あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「相棒 season20」第3話レビュー:戦いに決着!右京の心に生き続ける小野田公顕(※ストーリーネタバレあり)



「相棒 season20」画像ギャラリーへ

【関連記事】
「相棒 season20」第1話レビュー:謎の死は“口封じ”?因縁の相手に立ち向かう特命係(※ストーリーネタバレあり)

【関連記事】
「相棒 season20」第2話レビュー:鶴田を前に皆が共闘の胸アツ回!(※ストーリーネタバレあり)

シーズン20作目となる「相棒」が、2021年10月13日(水)にスタートした。

水谷豊演じる杉下右京と、反町隆史演じる冠城亘によるタッグは今作で7シーズン目に突入。
前作「相棒 season19」で全4話に連なって描かれた壮大な事件の闇がついに明かされ、冠城逮捕という衝撃の幕開けに。

本記事では、その第3話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

「相棒 season20」第3話レビュー

 

「よく来たな、加西周明の館へ」

加西が残した仮想世界へやってきた右京、冠城、青木の3人。そこはまるでRPGのような世界観。西洋風の館に忍者姿で乗り込む右京たちがなんともミスマッチだ。「まぬけすぎないか?」と突っ込んだ冠城の気持ちがよくわかる。

そんな冠城に対し、相変わらず偉そうな青木は「俺は忍法だって使えるぞ」と右京に姿を変えてみせる。まるで悪ノリしている子どものようだが、この世界で音声などまでも変えられるように彼が仕込んだらしい。憎たらしいがやはり優秀だ。

一方、栗橋の取り調べを続ける伊丹たち。しかし、栗橋は黙秘を貫く。そして彼の後任として内閣情報官に任命されたのは、なんと社美彌子だった。特命係の動きを鶴田サイドに流しつつも特命係に有益な情報をもたらす彼女。もしや二重スパイ?と疑う右京たち。しかし、当の美彌子はやんわりと受け流すのみ。昔から何を考えているかどうにもわかりにくい彼女。今回もその真意が最後まで謎だったように思う。

その後再び仮想世界に侵入する右京たち。同じく仮想世界を訪れた鶴田たちと直接対決する。

仮想世界で鶴田たちの前に現れたのは死んだはずの柾庸子と加西、そして、右京と冠城。実は柾庸子は死んではいなかった。仮死状態になって自殺と見せかけて、新しい戸籍を受けとって別人になろうとしていたのだった。もちろん鶴田の差し金。以前、日本にはない証人保護プログラムを起動させてある人物を別人に生まれ変わらせた小野田公顕。小野田を手本にしているという鶴田は、同じ手を使って加西殺しの罪を被った庸子に新しい人生を与えようとしたのだった。

さらに、その場で一同が耳にしたのは鶴田と加西の会話。国民のスマホやメールを盗み見する国民監視の陣頭指揮を鶴田がとっている…という恐ろしい内容である。次々に悪事をばらされて逆上する鶴田。目の前にいる加西は警察関係者だろうと見抜くが、実は加西に扮していたのは右京だった。右京のふりをしていたのは青木。しかし、庸子だけは庸子のままだ。そして、「警視庁へ出頭願えますか」という右京の申し出を鶴田は拒否。仮想現実を消滅させてしまう。

そのまま立ち去ろうとする鶴田たちだったが、伊丹たちが立ちふさがる。柾庸子を逃がした件を咎められてもとりあわない鶴田。しかし、出雲が庸子本人が証言したと言い放つ。仮想世界で「誰だ」と問われて「あたしはあたしです」と言った庸子。パリにいる彼女の部屋にはVRゴーグルがあり、本当に本人だったらしい。

