あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

北村匠海の無視できない魅力:「Night Doctor」「にじいろカルテ」で魅せる医療従事者の表情


「Night Doctor」より  (C)フジテレビ

[関連記事] 「Night Doctor」第1話レビュー:「医者の世界にも働き方改革を!」(※ストーリーネタバレあり)

[関連記事]「Night Doctor」第2話レビュー:普通とは、何か?(※ストーリーネタバレあり)
 
[関連記事]「にじいろカルテ」全9話のあらすじ&感想


映画、ドラマ、バラエティ、CM、そして歌手としても活躍する俳優・北村匠海。恋愛ものからコメディまでジャンル問わず出演し、主役から脇役までカバーする演技力を持っている。

出世作となった『君の膵臓を食べたい』(17)から始まり、『君は月夜に光り輝く』(19)や『思い、思われ、ふり、ふられ』(20)など多数の恋愛映画で主役を務めた。かと思えば『とんかつDJアゲ太郎』(20)などのコメディで演技の幅をアピールし、『さくら』(20)『砕け散るところを見せてあげる』(21)など思わず世界観に没頭してしまう作品で存在感を発揮している。

そんな北村匠海、映画界だけではなくドラマ界でも様々な表情を魅せている。本記事で注目したいのは2021年1月〜3月で放送されていた木曜ドラマ「にじいろカルテ」と、2021年6月から放送されている月9「Night Doctor」それぞれで演じている医療従事者としての顔だ。

「にじいろカルテ」特徴的な髪型が印象に残る、脱普通を目指す看護師を熱演


「にじいろカルテ」より  (C)テレビ朝日

2021年1月〜3月放送の木曜ドラマ「にじいろカルテ」。村にひとつだけの診療所「虹ノ村診療所」に務める看護師・蒼山太陽を演じた北村匠海は、なんといってもその特徴的な髪型が印象に残る。前髪ぱっつんの、いわゆる「おぼっちゃまカット」だ。そんな髪型でもちゃんと格好良さ&可愛さが保持されているところがすごい

主人公である紅野真空(演:高畑充希)の赴任先として描かれる虹ノ村、そして虹ノ村診療所には、たくさんの個性的な仲間がいる。井浦新演じる医師・浅黄朔もそのひとりだが、看護師としてサポートする蒼山太陽もなかなかのくせ者だった。一見常識的で、突拍子もない行動をしがちな浅黄をたしなめる役割を担っている。けれど、彼には大きく屈折した部分があったのだ。

その屈折が爆発したのが、第5話。太陽は、「普通」であることを極端にコンプレックスに感じていることがあらわになった

「君は真面目すぎるよ」「つまんない奴だな」とことあるごとに言われてしまう太陽。自分としては、ただ与えられた役割を誠実にまっとうしているだけなのに、「普通だね」と評価を下されることに納得できないでいる。「つまんないって言うな!」と文句を言うも、周囲にはなかなか本気にされない。


「にじいろカルテ」 (C)テレビ朝日

そんな太陽を励ますべく、村の人たちが宴会を計画。酔いすぎた太陽は日頃の鬱憤をぶちまける。「みんなは何かしら持ってる、でも俺には何もない!普通なんだ!」ーー相当思いつめていることを知った村の人たちは、村の放送局をリニューアルし、村民たちの持ち回りでDJをしたらどうかと新たに提案。そのトップバッターを太陽にやってほしい、と持ちかけるのだ。

自分はつまらない人間だ、面白いことは言えないから辞退したい、と言い出した太陽に対し、浅黄が「屈折したところは誰にでもあるけどな、それは曲がりすぎだろ。自分で戻せ。お前ならできるだろ」と諭す。普通でもいい、と言うより、自分にだって人とは違う何かがあるかもしれないと思い直した太陽は、トップバッターを引き受けることに。放送で流したのは、学生の頃に作ったというメタルな曲「俺以外」だった。

それを聞いた真空は「どこが普通なんだよ」「よく看護師になれたな」と一人ごちる。仲間に弱音を吐き、支えてもらいながら、自身のコンプレックスと向き合っていく様を感情豊かに演じていた北村匠海。バランス感覚のある彼だからこそ、心の中に屈折を抱える蒼山太陽という人物を立体的に浮かび上がらせたのではないだろうか。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「Night Doctor」飄々としていながらも、何かを抱えていそうな救命救急医師・桜庭瞬

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録