あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

【徹底考察】「コントが始まる」、高岩兄弟・美濃輪姉弟・中浜姉妹、それぞれの関係性



2021年4月期土曜ドラマ「コントが始まる」が最終回を迎えた。菅田将暉・神木隆之介・仲野太賀・有村架純など花の98年組をメインキャストに、若者たちの青春群像を捉えた物語。お笑いトリオ・マクベスのコントを軸に展開される物語に、毎回心を動かされた方も多いのではないだろうか。

マクベスの結成から解散に至るまでの過程を見ながら、筆者が感じたのは「夢を追うために支えとなる存在=兄弟(姉妹)」という関係性だった。高岩兄弟、美濃輪姉弟、中浜姉妹それぞれの構図を見ていこう。

春斗にとっての兄・俊春は「投影」



若者たちの青春群像を描くとともに、このドラマで浮かび上がってくるのは「兄弟(姉妹)」の存在だ。春斗にとっての兄、潤平にとっての姉、そして里穂子にとっての妹・つむぎ。それぞれがそれぞれの夢を追うために、兄弟の存在は必要不可欠だったのではないか。

春斗の兄・俊春は、学生時代から勉強もスポーツもできたエリートだった。華々しく大手企業に就職し、妻も子供もいて人生順風満帆だったが、ある日マルチ商法にハマってしまい雲行きが怪しくなる。

水を売り歩くマルチ商法から逃げられなくなっていくにつれ、妻も子供も去っていき、友人も疎遠になり、職も失った。やがて実家に引きこもるようになった時にはもう、手に入れたすべてが霧散している状態だった。

春斗にとって、兄・俊春はどういう存在だったのか。春斗は高校卒業後、就職せずにお笑い芸人として活動を始めた。最初はフリーで、やがて事務所に所属するようになるも、決して活動は順風満帆とは言えない。そんな中で、大手企業でバリバリ仕事をする兄は眩しい存在としていつも春斗の心にあったことだろう。

それなのに、マルチ商法によっていとも簡単に”落ちていく”兄を見るのは、複雑だったのではないか。輝かしい場所から暗く淀んだ場所へと転落していく兄。春斗とは違う世界で、自分には真似できない生活をしていると思っていた俊春が、また異なる次元へ行ってしまった戸惑いと寂しさ。

春斗は、自分の姿を兄に投影していたのではないか。

自分のやりたいことをやり、望む成果を得ていた兄。春斗はといえば、決して理想的な結果とは言えないけれど「やりたいことを思う存分やっている」状況は兄と共通していた。そんな兄が、落ちていく。自分の知らない場所へ、行ってしまう。マクベスを解散し、なんの知識もなく、目立った技術も持たない自分が行く場所も、暗く淀んでいるのではないかと”投影”してしまったのではないだろうか。

その後、兄・俊春は無事に立ち直り、印刷会社へ就職を決める。以前のように華々しい大手企業ではないけれど、あらためて生活を組みなおしながら必要なものを取捨選択していくには、ちょうどいいステージなのではないか。春斗もそんな兄を祝福しながら、心のどこかで「自分がマクベスを解散することを決めたから、兄も急いで就職先を決めたのでは?」と思案する。

春斗にとっての夢は「マクベスとして成功すること」ーーつまり売れることだった。世間に認知されるために日々ネタを考え、地道にライブ活動をしてきた。そのモチベーションの原動力のひとつとなっていたのは、間違いなく兄の存在だ。

兄に自分の活動を見てもらうこと、兄に応援してもらうこと、兄に認めてもらうこと。たとえ以前のような兄の姿ではなくなっていたとしても、自分の「芸人として独り立ちする」夢を叶えるために奔走する姿は、きっと兄のためにもなると信じていた春斗。兄に自分の姿を投影しながらも、心のどこかで「自分を見ることで奮起して欲しい」とも願っていたはずなのだ。

兄に自分の姿を投影することで、夢を最後まで走り切ることができた。こういった夢への向き合い方もあるのだと、高岩兄弟を見ていて思ったのだった。

最終回では、解散ライブ前に差し入れに来た兄・俊春の姿が描かれる。差し入れの内容は、ペットボトルの水。自らの過去を汚点とすることなく、ある意味「ネタ」として昇華することができたのだ。ウィットの富んだ応援の仕方だ。

NEXT|次ページ > 潤平にとっての姉・弓子は「承認」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録