あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-12-23

<徹底解説>『キングスマン:ファースト・エージェント』超過激と断言できる3つの理由

(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2021年12月24日より映画『キングスマン:ファースト・エージェント』が公開される。

結論から申し上げよう。本作はあまりの面白さに涙が出てくるほどの万人が楽しめる(後述する理由で特に中学生に観てほしい)エンターテインメント&アクション映画の傑作だった。シリーズ最高傑作であることも断言しよう。

前々と前作にあたる『キングスマン』(14)と『キングスマン:ゴールデン・サークル』(17)を観ていなくても全く問題なく楽しめる、スパイ組織の「誕生秘話」にして「前日譚」な内容だ。それらを観た人にもシリーズに通底する楽しさと、期待のハードルを軽々と超えるブチ上げアクションに大盛り上がりできるだろう。つまりは、ご新規さんにもファンにも嬉しい作りとなっているのだ。

そのように予備知識を全く必要としないストレートな面白さがあると同時に、史実を踏まえた作劇や設定もあるため、歴史好きにはさらに美味しくいただける要素も目白押し。それでいて歴史や戦争に詳しくなくても楽しめる上に「もっと歴史を学びたくなる」映画でもある。深掘りをすればするほど、噛めば噛むほど味わい深い内容にもなっているのだ。

なお、本作の当初の公開予定日は2019年11月15日だったが、初めは20世紀フォックス買収の影響で、その後には新型コロナウイルスの影響で幾度となく公開延期の憂き目にあっていた。それだけ待たされたことも大いに報われる、素晴らしい内容になっていることにも感動を禁じ得なかった。

とにかく、ただただ大興奮できる最高のアクション映画を観たい方は『キングスマン:ファースト・エージェント』を観に行ってくれ!以上!……で終わってもいいのだが、ここではさらに本作がなぜこれほどの面白さに満ち満ちているのかを、本編の核心的なネタバレに触れない範囲で解説していこう。とはいえ、見所については記しているので、全く内容を知らないまま観たいという方は、先に劇場へと駆けつけてほしい。


1:歴史好きな中学生の妄想が実現!ラスプーチンが超強い!

本作は、あらすじからなんだかスゴい。時は1914年、「闇の狂団」が世界大戦を引き起こそうと欧州各国へ刺客を送り込んでおり、イギリス名門貴族であるオックスフォード公がその企みを阻止すべく仲間と共に立ち上がる、というものなのだ。

主人公たちが「英国紳士スパイチーム」で、敵が「闇の狂団」という設定の時点で、良い意味での無邪気さがありありと伝わってくる。しかも、歴史上の人物が超クセの強い敵として立ちはだかり、それら相手のキレッキレのアクションが展開していく。下世話な言い方をすれば「ぼくのかんがえたさいきょうのれきしあくしょん」であり、歴史が大好きな中学生の妄想を実現したかのようなお腹いっぱい夢いっぱいな内容と言って差し支えない。

(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

具体的にコイツは強い!な敵として登場するのは、「怪僧」と呼ばれたグリゴリー・ラスプーチンである。影ではペテン師だとは噂されながらも、長い髭をたくわえた異様な容姿も含め人々の注目を集め、ロシア皇帝ニコライ2世の宮廷で大きな影響力を持ち、品のない食べ方をする大酒飲みで女たらしだった……という実際の人物像が本作でも大いに反映されており、人智を超えた能力で巧みにロシア皇帝の家族、それどころか主人公チームまでを手中にしようとうとする。そして、キレキレのコサックダンスの動きと共に、ナイフや剣の殺人技を繰り出すのだ!

このラスプーチンのアクションは公式に映像が解禁されているが、できれば劇場で最初に目撃していただきたい。「俺が知ってるラスプーチンは悪いヤツだけどちょう強ぇえええんだよぉおおおお!」な、まさに中学生的な発想(超褒めている)を全力でやりきっていることこそ、この『キングスマン:ファースト・エージェント』の最大の意義と言っても過言ではないのでないか。ちなみに筆者は吹き替え版で観たのだが、ラスプーチン役の山路和弘のドスの効いた声と演技も最高である(そして全体的な吹き替えのクオリティそのものも素晴らしい)。



なお、ラスプーチンを演じたリス・エヴァンスは撮影前に5か月間のトレーニングを行っており、マシュー・ヴォーン監督とスタントチームはコサックダンスの他にも柔術や空手も融合した格闘技を考案して実践させたという。とにかく、瞬きするのも惜しいほどの「ラスプーチンのダンスアクション」を堪能してほしいと願うばかりだ。

さらに、ラスプーチン以外の実在の人物も、妖艶な女二重スパイのマタ・ハリ、預言者を騙る占星術師のエリック・ヤン・ハヌッセン、伝説の陸軍元帥キッチナー伯爵、アレクサンドラ皇后、ウッドロウ・ウィルソン大統領、アルトゥール・ツィンメルマン、フェリックス・ユスポフ、ガヴリロ・プリンツィプなどなど……革命家や国王や女王や暗殺者などよりどりみどり。脇役であってもかなりの存在感を見せているので、実際の彼らのことをもっと知りたくもなってくるだろう。こんなにワクワクしながら歴史の勉強ができることは、今までにはなかったと断言できる。

NEXT|次ページ > ありがとうPG12指定!一触即発のバトルを堪能せよ!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録