あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「サ道2021」第3話レビュー:サウナは異なる道を歩む男たちの溝だって埋めてくれる(※ストーリーネタバレあり)



【作品情報】
全国のサウナー(サウナ好き)にとっての“サウナの伝道漫画”であるタナカカツキ原作『マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~』(講談社モーニングKC刊)を実写化し、2019年7月期で放送するとSNSを中心に話題となり、その後スペシャルドラマとしても2回放送。さらに、日本サウナ大賞・サウナの魂賞・サウナシュランの3冠を受賞するなど日本全国に多くのサウナーを生み史上空前のサウナブームを巻き起こしたドラマ「サ道」が、レギュラー放送から年末特番、そして大きな話題となったバレンタインデーの特番を経てついに新シリーズへ。
出演者には、前作に引き続き原田泰造・三宅弘城・磯村勇斗が決定。
今回のテーマはディスタンスと継承。
コロナ禍で再認識させられた家族や友人との距離、社会との距離、土地との距離、過去や未来との距離。それらをこえて、受け継がれていくものとは?

出演:原田泰造/三宅弘城/磯村勇斗

原作:タナカカツキ『マンガ サ道』(講談社モーニングKC刊)

脚本:根本ノンジ、竹村武司、山田能龍

音楽:とくさしけんご

エンディングテーマ:Tempalay「あびばのんのん」(unBORDE/Warner Music Japan)

監督:長島翔

プロデューサー:寺原洋平、五箇公貴、手塚公一、伊藤才聞

演出:福田亮介、村尾嘉昭

製作:テレビ東京、イースト・ファクトリー
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)「サ道2021」製作委員会