あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない


(C)2011映画「モテキ」製作委員会

【関連記事】<木村拓哉>2つの魅力:「ザ・キムタク」と「その外側」

【関連記事】
『マスカレード・ナイト』解説:木村拓哉並び豪華キャストの活躍を絶対に見逃すな


あなたの思う”日本映画界を代表する女優”は、誰だろうか。

ヒットメーカー・東野圭吾原作、実写化の興行収入46億円超えと大盛況だった『マスカレード・ホテル』(19)の続編として期待が高まる、9/17公開『マスカレード・ナイト』。前作に引き続き、優秀で真面目すぎるホテルマン・山岸尚美を演じるのは長澤まさみ。

日頃からドラマやCM、映画などに触れている人であれば知らない人はいないであろう、紛れもない”日本映画界を代表する女優”の一人だ。

女優・長澤まさみの軌跡


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

長澤まさみの女優人生のはじまりは、第5回「東宝シンデレラ」オーディション。当時12歳、史上最年少でグランプリを受賞し芸能界入り。その後さまざまなドラマ、映画、雑誌に出演した後、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)のヒロイン・亜紀役に抜擢。第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞し、映画界に深い爪痕を残した。

当時、私は12歳。ちょうどポケモンやジブリ以外の日本映画作品を見はじめた頃で、幼いながらに映画館で大号泣した記憶がある。

その後、ドラマでは「ドラゴン桜」、「プロポーズ大作戦」、「ラスト・フレンズ」、「コンフィデンスマンJP」など、映画では『涙そうそう』(06)、『モテキ』(11)、『50回目のファーストキス』(18)、『キングダム』(19)など、女優としての階段を休むことなく駆け上がっている。

長澤まさみは、青春時代のどのシーンにも登場する眩しすぎるヒロインの代表格と言っても過言ではない。アラサー世代にとって思い出深いドラマや映画に、彼女の存在は必要不可欠だ。

ここからは、そんな長澤まさみの個人的推し5作品とともにその魅力を語っていく。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > やっぱり王道に真面目な長澤まさみが一番。『マスカレード・ホテル』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録