そして、改めて例の幽霊ビルを調べる右京たち。仮想現実の館の見取り図を見て、バーチャルの館はこれほどの広さがあったのか…?と、右京は不思議に思う。

その後、右京と冠城は鶴田の元へ赴く。そこで、中郷都々子と女性の殺し屋の死に関する真実を右京が明らかにした。殺し屋を殺害したのは柾庸子だった。

都々子と姉妹のような関係で彼女の部屋の合鍵を持っていた庸子。都々子の家から殺し屋が出てくるのを目撃し、中に入って都々子の遺体を発見。自身が通報するわけにいかず、遺体が痛むのを防ぐために冷房をつけ、早く発見されるよう鍵をかけないで部屋を出た。そして、殺し屋を自らの手で葬りさったのだった。

ここまで来てなお「みんな勝手に俺の気持ちを推しはかってやったことだ」と罪を認めない鶴田。ついに右京たちは最後のカードを切った。冠城がスマホで音声を再生。それは、仮想現実で流れた国民監視に関する鶴田と加西の会話だった。仮想空間は壊されたが、幽霊ビルにあった見取り図(2次元コード)を読み取った先に音声データが保存されていた。これこそが加西の切り札だった。

データが残っていたことを知ってついに顔色が変わった鶴田。そんな彼に右京は最後に言い放った。

「手本にしているつもりかもしれませんが、あなたは小野田公顕の足元にも及びませんよ。思い上がるのもほどほどに。あなたが小野田公顕を語るなど、虫唾が走る」

結局、鶴田は観念したらしく出頭。狡猾な官房長官と特命係の戦いにようやく決着がついた。

前シーズンから続いたこの事件。鶴田が出頭した…と聞いたとき、見ているこちらも張り詰めた緊張がやっと切れるような思いだった。鶴田の悪事を暴くと宣言していた右京と相棒の冠城。なんだかんだで役に立った青木。特命係と共闘した捜査一課。みなの思いがやっと報われた。

そして、この壮大な事件が解決したとき、何よりも心に残ったのは、今は亡き小野田官房長の存在の大きさ。特命係を作ったともいえる小野田は、特命係を時に利用し時に対立しながらも、後ろ盾となり続けた男。鶴田が彼のスケールに及びもしないことは長くシリーズを見ているファンも納得するところだろう。右京が鶴田にたたきつけたセリフに筆者もうなずくばかりだった。

そして、今回のラストに思いがけぬサプライズが訪れた。並んで歩く右京と冠城、甲斐は一人の男(岸部一徳)とすれ違い、その人物に思わず右京は「官房長」と声を上げる。これにはさすがにファンが沸き、SNSでも多くの喜びの声が上がった。また、あれは岸部氏が同局の「ドクターX」で演じている神原晶では?という意見も多数見られた。

あの男は小野田だったのか、それでも別の誰かなのか。それはわからずじまいで、右京も「僕の見間違いでしょうから」としていた。答えは見た人がおのおので決めればよいことなのだろう。

いずれにしても、この杉下右京のもう1人の“相棒”は、右京、そして、作品を愛する人々の心の中で生き続けているに違いないのだから。

「相棒 season20」第3話ストーリー

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)をともなって、加西周明(石丸幹二)が生前、準備していた仮想現実の世界に足を踏み入れる。そこに、官房長官・鶴田翁助(相島一之)の“弱点”が隠されていると踏んだ右京たちは、加西のアバターに案内されるまま歩を進めるが…。いっぽう、元内閣情報官の栗橋(陰山泰)は、柾庸子(遠山景織子)の一件をめぐって捜査一課から厳しい追及を受けていたが、関与が疑われる鶴田をかばってか、完全黙秘を貫いていた。同じ頃、警視庁では、異例の事態が起きていた。広報課長を務める美彌子(仲間由紀恵)に辞令が下り、思わぬポストに異動することになったのだ。背後には鶴田の手引きや美彌子の思惑があるとみられるが、真相は不明。そんな中、鶴田は加西が握っていたと思われる、自身の“弱点”を潰しに掛かるが…!?

加西がVRの世界に遺した“切り札”の正体は!?
いっぽう、警視庁内では権力をめぐる不穏な動きが…
カオスと化した事態の中、特命係が驚がくの真相に迫る!


(文:田下愛)


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「相棒 season20」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)テレビ朝日