あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「お耳に合いましたら。」第8話レビュー:ポッドキャストでお互いの青春を語り合おう!(※ストーリーネタバレあり)



「お耳に合いましたら。」第8話画像ギャラリーへ

【関連記事】第1話レビュー:のびのび伊藤万理華が魅力的!隙のない布陣の「好き」にまつわるドラマ

【関連記事】第2話レビュー:まるでポッドキャスト版「映像研」? 「好き」は何よりも尊い

【関連記事】第3話レビュー:「飯テロ」でありつつ「好きテロ」ドラマ

【関連記事】第4話レビュー:無心に「好き」なことをする効用

【関連記事】第5話レビュー:エゴサーチは回転寿司⁉︎ アクロバティックな脚本が見事に決まった傑作回

【関連記事】第6話レビュー:乃木坂46ファンは号泣⁉ 伊藤万理華&桜井玲香の見事な共演

【関連記事】第7話レビュー:ドムドムバーガーを食べて「バディ」になろう!


テレビ東京が音楽ストリーミングサービス「Spotify」と共に、ポッドキャスト番組と連動させたオリジナルドラマ「お耳に合いましたら。」を2021年7月8日より放送する。

伊藤万理華演じる会社員の高村美園が、とあることをきっかけにポッドキャストを始め、人気のパーソナリティ目指して奮闘する物語。

本記事では、第8話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

「お耳に合いましたら。」第8話レビュー

伊藤万理華演じる主人公が、大好きなチェンメシをポッドキャストで語りまくるドラマ「お耳に合いましたら。」。今回も隅々まで行き届いた素敵なエピソードだった。

まつまる漬物の社長(伊藤俊介)が突然、大きな決断を下した。キャンペーンガールの「らっきょう子ちゃん」を25代目で打ち切ってしまうことにしたのだ。“青春”をテーマにしたCMもネタ切れで迷走気味。

社長に反対メールを送ったのは高村美園(伊藤万理華)と音マニアの佐々木涼平(鈴木仁)、いつも眠っている商品管理部の新木場(森本サイダー)、“アイアンウーマン”こと経理部の若林(臼田あさ美)の4人だけ。さっそく「らっきょう子ちゃん存続会議」を開いた4人は、CMのモチーフになりそうな“新しい青春”を探そうとするが、すぐに行き詰まってしまう。ホワイトボードに書かれた「AI戦争でディストピア化したTOKYOが舞台」の「らっきょう子2121」が気になる。

らっきょう子ちゃんに愛着のある美園、らっきょう子ちゃんが初恋の相手だという佐々木、ガチオタクの新木場に対して、今ひとつ反対理由がわからなかった若林だが、実は25代目らっきょう子ちゃんこと大泉凛子(駒井蓮)が彼女の姪っ子だということが判明する。そりゃ応援するに決まってるよね! 大いに盛り上がる一同。それまで同じ社内にいてもほとんど話さなかった4人(美園と佐々木は除く)が「好き」で通じ合った瞬間だった。

美園はその勢いでポッドキャストの収録をスタート! 今回のチェンメシは残業の夜食としてテイクアウトした「銀だこ」。たこ焼きは好きだけど「銀だこ」にこんなにいろいろな味があるって知らなかったよ。

「銀だこ」をつつきながら、“青春”の思い出話をする4人。美園はまわりと話が合わずに深夜ラジオばかり聴いていた青春、佐々木はひとりでバンド(?)をしていた青春、新木場は自転車に乗り続けた青春、そして若林は恋をしていた青春――。

大好きな彼が自分と釣り合わないと思うあまり、毎日お風呂で「(彼のことを)好きになりませんように」と祈っていた高校時代の若林(中尾百合音が臼田あさ美そっくりですごい)。文化祭の前日の思い出も甘酸っぱい。憧れの彼氏に文化祭の打ち上げに誘われたけど、結局打ち上げはなかった。本当は自分以外の人間たちはやっていたのかもしれないし、期待してしまった自分をバカみたいと思ったけど、それが若林にとって「一番青春っぽい瞬間」だったという。

若林の話を聞いて「青春なんて、そんなもんかも!」と叫ぶ美園。たしかに、青春なんて良いことばかりなんかじゃないし、孤独だし、苦しいし、何よりふわふわしていて手応えがないものだったりするんだよね。

大人になった今は、それぞれに「好き」ができて(若林はBTSのファンになったとか)、楽しいと語り合う4人は「らっきょう子ちゃん」存続が実現したら、あの日できなかった「打ち上げ」をやろうと約束する。4人がプレゼンしたのは青春が終わった「らっきょう子さん」。社長は感動してプレゼンは大成功! 打ち上げは4人で「銀だこ」ダンス。

これまではポッドキャストでリスナーに自分の「好き」を伝えていた美園だったが、今回は初めて一緒に語り合う4人で「好き」を伝え合っていた。何人に聞いてもらうかはどうでもよくて、ポッドキャストという手段を用いて身近な人たちと通じ合うことができる。それって、とっても素敵なことだと思う。

(文:大山くまお)

「お耳に合いましたら。」第8話ストーリー



ある日突然社長(伊藤俊介)から「25代続いた広告塔らっきょう子ちゃんをこの夏で終わらせる」と全社員宛にメールが一斉送信された。反対の美園(伊藤万理華)は社長に抗議の連絡をすると、らっきょう子ちゃん存続派の人たちで新企画を考えてプレゼンするよう指示される。就業後、集まったのは佐々木(鈴木仁)、経理部の若林(臼田あさ美)、商品管理部の新木場(森本サイダー)。
4人で企画会議をするものの、なかなかアイデアが浮かばず苦戦する…



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「お耳に合いましたら。」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©「お耳に合いましたら。」製作委員会