あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

オズワルド伊藤俊介は、お笑い界屈指の俳優になれる! 芝居も見ていないクセに勝手に断言する

松本人志と中居正広が、“会わせてみたい2人”をマッチングするトーク・バラエティ番組『まつもtoなかい〜マッチングな夜〜』(フジテレビ系)。2月19日(土)に放送された回には、オズワルド・伊藤俊介と女優・伊藤沙莉の兄妹対談が実現した。テレビでの対談はこれが初めてとのこと。
さすがに照れ臭いのか、終始バツが悪そうな伊藤俊介に対し、そんな兄を優しく見つめる妹の姿が微笑ましかったが、個人的に気になるやりとりがあった。

オズワルド・伊藤がお笑いの世界に足を踏み入れた時から、伊藤沙莉はすでに女優として活躍。“親の七光り”ならぬ“妹の七光り”を避けたい気持ちから、彼女が実の妹であることに対して箝口令を敷いていたという。



最初はなかなか芽が出ず、苦節の日々を過ごしていたオズワルド。だが次第に、都会的なセンスが光るシュールなしゃべくり漫才が注目を集め、若手のホープとして頭角を現す。数年前にようやく沙莉が肉親であることを情報解禁するや(ちなみにこの兄妹は、一時期2人で同居していたそうな)、その後は破竹の勢い。昨年は『ABCお笑いグランプリ』で優勝を果たし、『M-1グランプリ』でも見事準優勝。一気にブレイクを果たした。

だが、オズワルド・伊藤は「バラエティ番組で妹と出演するのはこれが最後」と宣言。松本人志&中居正広という、超ビッグな2人とのトーク番組出演が兄妹共演の“アガリ”であり、これを上回る機会はもうないハズだから、というのが理由だった。“お笑い”という自分の畑に、これ以上妹を引き摺り込むことに引け目を感じていたのかもしれない。

だが筆者が最も注目したのは、自分が妹の畑である“お芝居”で共演することはあり得る、と発言したことだ。

>>>【関連記事】<空気階段×オズワルド>「オズ伊藤=寿司泥棒」事件とは?同期だから見せる賞レースとは違う顔

>>>【関連記事】伊藤沙莉の魅力:「その声は、神様がくれた宝物」

>>>【関連記事】<オズワルド・畠中さん>見え隠れする「5つ」の魅力を語らせてほしい!

先天的な才能+後天的な環境によって生まれた天才女優・伊藤沙莉

間違いなく、伊藤沙莉は天才女優である。日本映画界が誇る巨大な才能の持ち主である。ライターの北村有さんが「伊藤沙莉の魅力:その声は、神様がくれた宝物」という素晴らしいコラムを書いていらっしゃるので、詳しくはそちらを参照して欲しいのだけれど、筆者はこの才能は兄の存在によって引き出された部分が大きいのは、と(勝手に)考えている。

お笑いは、アクションとリアクションの間が勝負の世界。コンマ何秒遅れただけでも、あっという間に“サムい”状況になってしまう。もちろん、捻り出すワードのセンスも重要だ。漫才でツッコミ役のオズワルド・伊藤はさすがにそのセンスはズバ抜けているが、そのDNAは確実に妹へと受け継がれている。

また伊藤沙莉は、兄と同居している時に「芸人仲間がよく遊びに来て、即興芝居のような遊びをしたことが楽しかった」と発言している(『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)での発言による)。つまり彼女は、仕事場以外でインプロヴァイゼーション(台本なしの芝居)を鍛える機会に恵まれていた、ということだ。

伊藤沙莉という天才女優は、先天的な才能だけではなく、後天的な環境によってかたちづくられた、と考えてもいいのではないか。



最近でも、映画『ちょっと思い出しただけ』(2022年)ではニューヨークの屋敷裕政、「BOSS カフェベース」のCMではハライチ岩井勇気と、彼女は芸人と息のあった芝居を見せている。2018年に放送された『スペシャルコント 志村けん in 探偵佐平60歳』(NHK)では、大御所・志村けんと共演。お笑い界の大御所も、彼女のコメディエンヌとしての才能を見抜いていたのだろう。

有吉弘行をダマした、オズワルド・伊藤の天才的演技力

で、話を戻してオズワルド・伊藤である。

実は去年、『有吉ダマせたら10万円』(フジテレビ系)というバラエティ番組で、オズワルド・伊藤は『本当にバンジージャンプを飛んだのはどっち?』という体当たりクイズに挑戦している。これは、「本当にバンジージャンプを飛んでいるのか、それともCGによる合成なのか」を、MCの有吉弘行に回答してもらう、という企画。

実際はCG合成による演技だったのだが、あまりにも彼の芝居が真に迫っていたために、有吉を見事ダマすことに成功。天才的演技力のDNAは、間違いなく兄にも流れている。

猫背でチョビヒゲ眼鏡、独特なファニーボイス。これだけキャラが立っていると、役柄が限定されてドラマ・映画に起用されにくいかもしれないが、逆に言えばハマればこれ以上なくハマるはず。



今泉力哉が監督、城定秀夫が脚本を担当した映画『猫は逃げた』(2022年)が3月18日(金)より公開されるが、オズワルド・伊藤は本作で映画監督役を演じることがアナウンスされている。今泉力哉&城定秀夫というコラボにも興奮するが、今から彼の芝居が楽しみで仕方がない。

筆者はまだ本作を観ていないが、オズワルド・伊藤はお笑い界屈指の俳優になれるものと、勝手に確信している。

(文:竹島ルイ)

>>>【関連記事】『愛なのに』『猫は逃げた』城定秀夫×今泉力哉両監督のユニークなコラボ2作品!

>>>【関連記事】お笑い好きライターが選ぶ「2021年熱かった芸人ベスト5」 お笑いは今年も最高だった…!

>>>【関連記事】お笑い好きライターが選ぶ「いい声推し芸人」ベスト11!お笑いは声でも楽しめる!
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録