あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

平手友梨奈、絶対に無視できないその魅力:「ドラゴン桜」で再び脚光!女優としての活動を振り返る



2021年6月2日に映画『さんかく窓の外側は夜』のDVDレンタル&配信が開始した。本作で呪いを操る女子高生の非浦英莉可を演じているのが、現在絶賛放送中のドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)、映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』と話題作への出演が相次いでいる平手友梨奈だ。

昨年にソロ活動を始動してからというもの、ソロ曲「ダンスの理由」でソロアーティストデビューやいくつものバラエティへの出演など、アイドルとして活動していたとき以上に表立った活動が増えてきている印象があり、女優のみならず多方面での活躍が期待されている。

そこで今回は目覚ましい活躍を遂げ、女優としても着実に進化を続けている平手友梨奈のキャリアについて振り返っていきたい。

[関連記事]「ドラゴン桜」全話感想集(毎話更新)

[関連記事]  鈴鹿央士、異次元級の存在感と魅力

[関連記事] 南沙良、誰しもが無視できないその魅力

[関連記事] 志田彩良、凛々しさと優しさ溢れるその魅力

[関連記事] 細田佳央太の恐ろしい演技力

「徳山大五郎を誰が殺したか?」「残酷な観客達」欅坂46として歩んだ女優のキャリア



2015年に欅坂46の1期生としてアイドルのキャリアを歩み始めた平手。2016年4月6日にリリースされた1stシングル「サイレントマジョリティー」から全シングルでセンター表題曲を務め、絶対的センターとして多くのファンを魅了してきた。



そんな平手の初のドラマ出演となったのは欅坂46主演のドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」(テレビ東京系)だった。

アイドルグループ主演ドラマはAKB48では「マジすか学園」、乃木坂46も「初森ベマーズ」(それぞれテレビ東京系)と企画モノとしての傾向が強かった。

しかし、欅坂46が挑んだ「徳山大五郎を誰が殺したか?」はミステリーに加えてコメディ的な要素も多分に含まれ、思春期の葛藤を描きながら過去に類を見ない完成度の高さを誇り、アイドルドラマとしては申し分ない出来だったといえるだろう。

また、その意味で欅坂46のファンに向けられた作品であると同時にグループを知らない人に向けられた入門的な役割を果たすことにもなった。


(c)「徳山大五郎を誰が殺したか?」製作委員会

本作では一応全員主演ということになっているが、物語の構成の中では平手を中心に展開している。初のドラマ出演ということで多少の拙さやあどけなさが出てくるのかと思いきや、アイドルとして示した佇まいそのままに第1話からポテンシャルの高さを見せ、回を重ねるごとに役者として開花していった。周囲に影響されず冷静沈着に推理を進めていく様は平手が作品を率いていける存在であることを証明しており、まさしく主役としての存在感を発揮していた。



続いて2017年にもドラマ「残酷な観客達」(日本テレビ系)に欅坂46のメンバーとして出演。

本作では本名ではなく初めて役名として出演し、平手は葉山ゆずき役としてまたもや主人公のポジションが与えられている。「残酷な観客達」は前作に引き続きミステリードラマとして描かれた。見られるものと見るものという二項対立を描き出した社会風刺的な作品性をもっており、メッセージとしては欅坂46的な要素を孕んだ作品だった。

一方でユニークな台詞が飛び交っており、平手も「うっせー、ファック」を殊更に言い放ったり、ポイントを獲得するため可愛らしい台詞にも挑戦したりと、様々な表情を覗かせていた。

この2作はアイドルグループのためのドラマであり、当然ながらアイドルファンしか見ていないという状況も大いにある。アイドルとしては圧倒的な表現力で魅了していた平手が、女優として飛躍を遂げるきっかけとなったのが初主演となった映画『響-HIBIKI-』だった。

NEXT|次ページ > 『響-HIBIKI-』の出演が女優としての転機に

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録