あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

平手友梨奈『ファブル2』「ドラゴン桜」で見せた「拡張型」女優の魅力



『ザ・ファブル2』平手友梨奈 画像ギャラリーへ

【関連記事】平手友梨奈、「ドラゴン桜」絶対に無視できないその魅力

【関連記事】 『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』レビュー | 「前作以上」な5つのポイント

【関連記事】岡田准一『ファブル2』的魅力:アクション&コレオグラファーで大活躍!

【関連記事】 堤真一『ザ・ファブル2』のクズ役にハマる!ヤバい演技でイメージが変わってしまう

【関連記事】 木村文乃『ザ・ファブル2』での魅力:キュートで強くてちょいエロ、ヨウコの魅力!

【関連記事】 安藤政信『ザ・ファブル2』的魅力:一番の萌えキャラ?人情味あふれる殺し屋・鈴木

現在公開中の『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』で難しい役どころを演じている平手友梨奈。敵・ウツボ(堤真一)が雇う車いすの少女・ヒナコを演じている。過去にファブルが助けたものの、その際にケガをして車いすとなっていた(ファブルは覆面をしていたため、顔は見ていない)。ファブルとヒナコがひょんなことから再会し、物語は動いていく。

ヒナコ、何といっても目が強い。これは平手友梨奈に関して100万回は言われていることだと思うが、それでも言わずにはいられないほど改めて印象に残ってしまった。予告にもある過去のシーンでは涙を流して見開いた目が、再会後は車いすとなりながらも、目的のために前向きに努力する真剣な表情に惹かれる。またストーリーに深く関わるので詳しく言えないが、物語の終盤にも彼女の表情が際立つシーンがある。



また本作では堤真一演じるウツボとの関係性がひとつのカギとなってくるが、作中の中でどんどん明かされていき、驚きの連続でもある。ストーリーの進行に従ったヒナコの心境の変化にも注目してほしい。

平手は先日最終回を迎えたドラマ「ドラゴン桜」でも、東大専科で勉強する一人・岩崎楓を演じていた。全国で戦うバドミントンの選手として活躍していたがケガをし、桜木(阿部寛)との関わりをきっかけに東大を目指す。バドミントンの夢も諦めず、バドミントンのために東大を学びたい。強い意志を持った楓は、劇中で他の生徒がやる気をなくす場面でも、前向きに取り組んだり周りを勇気づけたりするシーンが多かったように思う。



これは個人的な感想だが、平手友梨奈はそれぞれの役をもちろん演じているし、それぞれの役の中に平手友梨奈を感じる。といっても「どの役も同じに見える」という意味では決してない。役によって全く違う人のようになる人を「憑依型俳優」と呼んだりするが、平手はそれぞれの役の中に自分に近い部分を見つけ、拡張して演じることができる「拡張型俳優」なのではないかなと思った。

思えば、彼女が欅坂46時代に歌い、踊って来た楽曲にもそんなところがあった。それぞれの曲の主人公の歌を歌っているが、一方で平手友梨奈の歌のようにも感じたのは、彼女が歌の主人公と自分の共通点を拡張して表現できる人だったからなのかもしれない。活動の中で培われていった部分ももちろんあると思うが、元から持っているものもあると思う。本当に観ていて飽きない人だ。



女優としての平手友梨奈のこれからも楽しみだし、歌やダンスでの表現もまだまだ見たい。ひとつの肩書きやカテゴリにとらわれない、「表現者・平手友梨奈」をずっと見ていたい。

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』、平手友梨奈の演技が気になっている人は、迷わず劇場で観るべきだ。

(文:ぐみ)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会