あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<松坂桃李>論:すべてをはまり役にしてしまう男の魅力とは?『孤狼の血』『あのキス』『あの頃。』……


映画『孤狼の血』 優等生刑事が激変するさまを見事に演じた

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

違法捜査やワイロにも平気で手を出す不良刑事・大上(役所広司)に、困惑しつつ翻弄される優等生刑事・日岡を演じている。序盤は大上のスタイルにドン引きしたり巻き込まれて殴られたりしつつ、徐々に大上に惹かれていく。終盤ある出来事をきっかけに豹変し、激昂するさまには息を呑んだ。

観るまで松坂桃李と暴力的な作品とが結びつかなかった。先入観を軽々と超えて新たな幅を見せてくれた作品だった。続編の『孤狼の血 LEVEL2』と合わせ、彼の代表作になるだろう。近年の出演作品はどれもすばらしいが、この『孤狼の血』で暴力、『娼年』でエロという新たなジャンルに挑戦し、さらに確かな演技力でジャンルうんぬん以上の感動を与えてくれた2018年の松坂桃李は非常に印象深い。

映画『不能犯』 ビジュアルが妙に生きた悪役

(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会


依頼に従い、マインドコントロールを使って相手を殺害する(実際に手を下すわけではなく、思い込みで相手が死ぬ)不能犯、宇相吹正を演じた。

ニヤァ……という悪い笑顔と、たびたび吐く「愚かだね、人間は……」というセリフ。不気味で恐ろしいんだけど、黒スーツ松坂桃李は普通にかっこいいのもあり、後半ちょっとクセになってしまう。

映画自体は正直あんまりおすすめではないが、松坂桃李の悪い笑顔を見るためだけに観てもいいと思う。松坂桃李以外の見どころとして、沢尻エリカの顔面の良さと、ネタバレになるので何とは言えないけど間宮祥太朗も挙げておく。

ドラマ「微笑む人」 笑顔が怖いという感覚を感じる静かな狂演

ドラマ「微笑む人」 ©テレビ朝日

単発のドラマなので、まだ観ていない人も多いかもしれない。妻子を川で殺害したエリート銀行員・仁藤俊美(にとうとしみ)を演じる。仁藤は優秀で物腰もやわらかく、「とても人殺しをするようには見えない」「誰かをかばっているのでは」と周囲の人たちが口々に言うような人物。だが本人は犯行を認め、「本の置き場所が欲しかった」という信じられない理由を告白している。

偶然彼とママ友(パパ友?)でもあり、ひそかに好意すら抱いていた女性記者・鴨井(尾野真千子)が真実を明らかにしようと奮闘する物語だ。松坂桃李の穏やかな笑顔が印象的なのだが、ストーリーが進むにつれその笑顔を「怖い」と感じるようになる衝撃的な作品だ。最終的に鴨井が取る行動も注目すべきポイントだ。

NEXT|次ページ > 映画『あの頃。』 アイドルに人生を救われたハロヲタ

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録