>>【関連記事】平手友梨奈、絶対に無視できないその魅力

>>>【関連記事】安藤政信『ザ・ファブル2』的魅力:一番の萌えキャラ?

前作『ザ・ファブル』とは?



どんな相手でも6秒以内に殺す“ファブル”=寓話と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、伝説の存在として恐れられ、その存在の有無すら訝しがられるほど。

そんな“ファブル”を育て上げたボス(佐藤浩市)はあまりにもハイペースで仕事をし続ける“ファブル”の姿を見て、「1年間、一般人として普通に暮らせ、休業中に誰かを殺したら俺がお前を殺す」と命じます。

佐藤アキラという偽名を使い相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹として大阪に渡った“ファブル”はプロの普通の生活を始めることに。

一方、“ファブル”を預かった大阪の海老原(安田顕)率いる真黒カンパニーでは出所してきたばかりの狂暴な小島(柳楽優弥)と現幹部の砂川(向井理)の間で確執が生まれ、また“ファブル”を伝説のレアキャラのように追い続ける殺し屋フード(福士蒼汰)が確実に“ファブル”=アキラのもとに近づいていました。

やがて、佐藤アキラとして勤め始めたバイト先のミサキ(山本美月)が小島のターゲットになったことから“ファブル”=アキラは“誰も殺さない”方法でミサキを救い、普通の生活を守ることになります…。



『ザ・ファブル』では“ファブル”が伝説の殺し屋としてボスに育て上げられる部分から描かれ、真黒カンパニーの内紛劇や、“ファブル”を追いかける殺し屋コンビなどが絡みあい、最初から最後まで密度と熱量の濃い映画に仕上がっていました。

監督は多くのCMなどを手掛けた江口カン、アクション監督に『ボーン・アイデンティティー』、『96時間』シリーズのアラン・フィグラルズが招聘され、主題歌にレディー・ガガの「ボーン・ディス・ウェイ」が起用されるなど邦画の枠組みを超えた映画でした。
ちなみに、岡田准一はアランと共にファイトコレオグラファーを務め、アクション設計も担当しています。

そして、2年の月日を経て“ファブル”『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』公開



監督の江口カンは続投、アクション監督には海外での経験も豊富で『東京喰種』シリーズなどを手掛けた横山誠が参加。岡田准一はファイトコレオグラファーとして作品全体のアクション設計を指導する立場になっています。

岡田准一がアクションというものに大きく舵を切ったのは2005年の『フライ、ダディ、フライ』の頃からでしょう。その後『SP』シリーズ、『図書館戦争』シリーズといったアクションを前面に押し出した作品で主演を張り、近年の『散り椿』や『燃えよ剣』と言った時代劇でも殺陣設計に関わるなどしています。

今回は木村文乃や安藤政信の他のキャストのアクション設計も積極的に行いました。

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』にはこれまでも岡田准一と共演経験の多い堤真一がクセモノの悪役の宇津帆として登場。堤は実際にはバリバリに動ける人ですが、今回はアクションは極力封印して演技で岡田准一とぶつかり合います。

宇津帆の右腕となる殺し屋の鈴木に安藤政信、そして過去に“ファブル”と因縁のあるヒナコに平手友梨奈がキャスティングされました。
平手友梨奈は今年に入ってから映画『さんかく窓の外側は夜』、ドラマ「ドラゴン桜」と話題作への出演が続いていますね。

新型コロナウィルス感染拡大の影響で公開延期が続いたことで『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は結果として2021年6月18日から公開されることになりました。

前作『ザ・ファブル』が2019年6月21日公開だったので丸2年が経ってしまいました。
今回の主題歌はレディー・ガガとアリアナ・グランデの「レイン・オン・ミー」という豪華仕様です。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 徹底比較!!『ザ・ファブル』VS『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会