あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「#家族募集します」第9話レビュー:もしかして主役は「黒崎父娘」だった? 「家族」が出した答えとは(※ストーリーネタバレあり)



「#家族募集します」画像ギャラリーへ

【関連記事】「#家族募集します」第1話レビュー:表情が秀逸すぎる 重岡大毅の泣きの演技に涙腺崩壊

【関連記事】「#家族募集します」第2話レビュー:毎話泣いてしまう!俊平と礼の信頼感が救うもの

【関連記事】「#家族募集します」第3話レビュー:息子に明かした真実……結ばれ直す父子の絆

【関連記事】「#家族募集します」第4話レビュー:新たな家族が加入!? 更に礼の秘密も明らかに…

【関連記事】「#家族募集します」第5話レビュー:家族になっていく「にじや」にほっこり 俊平のおせっかいが父娘の心を溶かす?

【関連記事】「#家族募集します」第6話レビュー:めいくに恋の予感? 子どもが求めているものを親は知らない

【関連記事】「#家族募集します」第7話レビュー:ずっと続く時間ではないから愛おしい? 俊平たち「にじや」の夏休み

【関連記事】「#家族募集します」第8話レビュー:このままではいられない? 「にじや」が問いかける家族の形(※ストーリーネタバレあり)

金曜ドラマ枠では、2021年7月9日より「#家族募集します」を放送。主演に重岡大毅(ジャニーズWEST)、ヒロインに木村文乃、共演に仲野太賀、岸井ゆきのという豪華実力派俳優陣を迎えてオリジナルストーリーで展開する。

本記事では、第9話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「#家族募集します」第9話レビュー


「にじや」はやっぱり人生の休憩所だったのかもしれない。

銀治が倒れたことをきっかけに、蒼介は息子の妻・久実子と会う。また銀治と一緒に暮らしたいこと、「にじや」をやっていきたいこと。銀治の家族の仲を修復したいが、それは自分たちの家族の解散を意味し、蒼介は悩む。

でも、話をすれば、みんなの意見は一致するのだ。
「にじや」で過ごした時間に気づけたもの、手に入れたもの。
とくに俊平と礼は「がんばらなければ」と張り詰めていた糸が緩んだことで、少し心に余裕ができた。なにより、いざというときに頼れる場所、帰れる場所ができた。それが2人にとって大きいのだ。

大きな決断が迫られていた中、現れたのがいつきの母で黒崎の元妻・黛倫子。急きょ、帰国を早めたという倫子にいつきも黒崎も戸惑う。母の帰国は父と娘の夏休みが終わるということだから。

あんなにぎくしゃくしていた2人が別れを惜しむ。「もう会えないの?」といつきが涙ぐむ。こんなシーンを見せられたら泣くに決まっているじゃないか。むしろ、この物語は黒崎といつきが絆を取り戻すためのものだったんじゃないか、と思ってしまう。

そもそも、離婚の一因は黒崎の仏頂面もあるだろう。いつもピリピリしていて頑固。素直になれずに衝突。倫子もおとなしく引き下がるタイプにも見えない。いいですね、戦っていきましょ。……とやっていた結果、離婚につながったようにも見えるが、もしかしたら、これからいつきの存在がふたりの関係を変えていくことになるのかもしれない。

いつきが変えたのは自分の両親の運命だけではない。倫子にめいくの歌を聴いてほしいとねだり、今度は親子3人の帰り道でめいくの歌を歌ってみて、とねだる(めいくの歌に「にじや」での時間が詰まっているからアーティストの倫子に伝えるには十分である)。その様子を黒崎に動画に撮らせてネットのアップ。めいく自身が歌った動画もバズッてレコーディングへ……って最高の流れでは?

「にじや」は解散したけれど、それぞれの絆は変わらない。
蒼介は再びカメラマンの道へ、礼は教育の新しい形を模索し始める。俊平は妻・みどりの2作目の絵本を完成させる。そして会社で大きなプロジェクト専門だった黒崎は住宅部門へ。「新しい住宅を作ってみたくなったんだ」ってカッコよすぎでは……?

家、家族がテーマであると同時に、「帰る場所」が大きなキーワードだった本作。家や家族が帰る場所になるとは限らない。でも、「帰る場所」を作ることはできる。そんなシンプルなことを教えてくれたような気がする。

そしてそれぞれの今後も見てみたい気がする……できれば子どもたちが成長して、思春期ぐらいをベースのお話も観たい! きっと4人は特別な絆で結ばれたはずだから。

「#家族募集します」第9話のストーリー



突然涙をこぼした蒼介(仲野太賀)。蒼介がひとりで何かを抱えていることを察した俊平(重岡大毅)は「今度は自分が話を聞く番だ」と屋上で蒼介に語りかける。すると蒼介は、銀治(石橋蓮司)の見舞いに一緒に来てほしいと言う。2人が病院へ向かうと、そこには銀治の息子の妻・久実子(ヒコロヒー)の姿が。銀治と家族が疎遠になった事情を知り、蒼介がそのために思い悩んでいたことを理解した俊平。銀治の家族の問題を解決したい思いはあれど、それは同時に銀治の家族がにじやに戻ってくることを意味していた。そうなれば、礼(木村文乃)やめいく(岸井ゆきの)、黒崎(橋本じゅん)とのにじやでの暮らしは終わってしまうのだ……

にじやに戻り、“家族”たちに全てを打ち明ける俊平と蒼介。礼とめいくは戸惑いを隠せない。それぞれの思いが交錯する中、ついに銀治の息子の達也(宇野祥平)と久実子がにじやにやって来る。さらに、黒崎の元妻・黛倫子(平原綾香)もいつきを引き取りに現れて…!?

突然の来訪者たちに困惑しながらも、それを機に、それぞれが自分たちの問題と向き合うにじやの“家族”たち。そして彼らは、未来のためにある選択をすることに──
SNSの「#家族募集」から始まった“家族”が、最後に選ぶ答えとは……?

(文:ふくだりょうこ)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「#家族募集します」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録