あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「IP~サイバー捜査班」第9話(最終回)レビュー:答えを見つけた安洛…お総事係の見事な逆襲に拍手!(※ストーリーネタバレあり)



「IP~サイバー捜査班」画像ギャラリーへ

【関連記事】「IP~サイバー捜査班」第1話レビュー

【関連記事】「IP~サイバー捜査班」第2話レビュー

【関連記事】「IP~サイバー捜査班」第3話レビュー

【関連記事】「IP~サイバー捜査班」第4話レビュー

【関連記事】「IP~サイバー捜査班」第5話レビュー

【関連記事】「IP~サイバー捜査班」第6話レビュー

【関連記事】「IP~サイバー捜査班」第7話レビュー

【関連記事】「IP~サイバー捜査班」第8話レビュー

佐々木蔵之介主演、京都を舞台としたミステリー「IP~サイバー捜査班」が2021年7月1日より放映スタートした。共演に福原遥、間宮祥太朗ほか。

佐々木演じる安洛一誠(やすみや・いっせい)は、「サイバー総合事犯係」の主任で、サイバー犯罪に関する知識と捜査スキルはピカイチ、超がつくほどのデジタル人間。そんな安洛が自分の父親ではないかと考えている古宮山絆を福原遥、裏で安洛について調べる密命を担う多和田昭平を間宮祥太朗が演じる。サイバー犯罪と、その裏にある人間ドラマを絡めたミステリー。

本記事では、その第9話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「IP~サイバー捜査班」第9話レビュー




最終回。サイバー総合事犯係=お総事係の活躍で、多くの謎が解けて、そして解決していった。

ディープフェイク動画事件の容疑者・永尾の死で終わった前回。しかし、彼は事件の首謀者ではなかった。永尾のメッセージ動画の前半部分がディープフェイクであることを突きとめた安洛。何者かが永尾を“殉教者”に仕立てあげようと彼が毒を飲むようにして殺害したと推理する。

そして、永尾の動画をよく調べたところ、意外な人物が映りこんでいた。桐子香澄である。実は香澄こそが永尾殺害の協力者。真犯人は、ディープフェイク動画に詳しいメディアアーティスト・西堂牧彦だった。

警察庁の機密情報を西堂に渡していた香澄。分析してもらうためだったらしいが、西堂は情報漏洩をばらす動画を作って彼女を脅迫。一斉捜査の日、香澄に永尾の元へ毒を運ばせたのだった。

実は、筆者は香澄が事件に絡んでいるとなんとなく感づいていた。先週の一斉捜査が始まった際、突然彼女がスマホを操作し始めたのが妙に気になったのである。案の定、あのとき西堂から指示を受けとっていたのが今週明らかになった。

サイバー捜査に長けた才色兼備の女性に見えた香澄。しかし、外部の人間に機密情報を渡すのは、相手がエキスパートだといってもあまりに軽率。申し訳ないが、筆者はいささかあきれてしまった。そして、自分が過ちを犯しておきながら「西堂を絶対につかまえてください」と安洛に頼む香澄。これもどうかと思ってしまったので、「当り前のことを言うのは時間の無駄だ」とお得意のセリフで返した安洛にちょっとスッとした。

香澄を脅迫するだけでなく、彼女のパソコンをハッキングしてもいた西堂。警察やお総事係の詳細な情報を手に入れていた彼は、ディープフェイク動画製作アプリをネット上に無料公開。安洛に挑戦状をたたきつける。

事態が悪化する中、楡井に西堂の指名手配を頼む多和田。しかし、「公安に任せておけ」と楡井はそっけない。ここでついに多和田は父親に反発。「西堂はサイバー総合事犯係が絶対につかまえてみせます!」と宣言した。よくぞ言ってくれたとこれまたすっきりした。やっぱり彼はお総事係の刑事だ。

しかし、ここで最大のピンチ到来。絆が西堂に捕らえられてしまう。お総事係の情報を握る西堂は、絆が安洛の弱点だとわかって狙ったらしい。絆の危機を察した安洛たちは街へ出て必死に彼女を探す。

