あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<2021年総括>絶対観るべき珠玉の洋画ミュージカルベスト5!


『イン・ザ・ハイツ』(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

2021年も残りわずか。家族や恋人と年末を過ごす方もいるだろう。

そんな方にこそおすすめしたいのが今年公開された5本のミュージカル映画だ。「え?ミュージカル?普段見ないし」というそこのあなた、ちょっと待ってほしい。

断言しよう、観ないと絶対に損をする。

実は2021年はいわゆる“当たり”のミュージカル映画が多く、テーマや世界観のバリエーションもさまざまで、かなり豊作の年だった。歌えや踊れのインド映画だけがミュージカルではない。そこで今回は、2021年に日本で公開(配信)された珠玉のミュージカル映画を5本紹介する。サブスクリプションから紹介をする作品は全て追加での購入は不要のものとなっているので、ご安心を。

早速5位から紹介を始めよう。

【関連記事】あなたにピッタリな動画配信サービスはこれ!動画サブスク診断をしよう!

【関連記事】
U-NEXTの最新の使い方を徹底解説!

【関連記事】
国内ドラマに特化した「Paravi」を使ってみた感想

第5位『ディア・エヴァン・ハンセン』

(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

ブロードウェイで初めてSNSを題材に扱ったことが大きく話題となったミュージカル「ディア・エヴァン・ハンセン」。全米では社会現象を巻き起こし、2017年にはトニー賞で6部門を受賞、チケットは連日完売する大人気作品となった。

このミュージカルの映画化にあたって楽曲を手掛けたのは、『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』の名コンビ、ベンジ・パセック&ジャスティン・ポールだ。映画版のために書き下ろした新曲が聴けるというだけでも映画館に足を運ぶ価値があるだろう。とくに表題曲の「You Will Be Found」は一度耳にしたが最後、メロディが一日中頭の中を離れない。


(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

個人的にこの映画の興味深いところは、観終わった人に感想を聞くと「評価がぱっくりと2局化する」ところだろう。おそらく観た人の中には、この映画が1位でないことに疑問を持つ人もいるだろうし、反対にランクインに首を傾げる人もいるかもしれない。ただひとつ、確実に言えるのはそれだけ人の心に直に訴えかけるメッセージ性の強い作品であるということだ。

映画館に入る前と後では確実に見える世界が変わる、それをどう受け止めるかはあなた次第。賛否両論を巻き起こし、人の心に新しい風を吹かせる作品こそが『ディア・エヴァン・ハンセン』なのだ。

第4位『ジャネット』

(C)3B Productions

国民的英雄となりながら異端審問の末に刑を受けた女性騎士ジャンヌ・ダルクを、対になる2つの視点から描いたのが今年12月に公開したばかりの『ジャネット』『ジャンヌ』だ。

ジャンヌの少女が時代を描いた前編に当たる歴史ミュージカルが『ジャネット』である。

この『ジャネット』、一見お堅めの映画かと思えばジャンヌダルクが音楽に合わせてヘドバンをし、その他の登場人物は謎の振りに合わせて突然ラップを始めたりとかなり自由な怪傑作になっている。しかしただシュールなだけではなく、きちんとそこには幼少期の抱えるやるせなさや怒りといったジャンヌの想いが感じられることもまた魅力の1つだろう。


(C)3B Productions

『ジャネット』は普通のミュージカルに飽きてしまった方、2021年最高の刺激を求めている方に強くおすすめしたい映画である。対となる『ジャンヌ』と合わせて鑑賞するとまた異なる見方ができるところも興味深い。

【関連記事】『ジャネット』解説:ヘドバンする若きジャンヌ・ダルクから見えるもの

【関連記事】<解説>映画『ジャンヌ』を読み解く4つのポイント

第3位『イン・ザ・ハイツ』


(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved


今年のミュージカルベスト、と聞いて真っ先に『イン・ザ・ハイツ』の名前を思い浮かべた方もいるのではなかろうか。全米の名だたるマスコミが「今年最も観たい映画」に名を挙げた本作。

躍動感に満ち溢れた歌とダンスだけでなく、色彩も豊かで観ているだけで極彩色の映画の世界に引きずり込まれてしまう。ラテン系の音楽が持つ明るくポップなテンポ感は、広大な青空の下で夢を追う若者たちの魂の叫びにリンクしているかのようだ。ニューヨークという土地柄も夢見る若者たちの集いし場所として完璧だ。

かと思えば、信仰や移民問題といった各国が抱える国際的なテーマへの問題提起も含まれているから驚かされる。泣いて笑って考えて。恋人とでも、家族とでも、ひとりでも絶対に見てほしいまさに完璧な映画だ。『イン・ザ・ハイツ』 は2021年を締めくくるにふさわしい作品と言えるだろう。

【関連記事】『イン・ザ・ハイツ』徹底解説!

NEXT|次ページ > 第2位〜第1位を発表!

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録