あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

<山田裕貴の魅力>そこにあるのは「説得力」と「信頼感」



「志村けんとドリフの大爆笑物語」(C)フジテレビ

「2021年に活躍した俳優」と聞いて、みなさんは誰を思い浮かべるだろうか。山田裕貴は間違いなくその1人に入るだろう。どんな役も誠実に確実に演じる彼は、もはや俳優界の宝と言っても過言ではないと思う。

ドラマ「ここは今から倫理です。」の主演をはじめ、ドラマ「青のSP―学校内警察・嶋田隆平—」「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」などに出演したほか、出演映画は『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』『東京リベンジャーズ』『燃えよ剣』の3本が公開された。そして12月は寺山修司原作の舞台「音楽劇 海王星」で主演を務めている。

また12月27日には、昨年2020年に亡くなった志村けんの活躍を描いた「志村けんとドリフの大爆笑物語」では志村けんを演じる。

本記事では、2021年の作品を中心に彼の出演作をいくつか挙げ、彼の俳優としての魅力を紐解いていきたい。

【関連記事】山田裕貴「ハイロー」シリーズを振り返る

【関連記事】山田裕貴“写真集「歩」”を語る

【関連記事】「恋です!」鈴木伸之の魅力

映画『東京リベンジャーズ』ドラケン役


©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャース」製作委員会

人気漫画「東京卍リベンジャーズ」の実写映画で、山田は吉沢亮演じるマイキーこと佐野万次郎の相棒・ドラケンこと龍宮寺堅を演じた。好きな漫画やアニメが実写化するとき、多かれ少なかれファンは不安な気持ちになるものだと思う。どんなに好きな俳優・演技がうまいと思っている俳優だとしても、「イメージに合うかどうか」はまた別の話で、実際観るまで何とも言えないということも多いし、キャスティングの時点で観るのをやめてしまう人もいると思う。

だが山田裕貴に関しては情報を知った時点で「山田裕貴なら大丈夫だろう、きっとうまく演じてくれるだろう」と安心できる数少ない俳優の一人だ。実際スクリーンで、この安心は確信に変わった。ドラケンは185センチの長身に辮髪(べんぱつ)、さらに頭にドラゴンのタトゥーが入っているという個性的なビジュアルで、3次元でこのかっこよさを出すのは難しいだろうなと思った。

しかし想像を良い意味で裏切ってくれた。地毛を辮髪にし、15cmのヒールが入ったブーツでアクションをこなすことでかっこいいドラケンを再現。容姿だけではなく、佇まいも話し方もドラケンそのものだった。演技の説得力が半端ないのだ。


©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャース」製作委員会

原作ファンも多い話題作だったため、映画館に行く人が例年より少ないと思われる今年でも周囲だけでそこそこの数の知人が観に行っていたが、ほぼ全員が彼のドラケンを絶賛していた。「演技がうまい」なんて言葉では片づけられない、彼の役への理解度の深さを感じた。

三枚目を演じることも多い彼のかっこいい姿を見せてくれてありがとう……と本人及び関係各所にお礼を言いたい。かっこいい役も面白い役もやりきる山田裕貴、本当に素晴らしい。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > ドラマ「ここは今から倫理です。」高柳役(主演)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録