街中で撮影された動画に映っていた絆。彼女が唇を動かして呼びかけたヒントのおかげで、安洛は居場所を突きとめる。救出に向かうと、絆は爆弾が仕掛けられた小屋で縛られていた。彼女を助けようと必死になる安洛は、思わず「父さんが絶対に助ける!」と叫ぶ。結局、爆発寸前で二人は無事脱出。しかし、爆弾はフェイク。西堂の狙いは時間稼ぎだった。

海外のモイナン諸島に向かおうと空港で飛行機を待つ西堂。しかし、そこに「モイナン諸島で軍事クーデター」というニュース映像が飛び込んでくる。急きょ行き先を変えようとする彼だったが、そこにお総事係の6人が立ちふさがった。西堂が見たニュースは例のディープフェイク動画アプリで作った偽物。ディープフェイク犯罪者をディープフェイクで足止めする、お総事係が仕掛けた見事な逆襲だった。

マイペースな人間が多いせいか、まとまって行動することがここまでほぼなかったお総事係。しかし、今回は全員で犯人逮捕に挑んだ。悪質な犯罪者に立ち向かう6人の刑事は最高にかっこよく、思わず拍手を贈りたくなった。

結局、安洛は警察庁への異動を断る。多和田もお総事係に残ろうと決意。彼らはやはりちゃんとわかっていて、情のある仲間たちを選んだ。いつもの日常が戻ってきたお総事係。絆が「父さん」の話を明かして面々が笑顔になる中、当の安洛はフリーズしてしまうのだった。

この最終回で、「0でも1でもない割り切れないものに目を向けることも必要だと感じるようになりました。なぜなら、それが人間というものだから」と語った安洛。無駄を嫌うデジタル人間だった彼がようやく見つけた答え。これを彼に教えたのはサイバー総合事犯係の上司や同僚、そして「娘」だった。

情報解析だけでなく人の情や思いが大切であることを受け入れて、一回りも二回りも大きくなった安洛。きっとこれからも絆や仲間たちとともにサイバー犯罪と戦い続けるのだろう。彼らの活躍をいつかまたどこかで見ることができたら…と願っている。

「IP~サイバー捜査班」第9話ストーリー


ついに最終回!京都府警・サイバー総合事犯係主任・安洛一誠(佐々木蔵之介)は、“ディープフェイク動画大量流出事件”の首謀者・永尾享二(波岡一喜)の最期をとらえた動画が拡散されている状況に、りつ然とする…。永尾が“殉教者”となったこの動画によって、人々の内なる悪意が刺激され、ディープフェイクがさらに氾濫することを危惧したのだ。警察庁から出向してきたキャリア・桐子香澄(内山理名)も、事の重大さに絶句。メディアアーティスト・西堂牧彦(大東駿介)もまた、「ディープフェイクは新たなプロメテウスの火だ」と警鐘を鳴らす。

そんな中、永尾のパソコンを調べた安洛は、あらかじめ彼の死が何者かによって計画されていたことに気づき、永尾の最期の動画もディープフェイク映像だったことを突き止める。おそらく真犯人は、警察が踏み込むことを察知した上で永尾を巧みに誘導して毒を飲ませたに違いない。永尾を操り、彼を殉教者に仕立て上げたのは誰なのか!? やがて、その疑惑の目は、“氷の美女”桐子警視正に向けられ…!?

ところがその後、安洛に宣戦布告した“ある人物”が、古宮山絆(福原遥)を狙う事態が発生! 絆の窮地を知った安洛は、ある“決意”を固めるが――!? 一方、多和田昭平(間宮祥太朗)は、安洛の警察庁への引き抜きを画策する父・楡井文則(升毅)の真の目的を知り、行動を起こして…!?

サイバー総合事犯係が総力を結集して最後に挑む難事件、その恐るべき真相とは!? そして“親子かもしれない2人”安洛と絆は、どんな結末を迎えるのか…!?

(文・田下愛)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「IP~サイバー捜査班」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録