あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

志田彩良、凛々しさと優しさ溢れるその魅力:「ドラゴン桜」いよいよ最終回!


「ドラゴン桜」より ©TBS

→志田彩良「ドラゴン桜」の画像ギャラリーへ


[関連記事]「ドラゴン桜」全話感想集(毎話更新)

[関連記事]  鈴鹿央士、異次元級の存在感と魅力

[関連記事] 平手友梨奈、絶対に無視できないその魅力

[関連記事] 南沙良、誰しもが無視できないその魅力

[関連記事] 細田佳央太の恐ろしい演技力

現在、放送中のドラマ「ドラゴン桜」で、名門校の合格を目指す学生たちの中でも、屈指の秀才として、確かな存在感を放つ人物・小杉麻里。

彼女を演じたのが、人気急上昇中の若手女優・志田彩良だ。

2013年、『ピチレモン』の専属モデルとなり、2014年の短編映画「サルビア」で女優デビュー、わずか3年後の『ひかりのたび』では、長編映画初主演を果たした。

また、この秋、公開される『かそけきサンカヨウ』では、今泉力哉監督作品の主演にも抜擢され、今後の活躍が期待される注目女優の一人である。

近年の映画やTVドラマなどで、その演技が頭から離れない彼女の魅力について、今回は、過去に出演した今泉監督作品、ドラマ「ゆるキャン△」を中心に振り返っていきたい。

今泉監督作品を彩るナチュラルな空気感

近年の志田彩良の活躍を代表するのが、『愛がなんだ』、『街の上で』で知られる今泉力哉監督作品への出演だろう。

『パンとバスと2度目のハツコイ』、『mellow』、『かそけきサンカヨウ』といった3本の映画や、ドラマ『his〜恋するつもりなんてなかった〜』(中里洋一との共同監督)での出演。

また、同監督が手がけたマヒトゥ・ザ・ピーポー「失敗の歴史」のMVでは、彼女をフィーチャーした映像が制作されるなど、その存在は、いまや監督の作品において欠かせないものとなっている。



志田彩良が、監督の作品にこれほどまでに起用される理由。それは、彼女が持つナチュラルな空気感が監督の描く世界観にピッタリとハマっているからだといえる。


『パンとバスと2度目のハツコイ』より (C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

パンとバスと2度目のハツコイ』では、パン屋で働く主人公・市井ふみの妹で美大を目指す女性・二胡を演じ、まるで実の姉妹のように、和やかで落ち着いて会話をするさまが印象的だった。

とりわけ、「孤独」が一つのテーマとして描かれる本作では、劇中で最も主人公と物理的・精神的な距離の近いキャラクターが彼女となり、主人公の抱える「不安」を和らげる大切な存在となっている。


『mellow』より (C)2020「mellow」製作委員会

また、『mellow』では、田中圭演じる花屋の店主・夏目に恋心を抱き、同性の後輩から好意を向けられる中学生・浅井宏美を好演。

「好き」と伝えることの大切さを、人と人とがバトンを繋げていくように描いた本作では、作品が持つメッセージを浮き彫りにする重要な役割を、自然体な演技で表現していた。

このように、長回しや人物の会話劇を特徴とする今泉作品においては、彼女のナチュラルな空気感こそが作品を彩る良さとなっており、監督の産み出す心地よい世界観を支えてきたといえるのだ。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「his」「ゆるキャン△」で見せた活発的な一面

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録